[戻る]

ビザ取得状況(すべて)

日本時間2019/8/20(火)7:30現在、1072件の回答が登録されています。

Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]

投稿者取得場所・方法日数コメント
FWP東京-面接
Hビザ(更新)
5私のH1Bと妻のH4ビザのスタンプを東京の大使館で取得しました。4月末に5月14日の面接を予約しました。5月13日に帰国し、成田空港内の郵便局から申請料を振り込み、レターパック500も入手。大使館そばの赤坂のANAインターコンチネンタルホテルに家族で泊まりました。成田空港からバスがでています。大変便利でお勧めです。セブンイレブンや、スターバックスもすぐ近くにあります。面接日が5月14日金曜日、17日月曜日に発送、翌日18日火曜日に千葉の実家に到着しました。面接は8時30分の予約でしたが、8時10分頃大使館に到着し、列に並びました。必要書類以外の荷物はすべてホテルに残しました。子供連れだったので、どのくらいかかるか心配でしたが、1時間ちょっとですべてが終了しました。1週間以内にビザが届きますと言われました。朝の比較的早い時間の予約だったから早く終わったのかもしれません。ビザ発行が面接の翌日以降なので、日本滞在を1日でも短くしたい場合は面接を金曜日にしない方がよいでしょう。入室前の書類審査で以前のパスポートも提出するように言われたのが以外でした。ウェブサイトには過去10年間に発行されたパスポートが必要と書いてありますが、それ以前のものも提出させられました。(2010/5/27(木)7:05)
まりカナダ領事館-面接
Jビザ(更新)
32010年5月中旬に、OttawaでJ1の更新をして参りました。ほかの方と重複する点も多いと思いますが、最近変更になった点など参考になればと思い、投稿させていただきます。

事前に DS160をオンラインで作成しました。使用を推奨されていないSafariを使って作成していたためか、途中での保存がうまくいかず、最後まで一気に記入しプリントアウトする必要がありました。幸い必要情報をすべて手元に用意していたため、問題なく作成することが出来ました。もし間違いが見つかった際などは、登録画面に戻れた方がいいと思うので、記載は推奨されているIEを使うことをお勧めします。
写真は白い壁をバックに自宅でデジカメで取ったものを、Photoshopでファイルをリサイズすることで問題ありませんでした。

4月より頻繁にカナダ各都市の空き状況を見ていたのですが、しばらく全く空きが見つからなかったため、5月中旬の金曜日に次の週の月曜の予約を見つけた際に、すぐに予約を入れました。
予約は朝8時半、しかしOttawaのScotia Bankで一番早い時間に開くのが同じく8時半ということで、手数料の振込に土曜の午前中までにカナダ入りする必要があることがわかり、予約を入れたその日のうちに陸路でカナダに向かいました。

土曜にAlexandria Bayよりカナダに入国しました。高速の料金所のようなブースで、ビザの更新のための入国であることを伝えたところ、左手にある建物でチェックを受けるように言われました。車を建物の前に富め、ビザ申請書類一式を持っていったところ、係の方が、面接予約の最初のページ、パスポート、DS2019、DS160のバーコードが付いているページを受け取り、奥に行き、2−3分後に戻ってきて、問題なしとのことで、書類を返され入国を許可されました。I-94は付いたままでした。
そのまま土曜に開いている支店のうち、入国審査から最寄りだったKingstonのScotia Bankに向かい、手数料アメリカドルで$131を振込みました。
週末のうちにOttawaに移動しました。Ottawaではチューリップフェスティバル中で、街中花であふれて非常にきれいでした。

月曜、予約時間の8時半に大使館に到着したところ、外て待っている人はおらず、すぐに建物に入ることが出来ました。入ってすぐのところで飛行場のような手荷物検査を受け、金属探知器を通りました。手荷物は布製のエコバッグに、クリアファイルに入れた書類一式、財布、本を一冊で、特に問題はなかったです。

建物に入って左手の廊下をまっすぐいくと、部屋の入り口で係員の方に書類一式をチェックされました。チェック後7番窓口で、予約ページのプリントアウト、手数料の領収書2枚、パスポート、DS2019、DS160のバーコードが付いているページを渡し、手数料の領収書のうち1枚にはんこをもらい返され、また番号が書いた札を渡され、番号が呼ばれるまで待合室で待つよういわれました。

30分ほどで4番窓口に呼ばれ、左手、右手の人差し指から小指の4本、両親指の順で諮問を取られました。

さらに30分後ほどで2番窓口に呼ばれ、面接を受けました。面接は1−3番窓口で同時に行われていました。まず雇用証明をする書類があるかを聞かれ、雇用契約書のコピーと、ボスに書いてもらった、簡単な研究テーマの要約、雇用期間、給料、私の身分を保障する旨が書かれた手紙を見せたところ、ざっと目を通し、研究について1、2質問を受けたのみで、「あなたのビザはapprovedされました。水曜3時に取りに来てください。」と言われ、引き換え番号がプリントされ、Wedに丸がつけられたシールを渡されました。
DS160はすべてのページを印刷していったものの、受け取られたのはバーコードの載ったページのみでした。合計で1時間半程度しか、かかりませんでした。

水曜午後3時5分ほど前にに大使館に到着したところ、すでに30人ほどの列ができていました。面接の際に同室にいた方がたくさん受け取りにきており、ほとんどの方が面接から2日かかっているようでした。パスポートの引き渡しは3時丁度に始まりました。列はかなり早く進み、10分もしないうちに、パスポートとDS2019を受け取れました。受け取る際に、ビザに記載されている情報と写真が正しいことを確認するように言われました。この時点でI-94は外されていました。

パスポートを受け取って、すぐにアメリカに向けて出発しました。行きと同じくAlexandria Bayよりアメリカに入国しました。また高速の料金所のようなブースで、税関申告物があるか、カナダの滞在目的等を聞かれた後、I-94を再発行してもらうために、建物に行くように言われました。パスポートはブースにいた係員によって建物の中に持っていかれました。車を駐車し、車の鍵を預け、鍵と引き換えにピンクの紙に車のナンバー等を記載したものを渡されました。入国審査とI-94の再発行の間に、車はインスペクションされるとのことでした。入国審査と、指紋を採られ、I-94の再発行(手数料$6を払いました)の後、I-94の付いたパスポートと、ピンクの紙にサインを受け取り、建物を出ました。外にいた係員にピンクの紙と引き換えに車の鍵を受け取り、無事アメリカに再入国できました。(2010/5/26(水)13:40)
RBR東京-面接
Jビザ(初回)
3CEAC DS-160システムによるJ-1 VISA取得の体験談をご紹介します。下記サイトを参考にさせていただきました(http://www.fulbright.jp/study/res/visa01.html#2)。
まずデジタル写真を用意しました。街角の証明写真を扱っている写真屋さんが上手に対応してくれましたので、サイズ(大きさ、容量)など写真の条件を伝えればいいと思います。プリントしたものと電子データを両方貰います。私は国際面許用の写真も同時にお願いし、費用は全部で3千円程度でした。ちなみにVISA申請は全てカラー写真です。
次にアメリカ大使館サイトにあるCEAC DS-160オンライン申し込みをします(ステップ1、※以下聞きなれない用語が出てくると思いますが、実際に申請すると分かると思います)。氏名、住所、留学先、個人履歴(逮捕歴や軍への入隊経験を含む)など、10数ページにわたって質問に答えていくのですが、頻繁にタイムアウトするので、各セクションごとに記録を保存することをお勧めします(ページが切り替わるごとに選択肢が出てきます)。記録はCEAC******.datというファイルとして保存されますのでタイムアウトした場合にはこのファイルをアップロードして続きを入力できます。申請内容は後でまとめてプリントすることができますので、それを控えに持っていればOKです。
最後にDS-160確認ページをプリントし、そこに書いてある確認番号(バーコードの下にもある)を使って面接予約(ステップ3)をします。この予約はいつでも変更可能です。面接予約確認ページは申請資料の1つですのでプリントして保管のこと。DS-160に訂正があり、確認ページの確認番号が変わって、予約時の確認番号と変わっても前の予約は有効ですので、再予約の必要はありません(実体験で確認済み)。DS-160確認ページは申請資料ですので保管のこと。
先のバーコード番号を使ってVISA申請費用の番号取得を行います(ステップ2)。これを行うとPay-easy払い込み用の番号が発行されますのでプリントしておきます。私の場合はゆうちょ銀行のATMで支払いました(13,000円)。「ご利用明細票」が発行されますが、これは申請資料に必要です。私はJ-1(DS-2019)ですので、平行してI-901 SEVIS費用($180)をオンラインクレジットカード決済で支払い、領収画面をプリントしたものを保存しておきます(これもVISA申請資料として使用します)。SEVIS費用は面接日の3日前(休館日を除く)までに支払っておく必要があります。レターパック500に返信用住所を記載。以上の書類を順番に並べてクリアファイルに入れ(大使館のHPにサンプルあり)、当日米大使館へ行きました。
8:30の予約でしたが早めに行きました(7:50、既に20人位の列)。入り口で電子機器(ケータイ、MP3プレイヤー、USBメモリなど)をトレイに入れ、その他のポケット内のものはバッグへ。飲食物はここで廃棄扱いとなります。前室に入り、身体は金属探知ゲート、荷物はX線検査を通り、電子機器はここで一時預かりとなり、引き換えの札を渡されます。前室を出て本館受付へ、2名の受付さんがいて、持ってきた申請書類をここで渡します。10年以上前のパスポートは失くしたと言ったらOKでした。再度金属探知ゲートを通り、待合室へ。100名分位のベンチが用意してあります。テレビが2台。ジュースの自動販売機もあります。しばらくすると職員が動き始め、外人さん独特の発音の日本語で名前を呼ばれまずは指紋スキャン。左手(4本)、右手(同)、両方の親指の3回。またベンチで待ちます。再度名前を呼ばれ、窓口で面接開始、「おはようございます」と日本語でお互い挨拶しましたが、すぐさま英語に切り替わり、何しに行くのか、スポンサーは誰か、何年間か、など一般的なことをQ&Aし、あっさり終了。あなたの申請は受け付けられたので、1週間以内に届くでしょうと言われました。パスポート番号、名前のスペルなどが間違っていないか確認するためのプリントも1枚くれます。不備があったらここへアクセス(ビザ訂正リクエストフォーム)というリンクも書いてあります。水曜に申請して金曜日に自宅へ郵送されました。レターパックのタグを取るか、番号を控えておくといいでしょう。以上です。
追記:以下のリンクでも丁寧な説明がありました(http://www.j1-protection.com/01-02.html)。以上、長くなり恐縮ですが今後のご参考になれば幸いです。(2010/5/18(火)14:41)
味噌煮込みきしめん大阪-面接
Jビザ(初回)
44月28日午前に面接、祝日を1日挟んで30日に発送、5月1日午前中に手元に届きました。大したトラブルはありませんでしたが、一点だけ、DS-160を作成する際に写真がなくても大丈夫でしたのでご報告したいと思います。


・提出用の写真にはスピード写真を使いました。しかし、スキャナで取り込んでWebにアップロードしたところ、顔のサイズや写真の大きさは規格通りなのにもかかわらず、解像度など何をどうしても「フォーカスがあっていない」と出て受け付けてもらえず途方に暮れました。
駄目もとでそれ以外の入力事項を埋めていったら、何故かDS-160が完成してしまった(!)ので、もうこれでいいやと写真のない確認書を印刷し、(人間の目には何の問題もなく見えるのだから大丈夫だろうとたかをくくって)蹴られたスピード写真とあわせて持って行きました。
今にして思えば、写真の背景がやや濃いめの灰色だった事と、着ていた服がやはり灰色だったことがまずかったのだと思います。

・提出書類はDS-160確認書、DS-2019、成績証明書、面接予約確認書でした。
念のため先方からのオファーレターと履歴書も持って行きましたが、提出しませんでした。また、先方より給料が出るため残高証明は持っていきませんでした。もしかしたら成績証明書も不要だったかもしれません。

・書類受付にて写真がアップロードされていない事を指摘されましたが、「写真をアップロードしていないんですね?」「はい」というやり取りだけで済みました。また、Webで駄目出しされたスピード写真は特に問題なくそのまま受け付けてもらえました。
その他、SEVIS料金の支払いについて確認されましたが、私は支払いが免除になるプログラムでした(受け入れ先からも支払わないよう案内の書類が来ていました)のでその旨伝えたところ、プログラム番号を見てすぐに呑み込んでもらえました。

・面接では指紋採取の後、日本語にて滞在期間を尋ねられたのみでした。


面接そのものは10時からの予約で9時40分到着、そのまますんなり中に通してもらえ、書類受付・面接ともにほとんど待たずに20分程度で領事館から出てきました。
結局、必要最低限の書類しか持っていきませんでしたが、どうにかなってしまいました。(2010/5/3(月)20:34)
hmk東京-面接
Hビザ(初回)
2アメリカ国内で昨年H1bへステータスチェンジした後のビザ申請でした。
DS-160のウェブサイトがまだ不安定でしたが、なんとか記入し終わり、日本一時帰国の際に面接しました。
面接は大使館内に入るまでに15分くらい、入ってからは1時間ちょっとくらいでした。
面接内容はいつステータスチェンジをしたか、大学院では何を勉強していたかなどで、すぐ終わりました。
4/20の朝の面接で、ビザが家に届くのが一週間と言われましたが、翌々日の夕方エクスパック(現在レターパック500になっていますが、エクスパックもまだ使えました)が届いていました。
(2010/4/26(月)1:43)
SOYA大阪-面接
その他
36月中旬から大学編入予定、学生(F1)で渡航のため申請。
3月で一旦日本の4年制大学を卒業済み。既取得単位を移行しての留学。

・写真は自身のデジカメを使用し、自宅の白い壁を背景に撮影。後でコントラストとホワイトバランスなどを調整。耳が髪にかぶっているものの、何も言われずに受け付けされた。
・DS-160は自身で作成。不明点は編入手続きをお願いしているところに尋ねた。
・SEVIS、査証申請料を支払後に面接予約をした。
面接前日、DS-160の「既卒業の各種学校詳細」欄に入力ミスを発見。領事館の公式サイトで確認すると「再度システムにて作成して提出すればOK。面接の再予約の必要なし」とのことだったのでDS-160を再作成し、新しい表書きを古いものと交換した。支払い済みの査証申請料のATMレシートを新しく作成したDS-160に添付しておいた。SEVISも同様。
・面接の予約は4月中旬週の後半。

【書類】
・DS-160確認書 ・I-20 ・I-901支払い証明
・英文残高証明 ・成績証明書 ・面接予約確認書
---
念のためにDS-160の詳細プリントと卒業証明書を別ファイルで持参。エッセイなどの追加書類は用意しなかった。

【当日】13:30予約
13時頃に一旦訪れると警備さんから「5分前くらいに来て下さい」と言われる。
13:25再来。だいたいあわせて10人くらいの申請者。
(前に並んでいた中学生とその保護者、申請者は中学生だけのため、保護者は建物の外で待機するように言われていた。)
入館し所持品検査。東梅田駅のロッカーへ不必要物はカバンにしまって預けておいた。
3Fの受付ブースで簡単に書類チェックをした後、2Fの面接ブースへ。
1番の受付の人は全部英語で、かなりしつこく詳細に滞在目的を聞いていた。
3番の受付の人は全部日本語で、ハイスピードで簡単に目的をチェックして終わっていた。
自身は3番の受付の人にあたり、指紋採取後「滞在期間と勉強する内容」を日本語で聞かれて終了。「明日の便でレターパックを出します。」とのこと。
14:00退出

3日後午前中にレターパック到着。
DS-160の確認書以外の証明書類と査証シールつきパスポート一式がそろって返却される。

-----
写真は自身でカメラで撮影、添付用のものはローソンで印刷をして、はさみで加工した。
領事館の前にFedexとローソンがありますので、インクジェットプリンタ印刷の方で、DS-160バーコードのにじみが不安な方は、予めSD等に確認書のPDFを入れておいて印刷しに行くといいです。(2010/4/24(土)21:01)
とし大阪-面接
その他
2Eビザの更新です。
弁護士に依頼してDS-156他を書いてもらっていたのに、急にフォームDS-160 が変わり費用がまったく無駄になってしまいました。
家族とともに更新しました。クリアーファイルやレターパック(EXPACK500は廃止ですね)は、家族でひとつで良いようです。
(2010/4/18(日)4:41)
須永 睦東京-面接
Jビザ(初回)
144月1日に申請しました。
2週間程かかると言われています(2010/4/12(月)18:51)
学振ー海外派遣東京-面接(代理店利用)
Jビザ(初回)
2かなり焦ったので、記録に残したいので、経緯から記入します。
2009/12/16 渡航予定の州立大学に確認
2009/12/20- 2010/1/15 受け入れ可能であるが、先方から「給与を支払うことを条件に受け入れ可能」の旨の連絡をうける。政府派遣規定に抵触するため、給与はいらないと告げるも受け入れられない。
*ここでの教訓は、あらかじめ条件をきちっと聞き出しておくこと、それからクリスマスと正月を避けること。最低10日は無駄にします。
2010/1/16 米国の別の4人の大学教授に打診。すべて、OKの返事が来た。最良そうな一つを選び、打診。
2010/1/20 秘書を紹介され、秘書から必要書類の提出を要請される。
2010/2/10 必要書類が揃ったので、送付。しかし、2/16まで旅行中だとのこと。
2010/2/20 別な書類の提出を要請されたので、送付。2/23到着し、DS-2019の発行手続き開始。
2010/2/26 なんと!3日後に到着。
*ここでわかったことは、いろんな掲示板に1、2ヶ月かかると書いてあったりもするが、担当者次第。先方には10日以内に取得しないと、パーになるとでも言ってたほうが良さそう。あと、3日に1回は、I would truly appreciate you if you could make quickly processing and applying. などとメールしました。
2010/2/26 「地球の歩き方」に代行を頼んだ。何か、忙しそうで、手続きが遅そうな気がしたが、こちらが期日を提示すれば、それに間に合うように超ハイスピードで仕事をしてくれた。
2010/3/1 代行してもらっていた書類完成。タイプミス1カ所指摘。2日後に完成。面接予約をとるものの、3/16が一番早いといわれた。3/8必要書類を全て代理店に送付。
2010/3/16 AM8:15到着、ゲートの外にすでに15名くらい並んでいる。AM8:35荷物・身体検査&ケータイ強制預かり後、入場。面接のビルに入館。入り口のところで、書類のチェックをうける。再度、金属探知機を通り、AM8:50待合室に入館。部屋の広さは10mx20mくらい(?)、ほぼ自動車免許センターか総合病院の受付のような造りで、普通のスタッフが窓口対応している。番号のついた窓口が10くらい並んでいある。面接室があると思いきや、椅子が数十脚、TVが2台、自販機、写真撮影の自動販売機がある。AM9:05片言の日本語で呼ばれ、若い女性の職員が指紋採取のために機械に指を乗せるよう言われる。AM9:20また、別の窓口の若い女性職員から片言の日本語で呼ばれる。ガラス越しの面接。隣の窓口では、訴えが聞き入れられなくて、壮絶に15分くらい粘っている男性。しかも、待合室が真後ろなので結構緊張する。面接内容は英語で、現職は?何を大学で教えている?家族は一緒か?相手先では何をするのか?どこに行くのか?が聞かれ、あっさり「認められました。あなたのビザはすぐに発行されます」と書いてあるような書類を渡される。AM9:35 退館。外に出ると、150名くらい並んでいた。
*ここでの教訓は、予約時間より、かなり早く行っても問題なさそう、必要最小限の荷物で行く、面接は丁寧に答える、等だと思います。
2010/3/19 受け取り。
2010/3/30 渡航。=>今、渡航先での生活の準備の忙しさに頭をいためています。
(2010/4/2(金)7:36)
もなぱ大阪-面接
Jビザ(更新)
3 3月23日に大阪にてJ1, 2ビザの更新を行いました。

 当初3月30日に東京で更新を行うつもりでした。1〜2カ月前にDS-156を作成し、航空券の予約も済ませていました。しかし、3月初めに3月末からDS-160へのシステム変更がある事を知りました。その後、あわててDS-160を用いた申請書の作成に取り掛かりましたが、米国大使館ホームページ上に「本システムには問題が有るため、頻繁にデータのセーブを行って下さい」とある通り、申請書の作成は非常に苦痛を伴うものでした。まず、一つのページを入力後、次のページに移るまでに長くて5分以上かかりました。次のページに移る時にシステムエラーが出て入力内容が消えてしまったり、途中でセーブしようとするとエラーが出てデータがすべて失われたりしましたる。また、操作中にもかかわらず、「作成から20分中断したので入力が無効になります」との表示が出て、またデータが失われてしまいました。結局3時間かけても全体の1/5も作成できませんでした。私の家族3人分を作成するには気の遠くなるような時間が必要だと思われた事と、3月30日は東京での新システム初日であり、トラブルが起きる事が予想された為、帰国予定を前倒しし、旧システムで更新を行いました。

 1年前にJビザの新規取得をしていましたので、DS-156-8申請用紙の作成や予約なども速やかにできました。面接当日も非常にスムーズで、翌日にはビザが発送され、北海道の実家で面接の3日後にエクスパックを受け取りました。

 DS-160を用いた新システムが1日も早く軌道に乗る事を祈っています。
(2010/3/29(月)22:58)
もんれあるカナダ領事館-面接
Jビザ(更新)
22010年3月にモントリオールのアメリカ領事館にてJ1&J2ビザの更新を行いました。重複する部分もありますが投稿させていただきます。

<予約と書類の準備>
12月中旬にオンラインで予約。アメリカ東海岸在住のため、オタワかモントリオールを取ろうとしたのですが、空きがなく、数日間時間を見つけてはアクセスしたところ、突然10個以上(時間枠ではなく、日にちの選択が10日以上)の空きがでたので、モントリオールの予約を取りました。予約枠は本当にランダムに更新されるようでした。CA$8.55かかりますが、予約の変更も可能です。

申請書類(DS-160)は、すべてオンラインで情報を登録することになっており、まず写真をアップロード、これは自宅の白い壁をバックにデジカメで撮ったもので問題ありませんでした。
必要事項を埋めていくだけですが、突然タイムオーバーになり振りだしに戻るので1ページごとにいちいち保存されることをお勧めします。

<入国>
予約は火曜日9時でしたが、観光をかねて週末から陸路自家用車でカナダへ。アメリカ出国審査はなく、カナダの入国審査のみでした。ビザ更新のためだと言うと、脇にある建物に行くように言われ、そこで、パスポートとビザ更新面接の予約票の提示を求められました。また、宿泊予定のホテルも聞かれました。
少し戸惑ったのは、I-94はどうするかと尋ねられ、みんなどうするのかと問い返すと、そのままパスポートにとめておいてくれと言う人と、回収してくれと言う人がいるとのこと。よくわからなかったのですが、ビザ申請書類のアメリカ滞在を示すものの例としてI-94があげられていたこともあり、とりあえず、パスポートにとめたままにしてもらいました。
パスポートにはカナダの入国スタンプが押されていました。

<面接前日>
申請料を払いにScotia Bankへ。あらかじめプリントアウトしておいた3枚綴りの用紙を2組提出し、USD$130×2人分を現金で支払い、控え2枚×2人分を返してもらいました。領事館近くの支店に行ったからか、窓口の方はとても慣れていました。

<面接当日>
予約時間に行きましたが、みぞれの降る中、領事館の外で20分程度並んで待つことに。赤ちゃん連れの方、ご老人は先に入れてもらっていました。
まずセキュリティーチェック。backpackやluggage、財布も持ってくるなとあり、私たちは封筒に入れた書類のみ持参し、クレジットカードはポケットに入れて行きましたが、みな普通にかばんやリュックで来ていて問題なさそうでした。電子機器等持ち込めないものは、セキュリティー脇の棚に置いて行かされるようでした。簡単なトートバッグ等に必要書類だけ入れていかれるのがよいかと思います。

−−必要書類−−
DS-160のConfirmation Page
パスポート
DS-2019
雇用主からのレター
申請料納付の控え

初めの窓口でDS160を提出し、番号札を渡されてしばらく待つことに。

自分の番号が呼ばれてカウンターへ行き全ての書類を提出。
婚姻証明もあるか聞かれましたが(by any chanceと言っていました)、「持ってきていない」と答え問題ありませんでした。

再度待つこと2時間
またカウンターに呼ばれ、今度は面接。
研究の内容、いつ結婚したのか、妻は何をしているのか等を聞かれ、明日の3時に代表者1人がビザを受け取りに来るようにと言われました。

<ビザ受け取り>
面接翌日3時に行くと、領事館の入り口でビザの貼ってあるパスポートを受けとれました。5分ぐらいしか、かかりませんでした。

<出国>
陸路カナダを後にしアメリカへ再入国。ゲートではアメリカには何をしに行くのか、カナダへは何をしに行ったのかを聞かれました。現在アメリカ研究留学中で、ビザを更新しにカナダのアメリカ領事館へ行ったと説明。
係りの人がパスポートを一旦預かり、奥に何かをしに行きましたが、結局そのまま返されました。古いI-94もそのままで、新しくスタンプ等は押されていませんでした。一回アメリカ国外に出たのに古いままのI-94でいいのでしょうか、カナダに入国したときI-94を回収されてたら、新しくI-94を発行されたのでしょうかナゾのままです。
(2010/3/26(金)5:33)
ぽん大阪-面接
Jビザ(更新)
3新規申請の時は、朝イチの予約にして建物の外で待たされたので、今回は9時の予約にしました。当日は、9時5分前に領事館に到着。館外での軽いチェックの後、すぐに建物の中へ。
中は、順番待ちの人がたくさんいて、書類チェックまでに結構待ちました(30分くらい?)。朝イチの場合と比べて、外で待たされないのは良いですが、トータル所用時間は長くなるかも知れません。
書類チェックは問題なく終わり、2階の面接場へ。研究分野を英語で聞かれただけで、すぐに仮認定の紙を頂いて終わりました。新規よりは更新の方が早く終わるのかも知れません。
その後、ビザはDS-2019などと共に面接の2日後に家に届きました。
DS-2019の期限よりも1ヶ月長くビザの有効期限が設定されているのが謎です。(2010/3/18(木)11:31)
dallas東京-面接
Jビザ(初回)
73/4にJ1の面接を受けてきました。

ここの体験談が大変役に立ちました。
受付から面接までほぼここの書き込み通りでした。
おかげさまで、無事ビザ発行が許可されましたした。
一点、DS-157について受付で指摘を受けたので書き込みさせていただきます。

DS-157の学歴の項目
高校〜博士課程で空欄がなくなったためそのまま提出したところ、
裏面に中学校の記載を求められました。
住所等はっきり覚えていなかったため、わかる範囲で記載しました。
今回は特に問題ありませんでしたが、予め記載しておくべきだったと反省しています。

ちなみに、面接は全て日本語でした。(2010/3/12(金)3:07)
USTrain東京-面接
Jビザ(初回)
32/23にJ1の面接を受け、2/26の朝パスポートとビザが届きました。

以下が当日の大まかな流れでした。
-午前9:15の予約で、小一時間大使館前に並び、10:15頃セキュリティチェックを通過。
-建物の入り口で簡単な書類チェックをされ、クリアフォルダーに入れる書類の順番を直されたり、DS-156とDS-158の空欄を埋めるように指摘される。
-館内に入り書類を1番窓口に提出。
-10:50頃、一番窓口に呼ばれ、DS-156のバーコードが読み取り不可能の為、作成し直しの上、再提出を求められる。12時までに大使館に戻ってくれば、同日中にビザ面接が出来ます、と言われる。
- 近くのFedEx Kinko'sにてDS-156を作成し直し、プリントアウトし 大使館に戻る(11:40am頃)。
- 先に指紋採取の為に窓口に呼ばれ、席に戻った後、面接に呼ばれる。面接自体は30秒程度で無事終了(12:00pm)。

以下が面接時に大使館に提出した書類です。
-DS-156,
-DS-158,
-DS-2019
-DS-7002
- I-901 (SEVIS Fee 支払い証明)
- 面接予約確認のページ(プリントアウト)
- 成績証明書
- Bank Account Statement
(因みに、DS-156, -158以外はパスポートと共に返却されました。)

面接は英語で以下の質問をされました。全部で30秒位で終わった気がします。
- 何のトレーニングですか?(法律関連の仕事)
- 派遣先は法律事務所ですか?
- その事務所はどんな分野の法律を専門としていますか?
- 学位はどこでとりましたか?アメリカですか?
- 何の学位を取りましたか?専攻は何でしたか?
- 法律の学位を将来取りたいですか?
”では、ビザ申請は許可されましたので、1週間位でパスポートとビザを受け取るでしょう。”と言われ、退館しました。

*DS-156のバーコードがちゃんと印刷されておらず、再作成を求められたこと以外は、スムースに行きました。待ち時間が(館外でも館内でも)長いので時間をつぶす読み物と、この時期は防寒対策をすることをお勧めします。
*こちらのサイトを色々参考にさせて頂きましたので、後続の方々のお役に立てれば幸いです。(2010/2/26(金)11:25)
nyachie東京-面接
Jビザ(初回)
2夫婦で研究留学をする予定ですが、私が4月から、妻子が9月から渡米の予定でしたので、私の留学先からDS2019を発行してもらい、私はJ1、妻子はJ2を申請しておきました。

提出した書類は:
私(J1):パスポート、DS156、DS157、DS158、DS2019、SEVIS支払確認書、学位取得証明、成績証明(修士、博士)、給与証明、銀行残高、エクスパック、面接予約確認書
妻(J2):パスポート、DS156、DS158、DS2019、学位取得証明、成績証明(修士、博士)、面接予約確認書
子(J2):パスポート、DS156、DS2019

エクスパックは家族で一つでOKでした。
私は他に、CVとラボからのinvitation letterを提出せずに準備していましたが提出を求められませんでした。
妻子のDS2019には4月からと書いてありましたが、他の書類に9月からと記載しても何も言われませんでした。

面接まで3時間ほど待ちましたが、質問は英語で、誰が給与を払うのかを聞かれて終わりでした。
翌々日にエクスパックでVISAとDS156-158以外が送り返されてきました。(2010/2/6(土)1:02)
加州北部大阪-面接
Jビザ(更新)
2J-1 program transfer後のVISA更新を最近行ったので参考になればと思い投稿させていただきます。
J-1 programをTransferしたためにプログラム番号が変更になりましたが
SEVIS料金を再び払う必要はありませんでした。
大学のInternational OfficeによるとJ-1プログラムが続いている限り
SEVIS費用の支払いは一度で良いと言っていました。
しかし、再び払わされたというケースもあるようなので注意が必要だと思います。

当日、アメリカ、日本の二重国籍の乳児をベビーカーに乗せて列に並ぼうとしたところ
赤ちゃんが風邪を引いたら行けないと先に建物の中に入れていただけました。
館内での持ち物の制限も厳しく、ビザ申請の当事者以外の人間が中に入れるか心配したのですが
子供も一緒にベビーカーごとIDなしで中に入ることができました。

中での手続きはみなさんと同様で申請書類のチェック後、面接を行い
どこで何を勉強するのか、学生なのか、何年間勉強するのか、前の大学はどこなのか等を
英語で質問され、VISA発給がApproveされたから明日に発送するとのことでした。
J2申請の妻は指紋を取っただけで特に何も質問されませんでした。
前回の初回申請では面接の次の日に届きましたが今回は面接の2日後に手元に届きました。

私は過去に道路交通法違反(速度30km以上超過、赤切符)で罰金刑があり
犯歴があるということで初回VISA申請のときに犯歴があるとチェックしたところ
面接時にどんな犯罪を犯したかと聞かれスピード違反だと答えると
『あなたは正直ですね、スピード違反は誰でもします』と言われ
犯歴のチェックは訂正され難なくVISAが発給されました。
事前に領事館に有料サービスを利用して上記のことを聞いたのですが
答えはです裁判の判例を裁判所から取り寄せて念のため持参するように
英訳は必要ないといわれました。
私と同様の経験をお持ちの方に参考になれば幸いです。(2010/1/15(金)4:37)
いのきりん東京-面接
Jビザ(初回)
212/30にJ1/J2ビザの面接をし、12/31に送付されてきました。年末だからか、とても混んでいました。また、外に並ぶ時間も長く、室内もあまり温かくないので、防寒対策を十分にしておくことをお勧めします。

8:30 大使館到着
9:00 セキュリティチェックを終えて、書類提出
10:30 指紋採取
11:30 面接

面接はすべて日本語で、以下のような内容でした。
全部で1分くらいでした。

職員:どこに行きますか。
私 :○○州です。
職員:何の研修ですか。
私 :○○です。
職員:△△(企業名)ですね。
私 :はい。
職員:お金は誰が出しますか。
私 :私の会社です。
職員:●●さん(妻の名前)は何をしますか。
妻 :主婦です。(2010/1/5(火)1:05)
MANOカナダ領事館-面接
Jビザ(更新)
32009年10月にJ1ビザの1回目の更新を行いました。

6−8月に何度も予約を取ろうと毎日ネットをチェックしていましたが、空きがありませんでした。9月になっていきなり10月の予約枠が見つかるようになり、10月6日の10時に予約しました。

Sparks Stの本店が8:30からやっているので、そちらで支払いをしましたが、朝から待っている人たちはみなビザの支払いの人たちのようでした。
お店の人も非常に慣れています。

ビザの書類、面接は特に問題なかったのですが、受け取りが翌日ではなく翌々日でした。一日違いで同様にJビザを更新した友人もやはり翌々日の受け取りでした。

幸い車で、カナダに行っていたので大きな問題はありませんでしたが、注意が必要かと思います。
(2010/1/1(金)4:26)
さくらちゃん東京-面接
Jビザ(初回)
512月上旬に赤坂の大使館でビザ申請し無事取得しました。
SEVIS費用は面接の3日前までに支払わなければならないということでしたが、直前まで手続きを忘れており、前々日に支払いましたが問題ありませんでした。
8時30分の予約で15分前に現地につきましたが、すでに30人ほどの列が出来ていました。
手続きを済ませ待合室で待つこと30分ほどで名前が呼ばれ、指紋認証ののちに面接でした。
面接内容は英語でしたがごく簡単なもので、3分ほどで終了しました。(2009/12/18(金)20:20)
JFその他の国の領事館-面接
Hビザ(初回)
3J1からアメリカ国内でH1Bに変更していた。
フランスからJobInterviewに呼ばれたのでパリ大使館にて申請(11/23)。
大使館HPの指示に従い、書類を準備。面接予約は3日後でもとれるぐらいの空き。写真はアメリカで撮影。アメリカ出国時にI94を両方返却。
当日、フランス語がさっぱりの小生は大使館のすぐ裏手の郵便局に行き、
手数料支払いと返信用の封筒を買う。USvisaと言ったらすぐに手配して
くれた。大使館入口ではタイマーとキーを預けさせられる。一度目の
コールで書類チェック。雇用証明、JobInterviewの招待メールなど用
意していたが返却される。二度目、面接は学位のこととフランスで何
しているのかだけで終了。2日後ホテルに無事到着。(2009/11/27(金)5:29)
カリフォルニア東京-面接
Jビザ(更新)
32009年11月に帰国し、J1を更新しました。

火曜日に面接し、その週の金曜日にエクスパックを受け取りました。

帰国前:DS156, DS157, DS158を作成。5x5cmの顔写真を撮影。所属先から給与内容が渡された。
    3日前でも火曜の面接はまだ空きがあった。
月曜日:帰国。成田空港内郵便局のATMでPayeasyの面接費用を振込
火曜日:面接。指紋をとって、研究分野を聞かれ、その場でok、帰っていいですと言われる。
    合計2時間半。
金曜日:エクスパック(ビザ付きパスポート)を受け取る。

所属先からの給与内容を面接で見せようとしたら、いらないですよ、と言われました。
その週は月曜日の面接がない週でしたので、日曜アメリカ出国月曜着で帰国し、火曜に面接、翌週水曜日本出国で飛行機を予約しました。
月曜日に面接できれば、その週のうちにアメリカに戻る飛行機を予約しても大丈夫「かも」しれません。
(2009/11/12(木)14:07)
たららんその他
Jビザ(初回)
3(J-1ビザ申請者の配偶者としてJ-2ビザを申請しました)主人のビザと一緒に申請し、
面接を受けました。わたしは全く英語がしゃべれなかったので、面接はどうなるのか
すごく不安でしたが、実際面接してみると、領事館の人は主人には英語で・私には日本語
で質問してくれたので、全然困らなかったです。質問の内容も、「いつ結婚しましたか?」
とか「今日はお子さんはどこにいますか?(乳幼児のため実家の両親に預けてます、と主人が
答えてました)」とかでした。国費留学だったためか、面接時間は数分で、問題なく終わりました。


(2009/11/9(月)17:48)
yes東京-面接
Hビザ(更新)
8このサイトにはお世話になりましたので、早速体験談を投稿します。誰かの不安をやわらげることができればっ!

今回2回目のH1-Bの取得で東京で面接でした。長々と面接をしている方と、4,5人いっぺんに呼ばれる方々がやはり今回もいた中、4,5人でいっぺんによばれ、たいした質問もされずに終了し、ビザは7-10日で届くといわれたのにかかわらず、Pendingの紙を渡されました。内容的にはどこにもCheckされておらず、ただ、7-10Daysと面接官が書いたものだけでした。
ただ、Not in PIMSと走り書きがされているのを目にしていたため、そのせいだったのだと思われます。

ほかの方もかいていらっしゃいますが、H1-B申請者は、このPendingの紙をもらってる方結構いらっしゃる様ですので、もし渡されても実際何か書類に不備があるようなことが明記されていなければ安心しても大丈夫そうです。

ビザは8日でとどきましたが、途中祝日をはさんでいますので日付が合えばもう少し早めに届くのではないでしょうか?(2009/10/23(金)10:20)
若林大阪-面接
Hビザ(初回)
14以前にVisa申請で失敗したこともあり、今回のH-1でも心配をしながら何とか面接まで進みました。面接官が厳しい人にあたったのか、5分くらいで終わると思っていた面接が20分にもおよび、いろいろなことも聞かれましたが、とにかく書類どおりにと自分に不利になる回答をさけて答えましたが、PendingのNoticeをもらいました。1週間くらいで結果が出るといわれていたのに1週間が過ぎても返答はありませんでした。14日目にやっとVisaつきのパスポートが送られてきましたので、Pendingになっても言われていた日付がすぎても、そんなに心配せずに待ってみてくださいね。(2009/10/21(水)11:33)
aloha東京-面接(代理店利用)
Jビザ(初回)
29/10(木)8:15am面接予約
7:50am 大使館に到着
8:05am セキュリティーチェックを通り中へ
9:10am 指紋採取に呼ばれる
9:55am 面接

面接は非常に厳しいものでした。研修についても、それ以外についてもかなり突っ込まれて聞かれ、かなり動揺しながらしどろもどろで答えました。しかし、全ての質問に対してきちんと回答しました。もう無理かも・・・と思いましたが結果は無事ビザ取得できました。本当に安心しました。

面接を受けて感じたことは、面接対策を立ててマニュアル通りに答えても、その答えについてもっと突っ込んで聞かれたりもするので、英語で、自分の言葉で説明できないとビザ取得は難しいだろうと思いました。

面接の翌日(9/11)の朝にEXPACKでビザの貼ったパスポートが届き、あまりの早さに驚きました。都内だからかもしれません。

私はエージェントを利用しましたがトータルで4ヶ月弱かかりました。私は予定通りでしたが、早くビザを取得したい場合は早めに動くことだと思います。

以上、参考になれば幸いです。(2009/9/13(日)20:20)
ハムケル東京-面接なし(郵送)
Jビザ(初回)
3すでに自分のJ-1ビザと妻のJ-2ビザは修得済みで、
6月に生まれた子供2人のJ-2ビザを郵送で追加申請しました。

J-1ビザの発給後に生まれた子供のDS-2019申請は、
J-1ビザ取得者が渡米してからでないとできないらしく、
まず8月1日に自分だけが渡米し、
子供のDS-2019はそれからの作成になりました。
DS-2019は8月26日に出来上がり、
同日UPSで発送したところ、8月29日に日本着。

アメリカ大使館のホームページでは、
郵送申請には所要3-4週と書いてあります。
なお、代理店は経由していません。


【書類】
●パスポート x2
●DS-2019 x2
●DS-156 x2 (写真はデジカメで。pay-easyで支払い済み)
●SEVIS x1 (念のため、再提出しました)
●両親のパスポートとVISAとDS-2019のコピー x1
●戸籍謄本 x1
●エクスパック x1

これらをクリアファイルに入れ、エクスパックで郵送申請。

発送8月30日(日)
返送9月2日 (水)
出国9月30日(水)予定

驚きの早さでした。

むしろ、DS-2019に注意です。(2009/9/4(金)4:21)
nomo東京-面接
その他
6これまではJ-1 visaの更新だったが、今回O-1 visaに切り替えた。このサイトには何度も世話になっており、またO-1 visa申請の書き込みはほとんど皆無のため、投稿することでお礼とさせて頂く。

私はO-1 visaを、家内と息子はO-3 visaの申請を行なった。息子は6歳ゆえ、面接を免除。よって今回も連れてこなかった(もちろん3人分の申請書作成、13000円X3の振込みは完了)。

8/20/2009(木) NYの勤務先(病院)よりI-129が日本の自宅に届いた。早速、東京大使館での面接予約の手続きを開始。不況または時期の影響もあるのか、On lineにて「翌日」の予約を容易にできた(これまで例年は、1ヶ月先の予約しか取れなかったような記憶がある)。エクスパックの追跡用シールをはがして保存しておいた。
8/21/2009(金)9時の面接予約をしていたが、9時20分頃に現地に到着。例年は何十人も並んでいて随分待たされた記憶があるが、今回は15分もかからずに建物まで到着。まずは日本人の警備員のおじさんらによる荷物検査を受けた(食べ物、飲み物はその場で預けるべし)。携帯電話、デジカメなどをX-rayにて検査後に預けた。自らは金属探知機のゲートを通過して、受け取りのための番号札を受け取り、敷地内へ。
大使館入り口にて、日本人による書類検査を受けた。ここで書類不備があれば、訂正させられる。私の場合は、住所と電話番号を日本での連絡先に変更し、家内の旧姓や仕事(無職ゆえhousewife)を記入するように言われた。その場で訂正して、重いドアを開けて大使館の中へ。
1番窓口へ書類を提出。不備があれば1番窓口へ呼び出される(前回と同じ写真を提出すると、新しい写真を要求されるので注意)。次いで2番窓口へ呼び出され、両手の指紋採取。その後、しばらく待たされて6番窓口へ呼び出された。面接官からの質問は、O-1 visaゆえに「What’s your expertise?」だけで、英語で返答した。以後は日本語でSmall talkを話してきたので、彼の日本語を褒めた。「まだまだです」などと謙遜しつつも、「1週間以内に郵送されるでしょう」と話してくれて、11時30分頃に岐路に着いた。
受付の日本人に聞いたところ、予約時間を過ぎても12時までなら入館可能とのことだった。
8/26/2009(水) 16時10分、赤坂支店にゆうパックが預けられた。
8/27/2009(木)午前10時 実家(茨城県)に郵送された。

今回の教訓;O-1 visa申請でも1週間以内に郵送される。でも書類準備は入念に。(2009/8/27(木)13:27)
さり東京-面接(代理店利用)
その他
5学生ビザの申請に地球の歩き方を利用して申請しました。
はじめは代理店を使うか迷ったのですがとても忙しかったこともあり、比較して一番値段の良心的なところということで地球の歩き方にお願いしました。料金は他よりかなり安価なのに仕事は本当に丁寧で書類以外でも分からないことは何でも聞けました。また作製も早く、必要な情報を提出して次の日までにはどの書類も揃えて貰いました。始めての方にはお薦めです。
面接は他の人の書いていたこととほぼ同じで特に待たされることもなくとても早く終わりました。書類をしっかり揃えていけば当日は内容の確認程度の質問でした。(2009/8/17(月)22:21)
UC大阪-面接
Jビザ(初回)
4昨年9月に交通事故を起こし20万円の罰金刑でした。略式命令書を英文翻訳会社で翻訳証明をつけて翻訳してもらい添付しました。面接はその英文をみて理解してもらい、質問は他にはありませんでした。いわゆる犯罪者でありドキドキしていましたが、面接官に日本語で大丈夫ですよといわれ安心しました。領事館にいたのは40分くらいのものです。(2009/8/17(月)22:04)
gravyteddy大阪-面接
Hビザ(更新)
2今年の9月に最初のH1-bが切れるため、4月に更新手続きを始める。
6月後半にI-797Aが手元に届く。
8月2日(日)帰国、3日(月)に大阪で面接、5日に着。

感想:今回日本滞在の期間が短かったのと、大阪に行く用事があったので、1日でも早く面接を受けるために大阪面接にしました。(東京は月曜は面接なし)実家が東京なので何か聞かれるかと思ったのですが、何も聞かれることはありませんでした。(何人かそれらしき事を聞かれてる人はいました)

朝一の予約で、20分前に行ったら前に20人程並んでいたのですが、入った順番で面接だったので思ったより早く、面接官も2人しかいなかったのに30分くらいですべて終わりました。ビルを出た後も外に人はほとんど並んでいませんでした。

一人の面接官は全て日本語で対応していました。
私は英語で仕事内容、働いている期間、GCの申請をしているかの3つの質問だけでした。

前回東京では入るまでにすごい待ったのと、面接がランダムに名前が呼ばれるのと、面接官のちょっと意地悪な質問などあったの対し、大阪は順番通りなのは嬉しかったです。外にいる警備の人や、中で荷物検査する人たちもとてもフレンドリーで緊張感がほぐれ、大阪にしてよかったです。
(2009/8/12(水)4:59)

Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]

[戻る]

ゆいぼーと(Free)
Fvote v2.04 arranged byFalcon World