[戻る]

ビザ取得状況(すべて)

日本時間2019/6/20(木)5:03現在、1069件の回答が登録されています。

Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]

投稿者取得場所・方法日数コメント
teru東京-面接
Hビザ(初回)
410月26日(火)午前9時15分からの面接予約。8時30分に大使館に到着したものの、
大使館前には50ー60人の列。その後も私の後ろにさらに20ー30人。列の中で待つこと
約2時間、やっとセキュリティ・チェックを受けて門の中へ。さらにビルの入口付近にも列があり、30分程待ち、この間に大使館の方が申請書類を回収にきました。この日はかなりの人数だったようで、ほぼ全員の方が予約時間を過ぎている状態。

ビルの中に入り5分ほどで指紋のスキャンのために窓口へ行き、「10ー15分後に面接官
に呼ばれますので、待っていてください」と言われるも、結局1時間程待たされました。
面接官に呼ばれ窓口に。「書類に何の不備もありませんので、1週間以内にバスポートが返送されます。」と言われて面接終了。10/29(金)に全ての書類とビザ・スタンプ付きのパスポートが届きました。(2004/11/11(木)7:28)
MB東京-面接
Hビザ(初回)
3Hビザ(初回)申請日を含めて3日でビザを取得できました。
2004年10月6日(水) 8:15に東京で面接予約、2004年10月8日(金)昼、北海道の自宅に速達で届きました。
当日は朝 7:30頃から並び(前から27番目)セキュリティチェック、面接の後 9:40頃解放されました。
面接は英語で(1)どこの大学で働くか、(2)研究の内容、(3)医師かどうか、の3点のみを聞かれました。その後「申請を受領しました」の紙をもらい館外へ。

大使館入り口でセキュリティチェックがあるので、飲食物や電子機器等を持って行かない方がスムーズに入館できます。(持っていても預かってもらえますが)(2004/11/10(水)8:04)
ジョージ大阪-面接
Hビザ(初回)
3F1ビザからH1Bビザへの変更です。
11月4日朝9時の面接に行ってきました。予約の時間の15分前に着いているようにとの指示をどこかで読んだ記憶があったので、8時45分ちょうどぐらいに行きました。もうすでにかなりの人が並んでおり、50人ほどの予約者のうち40番目ぐらいに領事館に入りました。最初の30分は書類に不備がある人が呼ばれていました。45分ほどして一つの窓口で面接が始まり、そちらは全部日本語で面接が行われていました。それから10分ほどしてもう一つの窓口でも面接が始まりました。僕はその新しい窓口で3番目に呼ばれました。アメリカには3年滞在していることもあって、面接は英語で行われました。質問は、どこの学校で何を勉強したのか。ビザが切れる3年後はどうするのかといった簡単な質問ばかりでした。
面接が木曜日で、ビザは日曜日に郵送されました。
別の人も書いていましたが、早く来た人から面接に呼ばれるわけではないようです。H1bの場合は、すでにapprovalが出ている状態で、書類が全部そろっているか確認するだけなので、比較的呼ばれるのが早かったと考えられます。(2004/11/9(火)19:34)
Anthony大阪-面接
Jビザ(更新)
10月24日申請、同24日消印にて発送、10月25日受け取り。一時帰国に合わせて本人J1更新(2度目)、妻はJ2からF1へ変更しました。面接予約は在日米国大使館HPで大凡2ヶ月前から予約可能とありましたが、10月分の予約が大阪領事館のみ9月末までできませんでした。なお、予約枠は午前9時のみでした。面接前日の日曜日に帰国、翌月曜日午前8時から営業の大阪中央郵便局にてExpack500を購入、申請料を領事館近くの銀行ATMで振込み(現金振込の場合は支店ATMで8:45から可能な銀行が多いようです)、9時15分頃領事館入口到着。9時前に通り掛かった際には表に10人程申請者が列を作っていましたが、到着時は警備員以外に人気がなく、そのまま館内のセキュリティチェックへ。申請書以外手荷物がなかったため、チェックもすんなり終わり、申請窓口へ進み、ここでも待ち時間なしに書類一式(二人分)を日本人職員に提出。提出時の質問はDS-2019に記載のあった職場の略号は何かを聞かれたのみでした。提出後、5分程して二人の名前が呼ばれ、若いアメリカ人男性による面接を受けました。といっても挨拶のみで二人共質問はされず、すぐに「ヒダリテオネガイシマス」となりあっけなく終了、領事館を出るまで30分掛かりませんでした。なお、ビザがいつ届くが聞いたところ表向きに1週間との返事でした。翌日のパスポート受け取りの際には日米の財政証明書と念の為提出した英文戸籍抄本が返却されました。(2005/11/4(金)9:19)
おちけんカナダ領事館-面接
Jビザ(更新)
2 2004年10月28日に、カナダ・オタワでJ1,2ビザの更新をしてきました。
 9時半の予約でしたが、8時に正門に行きました。大使館の前に立体駐車場が幾つかありますので、車の方でも大丈夫です。正門の前では既に15人ほどの列ができていましたが、守衛さんにアポイントメント・レターを見せたところ、5分ほどで中に入れてくれました。待合室では15人ほどの人が待っていました。
 7番窓口でパスポート、DS-156(各人1通)、157(成人男性1通)、158(各人1通)、2019、現金を渡し待つこと20分、インタビューに呼ばれました。後から待合室に来た人でも先にインタビューを受けていたので、おそらくは予約時間の早い人(前に座っていた人は8時の予約を取っていました)を優先して呼んでいるのだと思います。インタビューの内容は、「今は何をしているのか」のみ。勤務先からのレターを追加で渡して、インタビュー終了。翌日の3時にビザを取りに来るように言われました。オタワでは即日発行と聞いていたのですが、その日によって違うのでしょうか。
 今までの方のご報告通り、オタワの大使館職員の応対は親切・丁寧でよかったと思います。(2004/11/3(水)5:42)
H.O.東京-面接
Jビザ(初回)
まだビザを取得したわけではないのですが、みなさんの助けを借りたいと思い、投稿させていただきます。

すべての書類を揃え、面接も終了したのですが、10月22日に大使館より連絡があり、DS-2019に記載されているプログラム開始日が10月11日になっており、すでにその日を過ぎてしまっているので、ビザが発行できないとのことでした。ビザを発行してもらうためには、スポンサーに頼み、日付を新しいものにしたDS-2019を再発行してもらうか、プログラム途中からでも参加できることを認める証明書のようなものを作成してもらうかして、それを大使館に送付しなければならないとのことでした。

プログラム開始の30日前から入国が可能であることは大使館のホームページにも書いてあるので知っていましたが、プログラム開始日以降は入国できないという点に納得がいきません。今までの例で、プログラム開始日後に入国された方などいましたら、教えていただけると有難いです。(2004/10/24(日)8:01)
山崎 研志メキシコ領事館-面接
Jビザ(更新)
12004.10.21,Tijuana,大雨の中、J1とJ2(妻・子供)更新。UCSD所属。以前の投稿と異なる部分のみ記載します。9時開店の銀行で手数料支払後に入館(予約8:30)。メキシコ人が最初の一団を占めており、Mexico外から来たと思われる銀行振り込み組は最後の数組のみ。前庭の椅子で書類を簡単に確認されつつ、指紋記録・写真撮影に行くまでに1-2時間待ち。撮影後一旦前庭に出されて面接のために30分待ち。面接終了後に前庭で待つように言われ1時間ほどでvisa入りのパスポートを返却された(午後1時)。詳細はスペイン語で会話されており不明ですが、よく見ているとメキシコ人は待ち時間に郵送代行業者の申込用紙を記載しており、メキシコ国内は郵送もしくは午後3時以降の引き取り(?)、国外の方は即時発行のようでした。他のHビザの中国人やインド人も同様に受け取り、メキシコ国外からの申請者にはかなりの時間短縮です。ちなみに国境付近で待機している黄色いタクシーはUS10ドルですが、流しているタクシー(メーター制,Libre)を拾うと領事館から国境まで35 pesos(US3.5ドル)でした。(2004/10/22(金)7:45)
H. K.東京-面接
Jビザ(初回)
610/14(木)に面接,土日を挟んで10/20(水)に届きました(速達).ビザの貼られたパスポート・DS-2019が,提出した書類の一部と共に送られてきますので,書留にするべきだったかもしれません.面接当日は予約時間の8:15ちょうどに大使館前につきましたが,20〜30人ほどの列ができていました.他の方の情報通り,面接とは名ばかりで,「ビザ,大丈夫です.1週間で届きまーす.」と日本語で言われただけです.大使館を出たのは10時前でしたが,そのときには来たときよりもずっと長い列ができていました.なお,9/1より新たにSEVIS費用の支払いが義務づけられましたが,面接日の3日前(休館日除く)までに支払う必要がありますので注意が必要です.私はうっかりしていてギリギリでした.インターネットでクレジット払いをし,最後のConfirmationの画面をプリントアウトして持ってゆきました(正式の領収書は1週間ほどで郵送されてきます).(2004/10/21(木)16:37)
kinoカナダ領事館-面接
Hビザ(更新)
110月9日バンクーバー領事館にて取得(本人のみ)
米国出国時のI-94の回収はなし。カナダ入国時にビザのスタンプが切れているのでカナダ入国後にどこへ行くのかと聞かれた。ビザのスタンプをもらうためのカナダ入国との説明でOK。
アポの時間が9時なのに8時過ぎにいったところ、列の中から8時30分の最後の人を探し、その後ろに並ぶように指示。
必要書類は領事館の手紙に記載されていたものプラス弁護士がビザ取得のときに使用した書類。
12時過ぎに面接終了で、同日午後3時にビザ受領。(領事館であまり待ちたくないのならば8時の予約の方がよいようだった)
多くの人が一旦領事館に入った後も持ち物(携帯や電子機器など)をどこかへ隠しに行く姿がみられた。
再入国時に新にI-94を記入。古いI-94はこの時点で回収。
(2004/10/21(木)6:20)
YTカナダ領事館-面接
Hビザ(初回)
110月7日カルガリー領事館にて取得(本人+同伴家族2人)。
<出国>国際便搭乗時に、Jビザで入国時のI-94のみ回収。
<場所>ダウンタウンの東端、Public Libraryの向かい、Rocky Mts. Plaza 10階。近隣に駐車場あり。
<入館>ビル内1階の通路に並び、警備員によるアポレターの確認後、数人ずつエレベーターで10階に案内される。領事館入り口にてのセキュリティーチェック後、番号札を渡され入館。
<手続き>1回目の窓口で、必要最小限の書類(勤務先からのsupporting letter含む)と手数料(現金US$)を提出。2回目の窓口では、現在までの滞米期間と今後の滞米予定確認の質問。指紋採取後、引換券を渡される。
<所要時間>8:30に到着(9:00の予約)、終了は10:30。同日3時にビザ受領。
<その他>インターネットで情報登録済のDS156のみ受けとの掲示あり。ビル内のトイレは、1階・10階とも施錠、要使用許可。ミネラルウォーターやバッグの持込みは、黙認の様子。
<再入国>通常窓口で、指紋採取・写真撮影後、H1bのapproval時のI-94にスタンプ。滞在期限欄はH1B(もしくは H4) と記載。他の書類提示なし。(2004/10/20(水)15:04)
take東京-面接(代理店利用)
Jビザ(更新)
7J1のビザの継続をJTBの池袋の中央渡航センターを通して申請しました。7月の1日に電話したところ面接日は8月5日しか空いていないということで、面接までには時間かかりました。面接日だけは早めに取っておいたほうが良いです。そして、結構アメリカ大使館は混んでいました。朝の8時に行って終わったのが昼の一時過ぎ。面接は私の場合はJ1の更新だったので何にも聞かれることなく終わりました。まあ、手数料で4万円ぐらいかかったので、これはちょっと高いかなとも思いました。地球の歩き方などの他の会社の方が安いと聞いていますので、お金に余裕のない方はそちらにした方がいいと思います。(2004/10/3(日)9:11)
かに大阪-面接
Hビザ(初回)
29月30日木曜、朝10時に大阪領事館にての面接予約を三ヶ月まえからいれていました。今回は一年前にアプルーバルをもらったH1Bビザのスタンプ取得でした。10時15分前くらいに着き、セキュリティーチェックのあと少し待たされました。同じ時間の面接予定の人は4人でした。来た順に書類を渡しましたが、実際に面接官に窓口によばれたのは来た順ではありませんでした。私はほかの二人の人とならび、そのまま指紋採取しました。指紋採取の後、どのような仕事をしていますか?働く前はアメリカの学校にいきましたか?など聞かれました。すごく親切な方でした。そのあと1週間くらいで届きますといわれましたが、土曜の朝一番で、速達書留にしていた封筒が届きました。すごくいろいろなことを心配していましたがあっけなかったです。(2004/10/2(土)14:31)
taka東京-面接
Jビザ(更新)
48月上旬に9月27日8時15分に面接の予約を入れる。
妻の出産のため家族はしばらく日本に滞在するため、自分のJ1だけ更新する。
大使館に着いたのが8時10分くらいで、すでに80人くらい並んでいた。
最初に指紋を取るため一度窓口に呼び出され、その後面接のため再び呼び出される。
面接とは言っても書類のチェックのみで、会話は”Postdoctoral programですね(領事)”、”そうです(私)”、”はい大丈夫ですね(領事)”だけで数秒で終わりました。
ちなみに日本語での会話でした。
返信用封筒は書留速達にしておきました。
東京都中野区のあて先に3日後に届きました(トータル4日かかったことになります)。
昨年トロントでの更新のときよりずっと楽でした。(2004/10/1(金)3:47)
ココロオドル東京-面接
その他
5私はL-1ビザ、妻はL-2ビザを申請、9/17面接で9/22に速達書留で届きました。9時頃会場に行きましたが5人ほどしか並んでおらず、ラッキーでした。それでも建物にはいったら2時間半もの間名前が呼ばれるのを待ち待っている人の数より椅子の方が少なく、しんどい思いをしました。時間つぶしのために小説などを持っていかれることをお勧めします。(2004/9/25(土)0:11)
タケミツその他の国の領事館-面接
Hビザ(初回)
52004年9月13日、学会のついでにドイツ・フランクフルト総領事にてH1bスタンプ申請のための面接を受けました。面接予約は電話受付のみで、ドイツ国内からしかつながらない番号になっており現地の友人の助けを借りて遠隔操作で行いました。
必要書類は、申請用紙(DS-156)、DS-157(男性のみ)、パスポート、写真、振込証明、切手付き返信用封筒、I-797。
予約時間の10時ちょうどに行きましたが、結局は早いもの順だったようで、この日にビザ申請をする最後の一団の一人となってしまいました。建物へは電子機器の持ち込みは一切不可。飲食物は可。中には切手自販機、簡易写真ブースあり。まず提出した書類は1時間後に一度返却され、番号札を持ってさらに2時間、実際に面接を受たのは午後2時でした。面接官に聞かれたのは主に「なぜ日本で申請しないのか」という点で、理由(学会参加)を説明して要旨集などを見せました。ボスに書いてもらったサポーティングレターも役に立ったように思います。ビザに記された日付によると2日後に発行されたようで、ヴュルツブルグの友人宅に届くにはさらに3日かかりました。(2004/9/22(水)1:17)
Gardener東京-面接
Jビザ(初回)
6面接の予約は8月20日に行い、9/15 の 9/45 に予約。9/15 にしたのは個人的な都合で、これより早い日も空いていた。当日、大使館の外で並び始めたのが 9:30。カバンのチェック、書類のチェックと提出を経て、待合室に入れたのが 10:15。待合室前での書類提出の際に、写真が「白背景」でないがために撮り直しを命じられている人が結構いた。青背景や灰色背景だとまったく受け付けてくれないみたいなので、要注意。あと、DS 書類を A3 でプリントアウトして来た強者もいた(断られていたが)。待合室に入ってから、名前を呼ばれて指紋押捺をしたのが 11:30、さらに呼ばれて「ビザの許可が出ました。1週間で届きます」と言われたのが 12:30。提出した書類は、各種 DS 書類、銀行残高証明(2行分、片方が英語で片方が日本語)、学振の採用証明書(給与額記載)。先方からのレターは要求されなかった。郵送は一般書留にして、連休をはさんで 9/22 に無事到着。はじめてのことで不安だらけでしたが、こちらのHPには色々と助けられました。ありがとうございました。(2004/9/21(火)13:11)
asa東京-面接
Jビザ(初回)
5面接の予約をしたのは8月20日ごろでした。一番早くて9月3日だったので予約をしましたが、次の日の午前中にもう一度チェックしてみると8月27日があいていたので、予約可能な日は毎日変わっているようです。午前にチェックするほうが、近い日時が予約できるかもしれません。
9月3日当日予約時間の8時15分に行きましたが、たぶん私のまえに70人くらい並んでいたと思います。建物に入ったのが9時ちょっと前で、指紋をとって仮決定をもらって外に出たのが10時半でした。私の場合は、特に何も聞かれず、パスポートの写真と顔を照らし合わせただけで面接終了でした。速達で出したのですが、なかなかこなくって7日の火曜日に電話をして問い合わせたところ、金曜日の分は火曜日の朝に出したって教えてくれました。そして8日の水曜日に受け取りました。金曜日に面接をするとほかの日より、日数がかかるかのかなと思いました。(2004/9/17(金)5:09)
tech東京-面接
Jビザ(更新)
4J1+J2x2の更新
8/24 親族の急病で帰国することになるがビザが切れていたのであわてて準備を始める。飛行機のチケットは9/2で取れたが、面接日は9/14まで埋まっていて、とても待てそうにないので、東京大使館に電話、その後FAXで、9/8の面接をお願いした。
9/8 面接時間は11時。到着したらかなり長い列(50人くらい?)ができていた。最初、妻と小さい子供だけ中で待つようにと指示されたが、その後、私も中に入るように言われて、全員館内で待つことに。待つこと約1時間、指紋採取の後、二回目に呼ばれて面接と思ったらいきなり仮決定の紙を渡されておしまい。何も聞かれませんでした。
9/11 Expack500で家族全員分受領。普通の速達よりExpack500の方が安かったです。trackingもできるのでおすすめです。
9/14 無事入国

その他気付いたこと。
1. DS-156の右上の有効期限が9月に入っても08/31/2004のままで作り直すのめんどいのでそのまま提出したが問題なかった。
2. 面接日はお願いすれば何とかなる。
3. 申請料は全員分まとめて振り込みして、領収書一枚J1のDS-156に貼り付けで大丈夫。(2004/9/16(木)12:23)
トラ猫東京-面接
Jビザ(初回)
2J1ビザ申請時には、こちらのHPでいろいろお世話になりましたので、お礼もかねて報告させていただきます。

 面接の予約は8月14日でしたが、その時点で一番早いもので9月14日(午前8時15分)でした。大使館前に到着したのは7時40分ごろです。8時に警察の方が開門し、かばんの中をチェックされました。門を入ると、建物の入り口で書類をチェックされました。空港と同じように金属物チェックの後、待合室に入りました(8時15分ご)。9時10分ごろ、名前を呼ばれ指紋押捺し、9時30分ごろ再び名前を呼ばれました。「ビザの許可が出ました。1〜2週間で郵送されます」と言われました。速達にしてあったので、2日後にビザが来ました。到着から2時間で全てが終了したので、かなり驚きました。大使館の方たちが指紋押捺や面接に慣れてきたのでしょうか?

他の方と似たような情報ですが、お役に立てれば幸いです。いろいろありがとうございました。(2004/9/16(木)11:01)
上野カナダ領事館-面接
Jビザ(更新)
 9月9日にオタワ大使館にて期限切れの本人+妻のJ1ビザ更新。正門の検問では、車の鍵を預け、一人づつ中に入ります。次にVISA申請書に通され、そこでアポイントレターとリストの照合。パスポート、DS156, DS157, DS158, DS2019 それから$100のアメリカドル現金を確認して中に入ります。待合室の椅子は25席で、すでに5人ほど待っていました。
 待合室にコンピューターが二台あってその場でDS156を作成している人が結構見られましたが、写真機はありませんでした。
 8時40分頃に窓口に呼び出されて面接を受けます。面接窓口は二カ所。原則的にお金の支払い順のようです。管理人の場合は、最初に指紋を採取されて。中年の女性と面接です。聞かれたことは
「スポンサーはどこ?」「何科の医師なの?」「出身大学は?」「病院との契約書はある?」「これからマイアミに引っ越すの(DS156の滞在先は未定と書いた)?」
 心配していた日本とのつながりや、カナダ在住者の枠で申請していることは問題にはなりませんでした。5分ほどの面接で引換券をもらいました。 オタワ大使館は混雑もなく、対応も好意的でおすすめできます。
 (2004/9/14(火)10:24)
ずんどこカナダ領事館-面接
Jビザ(更新)
18月19日にモントリオール領事館でJ1ビザ更新。入館のあと、並べられている椅子に腰掛けしばし待つ。横にインスタント写真機あり。呼び出しのあとエレベーターで受付へ。100ドル支払いその後普通の受付のようなところで面接を受ける。DS-158のspouseの欄に妹の名前を書き忘れていたが、その場で訂正。書類はあちこちホワイトで訂正していたが、特に何も言われず。面接は終始穏やかな雰囲気で進行。その後しばらく待ってから再度呼び出され、「何でここ(モントリオール)まで来たの?」と聞かれた。引換券をもらい、10時出発の観光バスで市内観光。15時受け取りで、30分ほど前から待っていたが、15時ちょうどにはすでに長蛇の列ができていて、受け取りに随分時間がかかっていた。受け取りの際、同行していた友人の奥さんのビザがJ1になっており、変更を申し出ていたが、約1時間ほどかかった模様。ミスがあった場合、また時間がかかりますので、受け取りは早めに来たほうがいいかもしれません。指定以外の書類の提出(財政証明など)は特に求められず、日本とのtieも全くたずねられませんでした。
(2004/9/11(土)23:48)
may大阪-面接
Jビザ(初回)
29月8日に大阪で面接をしました。DS-2019が届いたのが8月21日。その段階で、面接予約は8日が最短でした。プログラムは9月15日からだったため、総領事館にFaxで面接を早めてくれないかと問い合わせましたが、混んでいるので無理、J-1なら1週間でビザがおりるとの返事がありました。
当日は1時ごろに総領事館にいきました。すでに20名程が並んでいました。(総領事館のHPには、15分前から並ぶように書いてあったのですが。)
面接は、ビザの種類によって呼ばれる順番がばらばらでした。早く並んだからといって、はやく面接が始まるというわけではありませんでした。
面接が始まったのは1時50分ごろ、私が呼ばれたのは3時でした。
質問は日本語で、ドンナ研究シマスカ?サラリーハ誰ガハライマスカ?の2つのみでした。他のビザの人たちにくらべて面接時間はかなり短かったです。
2週間デビザ、デキマスといわれたので、早くほしい旨をつたえたところ、
ワカッテマス、ガンバリマスと答えてくれました。
すでにエアチケットを予約していたので、ひやひやしましたが、無事9月10日の夕方に届きました。(2004/9/11(土)23:30)
KA大阪-面接
Jビザ(初回)
511月から留学予定であったが,5月ごろより向こうの大学の事務とやり取りを始め,7月上旬にDS-2019を受領.その時点で領事館の面接予約は約1か月先まで埋まっていた.8月末に面接を受けビザは普通書留指定で5日後に自宅に届いた.研究留学MLの情報ではJ2用のDS-2019の署名欄もJ1である研究者がサインをするのが正しい様であったが,誤ってJ2本人がサインをしてしまった.しかし,何も言われずに無事発行された.面接は面接官自身が英語と日本語のちゃんぽんだった.「アナタハイシャデスカ?」「What is your specialty?」等.妻は「アナタハムショクデスネ?」のみ.この答えはYesとNoのどちらが適切か分らなかったので「はいそうです.」と日本語で答えた.(2004/9/8(水)14:32)
MM東京-面接
Jビザ(更新)
2J1&J2ビザ用の申請書を某代理店に依頼。下書きにいくつか間違いがあったので要チェックのこと。しかし、いくつかの質問には迅速に回答して頂き、たいへん安心。
8/26 8:15amに予約。7:30大使館到着。スムーズに進み、面接での質問事項は渡米目的と専門分野のみで10:30amにすべて終了。
二日後にビザ添付パスポートが速達書留にて自宅へ郵送。(2004/9/8(水)9:53)
susan東京-面接
Jビザ(初回)
39月2日に、東京のアメリカ大使館でJ-1&J-2ビザ(初回)申請を行いました。東京の地理に不慣れなため、面接時間を午前9時15分に予約しました。しかし、大使館に到着した時間がちょうど9時15分と遅れてしまい、大使館内に入室できたのは10時位になりました。大使館内にはすでに100名以上の申請者が順番を待っていました。11時頃、両手人指し指の指紋を登録し(指紋は私、妻の2人のみで娘(4歳)の指紋登録は必要ないと言われました。)、実際面接を受けたのは11時50分頃でした。領事官より、約1週間でビザが郵送されると説明を受け、仮決定の用紙を手渡されました。大使館から退出したのは12時頃となり、かなり時間を要しました。その後もまだ面接のため大使館に入館される方が多数順番を待っていました。面接時間に関してはあくまでも目安である印象がありますが、早めに設定した方が良いかもしれません。返信用封筒は書留速達にしましたが、9月4日に家族3人分のビザが無事自宅に届きました。意外に早く着いたことに驚きました。(2004/9/8(水)0:03)
はらひで その2東京-面接
Jビザ(初回)
(私の不注意かもしれませんが大使館のネット上にはありません)。しかもDS158は雇用に関してだったため自分の分のみ用意してたところ妻と子供3人分も必要といわれその場で書くはめになりました。ところがその中に家族親族以外で2箇所連絡をつけれる場所を記入するところがあって、、携帯電話は大使館内に入るときに預けてしまったし、あわてて子供のお友達の住所をようやく(妻が)思い出し事なきを得ました。また指紋の採取をされましたが僕は指先に滅菌手袋のアレルギー皮膚炎があり指紋が薄れていたためか何度もやり直しでした。呼ばれるとまったく質問などなくprovisional visaを渡され、帰っていいですと日本語で言われ、全てが終わるころには大使館を出るのが一番最後ですごく疲れた気持ちで家路につきました。最後に、日本人のスタッフもいるので安心してください。僕はすべての書類をコピーして持って入ったため不測の事態でも余裕がありました。イザという時のために作成した書類のコピーを持ち入ったほうが良いかも知れません(特に僕みたいに準備不足になりやすい方は)。特に速達にしてなかったのですが4日後にはビザが届きました。(2004/9/7(火)23:40)
はらひで その1東京-面接
Jビザ(初回)
9月に渡米すると決めていたものの肝心のDS2019が届かず。先方のattorney officeからは大使館の面接日を先に決めたほうがいいとemailで言われたためやむなくDS2019なしのまま8/24に面接日を決めました。実は当初H1ビザでいいと先方が言ってたため書類がぎりぎりまで足りませんでした。実際にはDS2019が届いたのは面接日の前日でFedexで18時に届きましたがチョー冷や冷やでした。職場が忙しく前日からは僕は病院に泊り込みで当日の朝、妻と3人の子供のうち長女と溜池山王駅で待ち合わせをしました。面接予約時間は9時45分でしたが実際に全員そろったのは9時50分。ところが先輩たちの情報通り長蛇の列が大使館前に出来ていました。ざっと見積もっても200人は前に並んでました。案の定大使館の中に入れたのが約2時間半後。雨だったらと思うとぞっとします。当日は晴れて暑く水のサービスはありましたがお茶は持っていって正解でした。ところがそこで書類に不足があることを知らされました。DS156,157は準備してたもののDS158は不親切なことにどこにも家族全員分必要とは書いてありませんでした(2004/9/7(火)23:39)
haruday那覇-面接
Jビザ(初回)
29月下旬に出発予定、10月中旬インターン開始でしたが、現職の関係で8月末にはDS-2019を急がせて、申請できました。
受付で、書類一式を渡し、15分後くらいに名前を呼ばれ、書類に関する質問事項を日本語でされました。そして、指紋を取られるまで30分待ちました。本当ならもっと早かったかと思われます。指紋採取の機械が導入されたばかりで調子が悪く、データの読み取りが遅れ、2度も採取させられた方もいました。
その後、面接でしたが終始笑顔でした。聞かれたことは、目的、滞在場所くらいでした。次の日には、もうパスポートが届きました!(expackはいいかもしれないです)(2004/9/7(火)16:52)
ドキドキその他
その他
45E-1更新 アメリカセントルイス送付でパスポートにビザスタンプ添付で45日で習得できました。弁護士と通しての申請でしたが 実際更新完了を手にするまで ドキドキでしたが無事習得できたので 参考までお知らせしました。(2004/9/7(火)2:12)
Y.A大阪-面接
Jビザ(初回)
38月入国にもかかわらず、DS-2019の到着が遅れたため、今年の7月に申請して7月に取得しました。その時点で、1ヶ月先までインターネットの予約が一杯でしたが、東京の大使館に電話して「緊急面接可否願い」をFaxで大阪の大使館に出すよう指示をいただき、急遽、予約を入れていただきました。提出した封筒を速達にしておいたので、3日で到着しました。
(2004/9/4(土)13:34)

Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]

[戻る]

ゆいぼーと(Free)
Fvote v2.04 arranged byFalcon World