[戻る]

ビザ取得状況(すべて)

日本時間2019/6/20(木)5:09現在、1069件の回答が登録されています。

Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]

投稿者取得場所・方法日数コメント
macky大阪-面接
Jビザ(初回)
29/12,大阪で朝8時40分頃に到着(9時予約)しました.入り口の警備員に面接予約の控えを見せたからしばらく入り口の前で待った後,入館してまずセキュリティチェックです.(肩にシールを貼られます)その後日本人事務員(2名)による書類のチェックがありました.妻と子供二人あわせて家族4人分の書類があったのですが,書類の種類毎(DS-1564枚,DS-1572枚,という順)に4人分をまとめて提出したら,「一人ずつ(AさんのDS-156,DS-157,...,BさんのDS-156,DS-157,...)の順番にして下さいね」といわれてここで書類の順番を組み替え,少し時間をとられました.
エレベーターで3階に上がった後また列に並びます.順番に窓口によばれて再び書類の確認があるのですが,一言で終わる人もいれば念入りにチェックされる人もいました.(私はなぜか後者でした)その後ベンチでしばらく待ち,面接の順番を待ちました.子供(2歳と0歳)は面接不要で連れてきてはいけないと書いてあった気がするので連れて行かなかった(家でおばあちゃんとお留守番)のですが,なかには子供を連れてきた人もいました.別に連れてきてはいけないということではないようです.
面接は妻と二人同時に,日本語で行われました.両人差し指の指紋を採られたあと,質問は,「今の職業は?」「何をしに行くのですか?」「一度行ったあと2年間はJビザを取得できないというルールを知っていますか?」の3つでした.日本語で答えたおわったのち,「ビザは1週間で発行されます」の言葉で面接終了です.実際には9/14に到着しました.
領事館を出たのが10時前でしたので所要時間1時間弱です.出たときには建物の前で待っていた人はいなかったので,ひょっとすると朝一よりも少し遅い時間の方がすいているのかもしれません.
(2005/9/17(土)11:58)
TK大阪-面接
Jビザ(更新)
69月1日に9月2日午前9時の予約を取る.急な帰国だったためその後大急ぎで書類を作成する.9月2日は予約枠が残りひとつしかなかったが,東京の大使館に電話して聞いたところ,妻(J2)の分は予約枠を取らなくても良いとのこと.私の予約枠ひとつで2人分面接をした.また子供が小さいためどうしても預けられず連れて行きたいと伝えるも,スペースが狭く面接を受ける人以外は絶対に入れないと言われる.しかし実際に行って見ると子供連れの方も何人かいて特に注意を受けていなかった.
大使館には8:30に到着.既に30人ほどの列ができていた.9時前から入場開始.1階で簡単な書類のチェックをした.DS-156にサインをしていない人が多く,サインをしていた私たちは10人ほどゴボウ抜きした.その後エレベーターで3階へ.6人分の書類を渡したため,チェックに時間がかかり私たちより後の人が何人か先に面接を受ける.30分ほど待って面接.日本語と英語で簡単な質問をひとつずつ受け,指紋を取って終了.何日待てばいいか聞くと“1週間以内”と.J1継続のためSEVIS費用はなし.終了は10時過ぎ頃.

面接日が金曜,月曜日はLabor Dayで休みのため3営業日にビザが届いたが,実日数は6日後でした.6人分の申請でしたがエクスパックは1通でOKでした.
(2005/9/17(土)6:01)
戸田カナダ領事館-面接
Hビザ(更新)
22005年9月12日、トロントのアメリカ総領事館にてH1-Bのスタンプ取得手続き。appointmentは約2ヶ月ほど前に総領事館のweb siteにて行い、1週間ほどで書類が郵送されてきました。当日(月曜)8AMにScotia Bankの本店で$100のdepositを済まし(同様の目的の人々がここでも行列)、同じScotia Plaza内の写真屋でID photoを撮り直し(眼鏡をかけたままの写真を用意してきてしまったのです。ここは例外的に朝早くから開いていてお勧め)、総領事館に予約の9AM前に着いた時は既に長い列ができていました(ビザ申請はUniversity Aveに面した表口ではなく、裏口が受付)。security checkの後、入り口の廊下に並ばされ、それから5-6人ずつ書類審査で入室を許され、窓口で必要書類とパスポートのみを提出。ここでトラブル発生。J-1 waiverのオリジナルの提出を求められたのですが、私は以前これをJ-1の延長、H-1Bの申請、家族のH-4の申請の際に使用し、いずれかの時点でコピーのみが手元に返ってきていたのです。先方はオリジナルでなければ駄目だ、と言い張りましたがこちらも引き下がらず、とにかく面接に進める事になりましたが、この後しばらく、冷や汗ものでした。書類提出後、一端室外に出され、もう一度列を作った後、再度入室を許可されました。椅子が50ほどしかなく、席が空かない限り入室は認められません。面接の窓口は書類審査の窓口のすぐ並びで、2-3人の審査官しかおらず、主に一人の女性審査官がさばいていたのでここが律速段階になっており、結局再入室後2時間以上待たされました。通常は指紋登録も含め、一人3-5分で終了していましたが、問題のありそうな申請者は上司風の恰幅の良い男性審査官にまわされるようで、時間もかかっていたようです。私はこの男性審査官に呼ばれたのでいささか緊張しましたが、J-1 waiverはコピーでも問題なく、ボスからのレターを提示するとあっさりOKとなりました。引換券を渡され、翌日3-4PMに総領事館裏口の窓口に来るように言われました。翌日30分ほど前に来てみると既に列ができており、パスポートの変換も2:40PMには始まりました。ここで新しいH-1 noticeとパスポートを受け取りました。
(2005/9/16(金)7:29)
oipon東京-面接
Hビザ(初回)
H1B初回。妻と子供の3人でビザを取得。
9月2日金曜日9:45分予約。私と妻で大使館へ面接をしに行きました。
予約状況は満杯になるかと思いきや突然空くことも多く、急いでいる方は
こまめにチェックすると良いです。
また家族で面接を受けに行く場合でもそれぞれの予約が必要なので注意。
(当日の持参書類)
持ち物は基本的に大使館ページの持参物チェックリストで必須とされている書類。
(下記は2005/9/2時点の情報にもとずく)
1.パスポート (家族3人分)
2.DS-156 (家族3人分。3枚目裏側に申請料金の領収書をそれぞれ添付)
3.DS-157 (家族3人分)
4.I-797 (original)
5.I-129 (copy)
6.現地会社の雇用証明書
7.EXPACK500 (宛先に自分の住所。送り主は空白)
以下は大使館ホームページでは必須ではないが、念のため添付した書類。
8.戸籍およびその英訳
9.英文履歴書
10.現職会社の英文推薦状
(面接当日)
大使館に8時半到着。前には20人ほど。
入り口で荷物検査後通過まで、30分。
クリアフォルダには一番上に予約の印刷。その上に、パスポートの写真のページを
開いて入れておくとスムーズにチェックがいくようです。
写真は背景白でカラーできちんと撮影したほうがいいです。
その後施設入り口で、書類のチェックし入館は9時10分でした。
館内は運転免許証の免許センターみたいな雰囲気です。
オープンなスペースですので目の前でビザのOKが出る人、だめだった人の様子がわかります。
名前を呼ばれるまでが非常に長くやっと呼ばれたのは、11時半。2時間ちょっと待ちました。
面接かと思いきや指紋の採取。その後再び呼ばれるまで待ちます。
待つのが苦手な方は本を持参すると良いかと。ちなみに携帯は入り口で没収されます。
その後待つこと10分。領事館員との面接ですが、書類にはすでにEXPACKのお届け番号みたいのがあり、
OKだろうと直感。面接は英語で現職の会社を聞かれただけで、妻は挨拶をしたぐらいでした。
面接官、申請者によっては質問のやり取りが多い人もいましたが、結局無事発行されているケースも多々ありました。
ビザは1週間後の9/9に郵送され取得することができました。(2005/9/15(木)6:44)
YH大阪-面接
Hビザ(初回)
29月12日の午前10時を予約。領事館に着いたのは約20分前。ついてすぐ建物前の警備員に面接があることを伝えるとバッグの表面を検査パッドみたいなものでふき取られ、すぐに建物に案内された。中ではまず持ち物検査があり、携帯電話など電化製品を預けるようになっていた。財布と書類以外は何も持っていかなかったので、入館許可のシールを貼られて書類検査の列に並び、その後3階へ行くよう指示された。ここでの警備員たちは大変丁寧で感じがとても良く、上に上がる前に緊張が少しほぐれた。3階ではエレベーターを出るとすぐ列を作るところがあり、順番が回ってくると今度もまた書類検査。今回は内容を細かくチェックされ、アメリカには10日前からしか入国できないので注意を、と言われ面接を待つように指示された。待つこと約10分、名前を呼ばれ窓口に行くとまず指紋を取られた。これが私個人には一番厄介だった。アトピーが少し出てたため右手の指紋がなかなか取れず領事館の人も最後には諦めた、と言って最後に取ったものを記録に残したようだった。質問はいたって簡単で、1週間で届く、と言われたが2日後の14日の午前中に届いた。出した書類もすべて返却された。領事館を出たときの時刻は午前10時20分。一時間以内にすべてが終了。
今回F1からH1Bに変更。今年はCap Gapのための滞在延長許可が出されず、約2週間ほど滞在資格を失うため、いったん帰国してからH1Bのビザ申請ということになった。アメリカですでに許可は下りていたので問題はないだろうと思っていたが予想以上のスムーズな手続きに驚いた。(2005/9/14(水)10:18)
関根カナダ領事館-面接
Jビザ(更新)
2当方 boston,MA 在住の妻子持ち研究者のため、車でカナダに入国しビザを更新する経済的な方法を選択しました。7月下旬にDS2019を更新後、https://www.nvars.com/use/ にて面接予約をしました。直近の montreal 予約画面を数日間観察しましたが、全く機能していないようでした。最速でquebec city では約2週間後、ottawaでは1ヵ月後に予約可能でしたが、quebec の情報がやや不足ぎみで不安だったので、結局 ottawa 8/31 8:00 を予約しました。
8/30に陸路(I-89)でカナダ入国。入国時に旅の目的はvisa interviewを受けるためと正直に言いましたが、そのまま特に問題なく入国できました。8/31面接当日は7:30に大使館に到着。乳児ケアのためのバッグも館内に持ち込めないと言われて、一度車に戻りました。ミルクとオムツなどの中身は全てスーパーの袋に入れて持ち込めました。7:30の時点で既に10人ほどの人たちがロビーの椅子に座っていました。8:00から7番窓口で受付開始でしたが、「最初に来た人から順番にどうぞ」とアナウンスがあり、みな紳士的に順番に受付を済ませていました。
9:00ごろに名前を呼ばれて面接になりましたが、窓口の男性は、日本人の奥様がいるとのことで、とても友好的でした。ほとんど挨拶程度の日常会話だけで、聞かれたのは「何年働いていたか」と「後どれくらい滞在するのか」だけでした。現PIや日本の所属先からのletter、銀行からのcertificate、婚姻証明など用意していた書類は一切必要ありませんでした。visa stampは翌 9/1 15:00に守衛さんから受け取りましたが、混雑は全くありませんでした。16:00頃にottawaを出発し、アメリカ再入国時もofficeに立ち寄ってハンコを押してもらっただけで特に問題なし。montreal近郊の酷い渋滞のおかげで、結局bostonに着いたのは深夜0時ごろでした。
行きも帰りもmontrealの渋滞に悩まされたので、boston からだと quebec に行くのも時間的には同じだと思います。quebecは即日発行ですし、もう少し情報があれば、quebecを考慮してもいいと思います。quebecの町の方が情緒がありますし。
友人のアドバイスで、カナダはガソリンが高い(US$4/gal)ので入国前に一度ガソリンを補充しました。確かに入国前はそうだったのですが、帰ってみると米国もUS$3-3.5/galになっていて驚きました。(2005/9/3(土)23:39)
RLJ大阪-面接
Jビザ(更新)
38月1日月曜日午前10時予約。
淀屋橋から領事館の間にある銀行で、振込を済ませておきました。前日までHPには7月の料金が表示されており、その額を振り込みました。

到着は午前10時20分。
領事館前には列もなし。携帯電話などを預け上腕に腕章を貼られて、そのままスタスタと上の階へ。3人ほど待ってすぐに書類を提出しました。狭いロビーのソファで座って待つこと15分、横のドアから呼ばれて書類の不備を指摘され、訂正して再提出。再提出には列に並ぶ必要はなく、窓口に差し込んで、奥の係員に声をかけただけですぐに受け取ってくれました。さらに45分ほど待って、4人ほどまとめて名前がよばれました。窓口では専門分野を一言答えただけで、1週間で出ます、と言われました。12時前に領事館を出ました。

不備を指摘された箇所は、現住所が日本の住所でなかった点でした。またそのとき改めて見ると、誕生年を2005年にしていたり、明らかな綴りのまちがいをしたりなどのミスがありましたが、向こうで訂正してありました。

J11回目の更新でした。SEVISは払わず、また、科学関連プログラムについての書類は提出しませんでした。渡航費用などは「個人費用で」と書きました。念のため、大学からの最近の給与明細、初回のDS-2019、確定申告の写し、大学での雇用関係の書類の写し、などを持参していましたが、見せる機会はありませんでした。

東京大使館が、その週は8月3日(水曜日)からしか面接をしておらず、滞在期間が限られているため一日でも早くと考え、大阪で申請しました。千葉には8月3日の消印で、4日に届きました。

こちらの掲示板にはいつもお世話になっています。みなさんの手続きが順調に進みますように。(2005/9/2(金)14:43)
チャーシュウ・力東京-面接
その他
6こちらのサイトには本当にお世話になり感謝しています。
また私が収得したOビザの収得詳細はwebではほとんど情報がないものですから今後の若いアーチストのために記しておこうと思い投稿させていただきました。
私は演劇人です。Oビザの定義である卓越した能力etcにはほど遠い人間でしたが自分の足でスポンサーを探し、自分の業績を証明する書類を作成し、
著名人の推薦状をもらうために奔走した4年間でした。
面接では移民の意思があるかどうかをかなりしつこく聞かれました。
「ない」と答えたら私のDV2005のアプリケーションを見せられ、かなりあせりましたが「人生の運をためしただけ、残念な事に当選経験はない」と答えたら領事ははじめてニコリとしました。
また雇用先はNYの演劇製作会社ですが、雇用契約の給与額が低いと指摘されましたが
「中規模の劇場の制作を主におこなってる会社なので観客動員率を考えるとこの額は日本でも標準だ」
と答えたら領事は私の書類を持って後ろにさがり何やら協議しているようでした。この間約2分でしたが心臓は波打ち30分くらいに感じました。
戻ってきた領事は窓越しに私の顔を睨み、始めて日本語で「問題ありません」と言ってくれました。三年間有効のスタンプが押されたパスポートが
8月25日面接で30日の昼間に届きました。
(2005/8/31(水)16:02)
hideカナダ領事館-面接
Jビザ(更新)
2カナダ・トロント領事館で8月22日に更新(J-1→J-1)。妻と2人。予約は7月初旬オンラインで。空いている中で一番早かったため、8月22日・9時に予約。1週間ほどで、領事館より書類が届く。
8月21日陸路でトロントへ。カナダ入国時にappointment letterを見せ、ビザの更新に来たことを告げる。特に問題なく入国。8月22日朝8時にscotia bank本店にUS100ドルx2人分の支払いすませる。scotia bankは、本店のみ8時に開店(ほとんどの支店は9時30分開店)。支払い後、徒歩で領事館へ(15分ほど)。受付窓口はUniversity avenue側ではなく、その裏の通りに面している。8時15分に到着し、前には5組ほど並んでいた。8時20分に順番が来て、セキュリティーの人にappointment letterを見せると9時からの予約も問題なく中に入れてもらえた(なかには10時予約の人もいた)。セキュリティーチェック後、30分ほどかかり最初の面接(書類チェックが目的)の順番が回ってくる。
必要書類はパスポート、支払い領収書、新・旧DS-2019 form、DS156(写真はデジカメで撮影し、自宅でプリントアウト)、DS157(妻は必要なし)、DS158。そこで書類を細かく調べられ、必要なところを修正された。旧DS2019はその場で返却された。5分ほどで終了。2次面接を待つため、同じ部屋の椅子に座って待つ(1次面接も2次面接も同じ部屋)。1時間ほど待ち、名前を呼ばれて、面接開始。感じの良い面接官に<どこで働いているのか?>と聞かれただけ。ボスからの手紙と大学からの採用通知を持っていたためそれを渡したら、1見してすぐに返却。財産証明や給料明細などの提示は要求されなかった。指紋を採取後、翌日15時に窓口に来るようにいわれ、引換券を渡される。
翌日(23日)14時15分に窓口到着(22日と同じ場所)。既に10組ほどの待ちができていた。15時10分より窓口開始。その時には50組ほどの待ちができていた。Visa・パスポートとDS-2019を受け取り、特に問題ないことを確認。翌日陸路でアメリカへ。ビザの更新をしてきたことを告げると、車を降りて、immigration officeへ行くようにいわれる。30分程かかり、手続き終了。I-94については、アメリカ出国時には回収されず、入国手続き時に、新しいものを作成しなおされた。
(2005/8/25(木)8:17)
猛暑大阪-面接
Hビザ(更新)
3面接前にはこのサイトに大変お世話になりました。ありがとうございました。

大阪の領事館で2005月7月25日1時半に予約しました。アメリカでH-1BとH-4更新済み、ビザスタンプ取得の為の面接です。事前に東京の旅行代理店でDS-156とDS-157の作成、その他必要な物を用意してもらいました。これは会社から指定されたので依頼しましたが、自分で用意できると思います。(面接日予約、書類作成、ビザ申請料及び振込み、Expack等、手数料で約80000円)「代理店枠は使えない」と代理店に言われたので、自分で書類を持って面接に行きました。

予約時間1時間前に到着、すでに20人程が領事館の前にいました。1時20分頃、警備員の説明が始まり入館開始。入口で所持品を預け、バッグをX線に通し、金属探知機でボディチェックを受けた後、係員が持参した書類のチェック。H-1BとH-4だったので一緒に書類をチェックされ、エレベーターで上の階に行くよう指示されました。窓口で書類を出した10分後に別の窓口に呼ばれ、日本語で(アメリカ人)簡単な質問を受けました。指紋をとった後「1週間でパスポートが届きます」と言われましたが、実際は2日後の水曜日には届きました。

前に並んでいた人は「この写真じゃだめです。撮り直して来てください。」と言われていました。少し高くつきましたが、背景は白、顔の大きさも指定通りに写真屋で撮ってもらい慎重にしておいて良かったと思いました。それと、領事館のすぐ近くにコンビニ(ヤマサキデイリーストア)が2軒あったと記憶しています。

お役に立てば幸いです。頑張ってください。(2005/8/25(木)4:49)
dradrarock大阪-面接
Jビザ(初回)
28/18の15時に予約、大阪の領事館です。
入り口で金属探知機で検査を受け、携帯電話を預けた後に入り口の女性に書類をチェックされます。
午前中に妻が面接を受けたのを記憶していたようでEXpackはひとつでまとめて送ると、親切にも言われましたがトラブルが嫌だったので通常通り別々で送ってもらうことにしました。
エレベーターで上の階に上がり受付を済ませると15分もしないうちに呼ばれました。
面接といっても切符の窓口みたいなところで話すので待ってる人にまる聞こえです(笑)。
指紋をとられた後に「帰国後はどういう仕事するのか?」という質問のみで2分ほどで終了しました。
Jではない若い男性が書類不備なのか、書類を突きされて途方にくれていました。「仕事はしないはず」なのにすることになっていたようです。その人は途方にくれていましたが完全に放置されていたので、領事館側の親切は期待するべきではないでしょう。
翌日には発送され翌々日にはビザが無事届きました。(2005/8/24(水)0:33)
GS東京-面接
Jビザ(更新)
3臨床J1の更新と、妻のJ2の新規申請を行いました。休暇が限られているため日本での更新に多少の不安はありましたが、こちらのサイト情報で去年の夏のこの時期は早めに出ることを確認して、今年も同様と予測して申し込みました。
妻は念のため早めに出るようにと一週早く帰国して申請したのですが、結局私のJ1が出るまでは出せませんと言われてしまいました。それでも、私が行った際の面接では妻の分も用意されており、同時に許可、発行してくれていました。
8月17日水曜に申し込み、18日発送、19日の金曜には東京の実家に到着していました。時間的には、8時半に予約しましたが、8時半ちょうどに大使館に到着、10人程が門の外で待っていましたが、8時50分までに建物の中に入り、終了は9時半前でした。
昨年の新規の際より格段に早かったのは、更新のためか、たまたまかは不明です。
写真は、自分で撮った斜め向きの写真をプリントアウトし、背景に多少色が付いていましたが、特に何も言われませんでした。
成績証明書は用意しませんでしたが問題ありませんでした。出身校の電話番号は端折りましたが大丈夫でした。ネットで調べて分かるようなら記入しても良いのかもしれません。
お世話になりました。(2005/8/20(土)12:23)
kn東京-面接
Jビザ(初回)
38月16日8時45分の面接をインターネットで予約しました。仙台在住なので赤坂のビジネスホテルに前日の夜から宿泊しました。朝は7時30分にアメリカ大使館の門の前に着きました。私の前には5、6人が並んでました。はじめは晴れていたのですが、途中から雨が降ってきたため8時少し前には門の中に入れてくれました。傘を持っていない人には、警備員さんが傘を貸してくれていました。8時過ぎに書類を入れたクリアファイルを係員の日本人のお姉さんに渡し、携帯電話をあずけ、飲み物をクーラーボックスにいれてからセキュリティーゲートをくぐります。この時点でお姉さんが書類のチェックをします。このサイトで何回も出ていることですが、証明写真の背景が灰色の人は取り直しを命じられていました。書類にサインを忘れている人も指摘をされていました。Expack500はそのままでは、クリアファイルからはみ出すので、のりしろのところで折り曲げられました。私はビザ申請料11300円を銀行の口座引き落としで払ったために、領収書には自分の名前が無く、自分の口座番号しか記されていませんでしたので不安に思っていましたが、何もいわれませんでした。部屋の中は冷房がよく効いていました。8時45分ころに指紋をとられました(20人目くらい)。9時15分頃、面接がありました(10番目くらい)。面接では研究の専門分野を聞かれただけで1分くらいで終わりました(英語)。no problemといわれ、ビザが1週間で届くといわれて終了です。8月16日に書類完成。8月17日発送、8月18日に到着しました。
面接に呼ばれる順番は並んだ順とは多少異なりますが、私は、予約時間にかかわらず、早めに並んだために全申請者のなかで10番目くらいに終わることが出来ました。帰りには敷地内に30人くらい、門の外に30人くらい並んでいました。建物内でもいすに座りきれず、立って待っている人もいました。
必要だった書類は、DS-156,157,158,2019、証明写真、申請料振込みの領収書、sevis引き落としのweb画面の印刷、大使館の予約表のweb画面の印刷、パスポートでした。DS2019に給料が書いてあったためか銀行の残高証明は不要でした。診療をしないとの誓約書も不要でした。
このサイトには大変御世話になりました。(2005/8/18(木)22:11)
uc東京-面接
Jビザ(初回)
3面接を予約したのが7月8日。込み合っていて、8月10日8時45分が一番近い日でした。
書類は、J1に必要なものは一通り揃え、大学を休学しているので成績証明のほかに休学通知も持って行きました。休学通知は日本語でしか書いてもらえなかったので、自分で訳したものも一緒に提出しました。
当日は朝8時前には並びました。まだ早かったからか人は少なかった。でも、それからすぐにどんどん増えて、朝8時半くらいにはけっこう並んでいました。
並んでいる間に書類の並び順を係員が説明(日本語)。続いて係員がカゴのようなものを配って、そこに携帯電話(電源は切る)と電子機器(電池で動くもの)スプレーなどを入れるよう指示があった。腕時計はOKとのこと。
建物に入ったのが9時少し前。椅子が並んでいるのだが、座れない人も多かった。
名前を呼ばれるまでひたすら座って待つ。冷房が効いていて、最初はいいけれど、後のほうは寒く感じる。
1回目呼ばれたら指紋を採取(日本語)。2回目呼ばれたら領事と面接(英語)。かなりすぐ終わる。時間がかかるのは並んでいる時間と待っている時間のせいだと思う。
窓口は全部で10個あるが、その日開いていたのは4つか5つだった。
終わると紙を1枚渡されて「はいOK。帰っていいです」みたいなことを言われる。
入り口で預けた携帯電話や飲み物を受け取って終了。
8月10日面接で12日に届きました。

注意!!DSー156オンライン入力方式は、間違っていたらそのたびにやり直したほうがいいです。二重線で消して、正しい答えを書いておいても問題なく面接できましたが、消したほうのデータでビザが出来上がってしまいました。重要なことでなければ、二重線で消しておけばいいと思いますが・・・。(2005/8/12(金)17:32)
山下カナダ領事館-面接
Jビザ(更新)
1Jビザの更新(本人J1、妻J2)にカルガリーに行って来ました。4週間前にon lineで予約をとりました。かなり混み合っており、8月上旬では、8月5日9時からの1枠しか空いていませんでした。1枠で夫婦ともに予約出来ました。数日でappointment letter、DS157、158の書類が送られてきました。カナダ入国時には、ビザ更新目的で来たことを伝え、appointment letterを見せると、別のimmigrationの部屋に回され、もう一度目的を聞かれ、その後、観光する予定はあるのか、帰りのticketはあるのか(flightのconfirmationの紙を見せたらOKでした)を確認されました。観光の予定を伝えると、パスポートにvisa、何日まで(flightの日より一日プラスの日)と記載されました。
当日は朝9時の予約で、8時から並んでいましたが、予約のletterを領事館の方が確認し、8時半の予約の方を先に入場させていました。9時の予約の中では、並んだ順でした。ペットボトルを持っていったのですが、securityでひと口飲むよう指示され、それで、持ち込みが出来ました。securityが終わると、blue number card(番号札)を渡されました。最初の窓口で、appointment letter, blue number card, passport, DS-156(web siteでtypeしバーコードのついたもの、写真貼付(AAAでビザ用と頼み撮ってもらっていたもの)),157(手書き、妻は提出せず)、158(手書き)、ボスからの手紙(研究内容(テロと関係しない)、日本の大学から来ていることなど)、収入証明の手紙 (これもボスからの)を渡し、ひとりあたり100米ドルを現金で払いました。質問は、アメリカにrelativeがいるかどうか、家のtelなどを聞かれました。2つ目の窓口で指紋採取、3つ目の窓口では所属先の確認と滞在期間の確認がありました。その後、当日の3時にpassportをとりに来るよう言われました。passportの受け取りは3時とのことでしたが、2時の時点で。すでに10人くらい並んでおりました。3時15分には受け取ることができ、妻の分も合わせ受け取りました。
カルガリー空港で、アメリカ入国の手続きがあり、ビザ更新に来た旨伝え、特に問題無く通してくれました。
何かの参考になればと思い投稿させていただきました。
(2005/8/11(木)7:15)
ジェイからエッチカナダ領事館-面接
Hビザ(初回)
 バンクーバーで無事ビザスタンプゲットです。写真はデジカメで撮り、オンラインでwalmartに申し込み、近くのお店で写真を受け取りました。8枚で2ドルだったかな。書類はオンラインで作成し、それをプリントアウト(カナダ領事館サイトから)し、サインの後、提出しました。当日は電子機器、飲み物の類は持ち込めず、また預かってもくれませんので、持参しないように。
 面接自体はあっというまに終了。簡単な確認事項(専門、職場等)だけです。3時に受け取りですが、2時45分までは並ぶことはできません。持ち物も厳しく制限されますので、引換券だけ持参するように。家族であれば代表者1名だけで家族全部のパスポートを受け取ることができます。
 駐車場なら領事館から道路を挟んだ向かい側にパーキングがあり、忘れ物とかした場合は便利ですね。ダウンタウンには注射場は豊富にあり、領事館周囲なら一日8ドルから12ドルであります。(2005/8/8(月)22:43)
T・P大阪-面接
その他
22005年7月26日にF1ビザを取得しに、大阪領事館へ行ってきました。15時の予約をしていたのですが、5,6分遅刻してしまいました。けれど領事館前の警備のおじさんが大丈夫だと言ってくれて、すぐに中へ入れてくれました。他にも遅刻した人が4,5人いました。中に入って手荷物検査をした後、すぐテーブルがありざっと書類に目を通されました。私は大丈夫でしたが、サインをしていないとかで足止めをくらっている人がいました。その後、別の部屋へ行き面接をしました。窓口4つくらいを使っていて、日本人と外国人の面接官がいました。日本人であることを願ったのですが、外国人の方に呼ばれてしまいました。けれど、すべて日本語で質問してくれました(何年生か。何を勉強するのか。帰国して何をするのか。)英語で答えるべきなのか迷って、日本語も英語も使うと少し笑われました。けれど書類も大丈夫だったので、トータルで1時間しないで領事館を出ることができました。
自宅は北海道ですが、2日で届いたので安心しました。(2005/8/8(月)0:00)
やす東京-面接
Hビザ(初回)
38月2日に面接にいってきました。私と妻、子供二人(3歳、1歳)の分を私と妻の二人でとりに行きました。8時半の予約で8時にいったら、まだほとんど列はならんでいませんでした。大使館の門でパスポートと荷物のチェックを受けて中にはいると、建物に入る前に書類のチェックをうけ、一人一人の書類をそれぞれひとつづつクリアファイルにいれます。パスポートは写真のある面を開いてクリアファイルにいれるように指示されるので、以前の書き込みにもありましたが、あらかじめそうしておいてもよいでしょう。EXPACKは、郵送先が一カ所であれば4人分でも一つでよいです。あと、米国大使館のホームページには10年以内に発行された以前のパスポートが必要とありましたが、結果的には必要ありませんでした。ただ、一応鞄のなかにでも入れておいた方がよいかもしれません。中に入ってしばらくすると、呼ばれた後に指紋をとられ、その20分後に面接でした。面接では私も妻も名前を言っただけで、他に何も聞かれませんでした。前の人も、名前を言っただけのようでした。面接の内容は面接官によるのかもしれません。終わったら、「一週間くらいで届きます」と言われ、実際には3日後の8月5日に届きました。

(2005/8/6(土)14:37)
働くニョーボ東京-面接
Jビザ(初回)
51.面接予約:一ヶ月前に朝9:30の予約を入れました。
2.書類の準備:これまで在学していた学校の住所その他はネットで検索。問題だったのは、過去の職歴(アルバイトを含む)。すでに存在しない職場もいくつかあるので、住所はわからないし電話番号もうろ覚え。いくつかはしょりました。写真はデジカメでとってパソコンで背景色を加工し、家のプリンターで打ち出したもの。Maxvaluの安い写真用紙を使いましたが問題ありませんでした。6月末の大使館ホームページに記載されていた書類をすべて準備し、念のため7月28日(面接前日)にもう一度ホームページを確認すると、なんと「成績証明書」欄に変化が!6月末時点では「成績証明書−−学生のみ」と書かれていましたが、7月末には「成績証明書ーー留学経験者は留学先の成績証明書を添付(正確な文章は忘れた)」と書いてあり、びっくり仰天。「学生のみ」の文言もなし。当然間に合わないので、夫の「ばっくれろ」との指令に従いました。面接では特に指摘はありませんでした。(今でもわからない・・・何なんだろう。)
3.面接当日:9:30の予約でしたが列に並んだのは7:50。すでに40人ぐらいの列ができており、面食らいましたが、8:05には大使館敷地内に入りました。建物の中に入れたのは8:30。携帯やMP3プレーヤーなど、電池で動くものはすべてセキュリティに預けました。娘の持っていたたまごっちも。面接予約のない(できない)8歳の娘も問題なく中に入れました。中では冷房がきつく、隣に座っていたミニスカナマ足のお嬢さんがトリハダ立てていました。面接は9:30。何度も窓口に呼ばれる人がいる一方で(7回も呼ばれていた人がいた)私たちは指紋で一回、面接で一回のみ。聞かれたのは「何を研究するんですか。」「ご主人はどこですか(トイレに行ってました・・・)」「お嬢さんの成長が楽しみですね。」これだけ。夫がトイレから戻ってくる待ち時間を含めても2分ぐらいだったと思います。夫がその場にいたら30秒ぐらいだったかも。
4.最後に:29日に面接に行き、ビザが自宅に届いたのは8月3日でした。書類の所在が心配な人は、エクスパックの番号を控えておかれるといいですね。子連れの人もずいぶんいましたが、みんなおとなしかったです。ここのサイトには本当にお世話になりました。(2005/8/5(金)17:41)
applepie東京-面接
Jビザ(初回)
58時40分ごろアメリカ大使館に到着し、建物の中に入れたのが、9時45分。書類は一人ひとつずつ、それぞれのクリアフォルダーに入れます。そして、パスポート、面接の予約表、156、157、158、その他の書類の順に並べなければないとのことです。建物に入る前に、申請書類一式を提出するため、事前に順番を揃えておくことをお薦めします。その他の書類としては、DS−2019、銀行の残高証明書、SIVIEの証明書、私自身の研究計画書、日本で在籍している大学の上司からの推薦状、受け入れ先の教授からのインビテーションレター(わざわざお願いして書いてもらいました。)夫からの手紙(子供を連れて行くため)、研究業績表です。夫は東京で仕事があるため、私と子供と二人で渡米予定だったため、母子のビザはの許可が下りづらいと考えており、ナーバスになっており、あれこれと準備をしました。この時期外は暑く、長い間列を作って待ちますので、日傘や帽子、扇子などが役立ちます。また、それとは逆に室内は冷房が強く、寒いと聞いていたので、ストールが役立ちました。長袖のシャツにストールを肩にかけていましたが、それでも肌寒い状況でした。椅子の数が足りず、立っている人も多く見られました。10時30頃だと思いますが、指紋をとりました。11時30分頃面接に呼ばれました。優しい女性の方が担当でしたが、質問されたのは、「どんなことを研究するのか?」「現在の大学にはどれくらい勤めているのか」「夫とはまだ結婚しているのか」という3つです。すべて英語にて質問されました。面接は3分程度、ビザは1週間後におりるということでした。大使館を出たのは、11時35分過ぎでした。土日をはさみましたので、結局5日後の午前中にエクスパックにてビザ付きのパスポートが届きました。エクスパックの伝票番号がインタネットで確認できたのは、ビザ到着の前日でした。不安な方はエクスパックの伝票番号を控えておくことをお薦め致します。パスポートといっしょに、156、157、158以外の書類がすべてクリアファイルに入れられて戻ってきましたが、私の研究計画書にはマーカーで、研究目的の部分と、研究終了後、現在在籍している大学に戻る予定があるという部分に線が引かれてありました。面接事態は短いですが、提出書類については事前に目を通しているようです。

(2005/8/2(火)23:08)
banyan東京-面接
その他
5F1ビザ申請です。7月21日木曜日朝8時30分の面接予約。8時15分に並び、10時15分に出てきました。
「あなたのビザ申請は、面接が終了し許可されました。ただし、・・・あなたの渡米予定日に間に合うよう手続きを完了するという保証はできませんので、ビザがお手元に届くまで航空券の購入はお控えください。・・・」という紙1枚を渡され、焦りました。渡航までに1週間無かったのです。
2営業日で発行、ということは、こちらのデータベースでも、大使館のサイトでも書いてあったので、それほど心配することでもなかったのですが、やはり慌てました。面接のときに渡航日が近いことを伝えそびれたため、「パスポートが届かなかったどうしよう!」と、大使館のビザインフォメーションサービスに電話をしました。
ところが何度電話しても、クレジットカードナンバーを入れて、認証?されたあと、オペレータにつながる前にぶつっと電話が切れてしまいます。4〜5度トライしてもだめでしたので、思い余って、大使館の代表番号にかけたところ、たちどころに原因を教えてくれました。「子機でかけていませんか?」!知りませんでした。親機でかけないとだめなのですね!みなさん、どうぞお気をつけて。「子機」だけでなく、プッシュ回線にしていなくても、同様の「ぶつっと切れる」ことになるそうです。
・・・もっとも、この問い合わせ自体、不要だったかもしれません。というのも、こうして無事、オペレータの方とお話できたのですが、名前と生年月日を伝えましたら、これもまた、即、回答がありまして、面接の翌日(金曜日)ビザが下りているが、発送状況は自分で調べてください、とEXPACKの番号を教えてくれました。何のことはない、あらかじめ提出するEXPACKの番号を手元で控えておけばよかったんだ、と思いました。みなさま、ご参考まで・・・
こうして無事、火曜日にEXPACKを受け取れました。何事もなくてよかった・・・とほっとしております。(2005/7/26(火)12:18)
Dr.GIANNI大阪-面接
Jビザ(初回)
22005年6月13日午前10時30分に予約。
9時30分に領事館着、約1時間後に面接。面接時の質問は、日本語で「スタンフォードですか?」「(VISAが切れる)3年後はどうしますか?」の2点。後は「スタンフォードは気候がいいです」「子供さん何の苦労もなく英語完璧に話すようになります」など和やかな会話。「あなたのビザは発行されます」で終わり。
2日後の15日、自宅にエクスパックが到着しました。
注記
DS-156のQ28 Who will pay for your trip? には給料を支払う人(大学やFunding)を記入すること。僕のようにMyselfなどと書いていると、ちょっと頭の弱そうな受付嬢から「銀行預金証明書がないと受付られません!」と言われてしまいます。

(2005/7/25(月)13:59)
エッチからいーメキシコ領事館-面接
その他
私はメキシコのノガレスのアメリカ領事館でH1BからE2に切り替えました。ビザ申請前日に国境近くのホテルに泊まり、翌日メキシコ内の銀行で振込みを済ませてから予約していた朝9時に領事館に出頭しました。領事館に入ってまず指紋記録・写真撮影を済ませ、メキシコ人がビザを申請している人は私の前に15人くらいしかいなかったので面接まで40分くらいしか待ちませんでした。ビザの面接官も笑顔で応対していたので面接では2つの質問に答えたくらいで2分程度で終わりました。私の後はメキシコ人の1人しかいなく、その日のビザはこんなにも少ないのかと思うくらい少なかったです。面接終了時に60ヶ月のビザを発行するので午後2時にパスポートを取りに来るように言われました。2時になって再び出頭しE2ビザが貼られたパスポートを受け取りました。問題もなくスムーズにいきました。



(2005/7/22(金)13:42)
ニイヤ那覇-面接
Jビザ(初回)
サイトに載ってた書類をそろえて、予約をして、申請しに行きました。奨学金で1年留学に行く予定です。スポンサーの方から「財政証明書は、D2019が証明してくれるから要らないよ」と言われていたので用意せずに行ったら、次回財政証明書を持ってくるように言われ、その日は申請できませんでした。1週間後、とりあえず10万円振り込んで財政証明書を持っていくと即OKをもらいました。後から聞いた話では学生さんの場合は、親の財政証明でOKだそうです。(わざわざ自分の口座作って損した・・・) あと、2回目は予約なしで行けました。2回とも夏休み前で超混んでました。面接は2回とも外国人の方でしたが、1回目は日本語でしたが、2回目は思いっきりネイティブなスピードの英語でびっくりでした。ビザは2回目の面接の翌日に帰ってきました。証明写真は領事館内に機械がありましたよ。それと、電子辞書と携帯、飲食物は持ちこめませんでした。飲み物は領事館内で買ったものならOKらしいです。
文が下手でごめんなさい。アメリカに旅立つ皆様、一緒に頑張りましょう!!(2005/7/21(木)19:52)
john東京-面接
その他
3L-1 Branket
7月15日に予約を入れました。
事前にこの掲示板で予約時間は関係ないことを知っていましたので、さっさと列に並びました。

1:朝9:15分に大使館に入り列に並ぶ。
2:ここで、妻も同席でL-2申請したのですが、実は妻の分も面接予約が必要であったことを担当者に言われる。
3:困った顔をしたら、「知らん振りして中に入ってください、面接官に気付かれなければ大丈夫です」と見逃してくれました。
4:DS-157は同伴する妻の分も必要であることを指摘され、列の中で記入。
学校の住所や電話番号は携帯の検索では探しにくいことを身をもって実感。しょうがなく、104で把握。
5:DS157作成で30分かかって担当者に渡す。
6:建物入り口のX線チェックを通過(1時間30分位経過)
7:L-1は2005年3月8日移行Anti-fraud Costとして、ビザ申請代以外に$500追加費用が必要ということで建物の中で支払う(各種カードOK)
8:指紋採取(妻も一緒)
9:Branketでの申請なので、面接はほんの一言で終了。

ここで丁度12時位でした。

金曜面接、海の日連休で木曜に到着ですので、実質3営業日で発行になりました。

(2005/7/21(木)16:45)
たけカナダ領事館-面接
Jビザ(更新)
1バンクーバーにて J1&J2(妻)ビザスタンプ更新(3回目)です。
6/20 にオンラインで予約、最も早くて7/18でした。
提出書類は
・パスポート
・DS-2019(最新のもののみ)
・DS-156(写真は自分のデジカメで撮影しプリント)
・DS-157 (本人のみ、日本で更新する場合は女性も必要らしい)
・DS-158
・ボスのレター(仕事の内容・サラリーについての簡単なもの)
また、この他に申請料金 $100(x 2人)・appointment letter が必要です。
念のため日本の大学の教授からのレター・給与の振り込み記録・古い IAP-66, DS-2019 なども持って行きましたが、結局必要とはならず。

予約は8時でしたが、7時10分に領事館へ行ったら1番乗りでした。
昨年までと違い、建物入り口においてもセキュリティーチェックがありました。
2階で書類の仕分けと申請料金の会計をした後、20階にて指紋採取+面接。
面接では仕事の中身について研究テーマに至るまで説明を求められました。また、今回は妻の学生時代の専攻の話まで聞かれたのでちょっとビックリしました。
面接を終えて領事館を出たのは8時55分でした。

即日発行ということで、2時45分頃にもう一度領事館へ行きました。既に行列は出来ていましたが、この時、書類の入った封筒を持っていた人たちが、どこかへ置いてくるように警備員からかなり激しく言われていました(残念ながら、総じて今回は係員・警備員の高圧的なふるまいが印象に残りました)。食べ物や電子機器、バックなどは持ち込み禁止と明記されていましたが、書類・封筒類まで禁止とは誰も聞いていないことでした。連れのいる人はいいのですが、単身で来ている人は預ける人もいないので相当困ったはずです。それならそうと、ちゃんとどこかに明記すべきだと思いました。

受け取りに関しては、前回までは全員が受け取り終わるのに10分程度しかかからなかったのに、今回は入り口でセキュリティーチェック・窓口でパスポートに貼られた番号シールをはがして引換券に貼るという作業が増えたせいで、ちょうど真ん中くらいに並んでいた私でも受け取りに30分程度かかりました。中には、「まだ出来ていないので、また明日受け取りに来るように」と言われている人もいて、お気の毒でした。
(2005/7/20(水)10:08)
Masaカナダ領事館-面接
Hビザ(初回)
12005年7月12日、モントリオールの領事館での本人H1b初回発行。
受付は朝、パスポート受け取りは同日午後3時から。
かばん、リュック持込不可。特に男性には厳しいようです。持っているとセキュリティチェックのところで、どこかに置いて来いと言われます。
まず100米ドルを支払い、待合所へ。
2時間くらいの間に2回カウンターに呼ばれ、書類提出&面接があります。
私は昨年JからHビザへのステータス変更をしたのですが、two year ruleのwaiverのapproval書類をしっかり確認&一時回収されました(午後パスポートとともに返却されました)。関係する方は、Waiverの書類は面接の際に持って行ったほうが良いと思います。
上司からのsupporting letterがちても役にたち、面接官は手紙を熟読の後、質問はほとんどありませんでした。
(2005/7/19(火)2:05)
2:00のママ東京-面接
Jビザ(更新)
6(13)7月1日(金)に面接、7(木)にEXPACKを受け取りました。
しかし、受領書類を受け取ってびっくり!DS2019のサインが、なぜか私のみ抜けてました!(ビザ更新は、J2の私と娘の二人)
まずは、面接の報告。
10:30の予約で大使館には10:00に到着。入り口で40分程待ち。建物の入り口前で3人ほど待ち、必要書類のクリアファイルを日本人職員(二人いました)に渡しました(この時、うっかり!!娘のDS158がなく、その場で書きました!)
J1の夫がいなかったので、ご主人のパスポートのコピーありますか?と聞かれましたが、なかったので、夫のDS2019のコピーを出しました。(しかし、後で、これがトラブルの元に。)
大使館の中には、携帯電話を預け、すぐ入場できました。入ってびっくり、部屋は満員!でした。11時半以降は人が増えないので。初めは座る椅子が空いていませんでしたが、11時半くらいから空いてきました。)
中に入ってからは45分ほど待ったところで指紋の採取、それから5分ほどで面接となりました。面接は、二年前と比べ、愛想よく、日本語の流暢なアメリカ人で、びっくりしました。
J1の主人がアメリカ滞在だったので(まだビザ更新していない。。。)何かいわれるかと思いましたが、「ご主人は、もうアメリカですか?」とだけ、聞かれました。ずっと、アメリカ。。。とおもいましたが、面倒なので、「はい」とだけ答えたら、「では、一週間後。」と言われ終わりました。
大使館をでたら、ちょうど12時くらいでした。
無事に、ビザスタンプは発行され、7日に到着したのですが、一応、確認!と思って、びっくり!私のDS2019に大使館のサインがなく、なぜか、夫のDS2019のコピー!!にサインがありました。まだ、ビザ更新していないので、彼のDS2019にサインがなかったのでこのようなミスが生じたのだと思いますが。ひどい!!
あわてて、大使館に電話しました。(有料電話)
名前と面接した日を申したところ、「返信用封筒を添えて、ビザスタンプコピーとDS2019を非移民ビザ課に送付してください。」といわれました。
心配だったので、往復ともEXPACKで送付しました。8日に送付して、14日にサインつきで返却されました。
J2のみの面接をされる方は、J1の方のパスポートのコピーを添付されることをおすすめします。
(2005/7/15(金)22:05)
kuu東京-面接
Jビザ(初回)
412日(火)に申請し、15日(金)に受け取りました。渋谷区在住です。面接官には1週間で届くと言われましたが早かったです。夫がJ1、私がJ2でしたが夫が一言質問されただけで終わりました。面接予約枠は夫婦で同じ時間帯にとれませんでしたが、どちらか一方の面接日に一緒に受けてOKとのことでした。ちなみに夫が12日面接、私が20日の予約でしたが夫と同じ12日に二人で受けました。書類は自分たちで作成しました。DS-2019の到着が面接日前日でしたので、それからWebでSEVIS費用を支払いプリントアウトして領収書を持参しましたが問題なかったです。(2005/7/15(金)13:40)
OLVEその他の国の領事館-面接
その他
127月16日ミラノ(イタリア)で、期限切れ6日前のF−1更新。アメリカから電話で面接予約(15ユーロ)。14日ミラノのユースホステルにチェックイン。BNL(Banca Nationale Del Lavoro)銀行で80ユーロ振込みという指定。アメリカ領事館近くのBNL支店に行くが、英語も通じず、ここではやっていないと門前払い。ホステルに戻り英語のできるフロントのイタリア人に 「アメリカ大使館へヴィザ申請費を支払いたい。」という旨の文章をイタリア語で書いてもらい、翌日Duomo近くのもっと大きなBNLに持ってゆく。パスポートの提示の後、今度はスムーズに完了、振込みの領収書を受け取る。郵便局で1.50ユーロの切手購入。パスポートの返却は郵送のため、イタリア国内の住所を記入した切手添付済みの封筒の提出が必要。封筒にはDuomo 近くのAmerican Express オフィス(Tel:39-027-21041、Via Larga 4, Millano, 20122)の住所を記入。アメックスのオフィスは本人の名前と、”Client’s Mail”と明記すれば郵便物の受け取り代行を無料でやってくれる。面接当日は朝10時の予約。1時間半ほど領事館の外で待たされる。入館後、係りの人から書類を入れるフォルダーを渡され、提示書類の簡単なチェックがあった後、番号札を機械から受け取って待合室で順番が来るのを待つ。必要だったのはDS156.157,158、写真、パスポート、I-20、BNLの領収書、返信用封筒のみ。用意した財政証明、成績証明、なぜイタリアで更新しなければいけないかの理由を説明した学部長からの手紙などにも目を通さずに返却。質問は在学している大学の名前、専攻のみ。1時間ほど待った後、領事らしき人から直々に書類の一部を返却される。軽い感じで「アメリカでは普段何をやっているのかね?」と聞かれ、「学生です」と答える。引っ掛けの質問だったのか、「仕事です」などと答えるとアウトになるのだろうか?即日に発行して郵送すると言われたが実際には翌日発送。イタリアの郵便事情の悪さのせいか受け取りまでは12日(8business days)掛かった。Priority mail にしていたらもっと早かったかもしれない。ちなみに日本のパスポートの再発行はミラノでは3週間、ローマの大使館では1両日掛かる。(2005年)
(2005/7/14(木)5:51)

Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]

[戻る]

ゆいぼーと(Free)
Fvote v2.04 arranged byFalcon World