[戻る]

ビザ取得状況(すべて)

日本時間2019/10/15(火)21:03現在、1073件の回答が登録されています。

Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]

投稿者取得場所・方法日数コメント
SHカナダ領事館-面接
Jビザ(更新)
・5月13日(木)@オタワ大使館
・J-1(私)とJ-2(妻)
・9:30予約だったが、8:30ぐらいに到着。最初にfee(US$100x2)を支払い、同時に、DS-156(x2)、最新のDS-2019(x2)、パスポート(x2)を提出。30分くらい待って、面接の窓口に呼ばれる。私と妻の指紋採取の後、DS-157(x1)、DS-158(x2)を提出。研究内容について質問される。また、私の場合、DS-2019発行の大学とは別の州に居住していることを質問されたので、現在出向中である旨、出向中の大学からのアポイントメントレターを提出して説明。最後に引換券を渡されて、当日15:00に外の警備のところに受け取りに来るように言われる。以上、トータルで1時間弱。
・当日15時過ぎに警備のところで新しいビザ/パスポートと、(DS-2019入りの)封筒を受け取る。封筒は開けずにアメリカ入国の際に係官に渡すように言われる。
・よく問題になっているproof of tiesに関しては質問はなく、用意していたボスからのレター(プログラム終了後速やかに帰国する旨)、婚姻証明書、銀行の残高証明は使用しなかった。(2004/5/16(日)7:51)
竹中信之東京-面接
Jビザ(初回)
1私の場合4月1日からなのに8日しか予約が取れず瘡窓口で話をしました。(2004/5/15(土)12:18)
Lorenzoカナダ領事館-面接
Jビザ(更新)
モントリオールで私(J-1)と妻(J-2)の更新。

提出書類、現金での支払いなどは他の方と同様。

私の場合、少しだけ事情が異なった点は、
アメリカで入籍、妻はFビザからJ-2ビザに変更していた点。
米国のMarriage Certificateを持参しました。

以前の方も書いておられましたが、窓口には2回(担当は異なる)呼ばれます。
窓越しに、係りの人が書類をチェックし、何か書き込みながら、同時にインタビューをします。質問内容は、ごく一般的なこと。私達の場合、最近入籍したことを伝えると、Certificateを見せるように言われました。何か聞かれるかと、少し身構えたのですが、ちらっと見て、Congratulation!という感じで、そこからは雑談風に話が展開しました(2回とも同様)。モントリオールの観光スポットを教えてくれたり、、。そんなわけで私達はけっこう長く話し(10分強)ましたが、きわめて和やかな雰囲気でした。

8時過ぎに入館、9時半に終了、当日の3時半に発行。
発行は来た順に引換証とともに渡しており、5分もかかりませんでした。(2004/5/13(木)2:24)
カナダ領事館-面接
Hビザ(更新)
2ビザ種別:H1BおよびH4の更新
場所:バンクーバー
面接日:4/23(金)
発行日:4/26(月)
このサイトで得た情報のおかげで、書類の準備も万全。質問も、いつからアメリカにいるのか、現在の会社名は、の2つだけ。指紋採取の後、3時に受け取りと言われました。
ところが3時に行くと、指紋の照合の結果が返ってきていないので発行ができないとのこと。4時まで待っても進展がなく、月曜の朝8時に連絡するようにと言われました。私を含めて3名が同じ理由で発行不可となりました。何でも4月から新システムになり、その後時々こういうことが起こっているとのことです。
私のように空路で入ると、帰りのフライトを変更しなくてはなりませんし、金曜の面接で発行不可になると月曜まで延泊の必要があります。実際どういう頻度でこんなことが起こっているのかわかりませんが、心の準備のお役に立てればと思って投稿しました。
それから、息子のビザは国籍がカナダとなっていました。その場で指摘すればすぐに印刷しなおしてもらえるので、よくよく確認されることをお勧めします。(2004/5/12(水)14:53)
UW客員研究員カナダ領事館-面接
Jビザ(更新)
14/23にバンクーバでJ1&J2(妻,子供1名)のビザ更新。観光も兼ねて、前日から車でシアトルから入国。当日は、8時の予約で7:45に行ったら、すでに8組並んでいた。

使用書類は
1 appointment letter
2 passport
3 DS-156(web form、インクジェット印刷の写真貼付)x3
4 DS-157x2
5 DS-158x3
6 最新のDS-2019x3

1は入国と領事館に入る際に使用。最初の窓口で100米ドルx3払い、2-6を提出。一旦書類は返ってきたが、そこで集める場合も。上階に行き、2-6を受け取ってもらえるはずが機会を逸し、面接8組目のはずが15組目くらいに。待ち時間に、3,6に署名がないと言われ書き足す。面接ではまず指紋採取。質問は、研究内容と、ビザが切れた後はどうするかの2点。引換券を渡されて領事館を出たのが10時前くらい。8時半予約の人は11時半だった。

15時にビザ発給。パスポート(I-94はそのまま)とDS-2019を返してもらい終了。もう1泊して観光しシアトルに戻った。このサイトには大変お世話になりました。ありがとうございました。(2004/5/12(水)0:04)
メープルカナダ領事館-面接
Hビザ(更新)
15/3: カナダ・バンクーバーにてH1Bの更新申請のため出向く。
即日発行。

1.玄関前の長蛇の列に並び、30分ほど待つ。
2.面接の予約レターと100ドルを玄関口で確認される。
3.2階に上がり、必要書類と費用を提出したのち、番号札を渡される。
必要書類:パスポート、DS−156,I−797、Company Letter、$100,
4.1時間以上2階の待合室で待った後、
20階へあがりさらに30分弱待つ。
5.面接官に呼ばれ、簡単な質問を2−3され、2−3分で面接終了
質問内容:いつアメリカにきたのか、その間何をしてたのか?
何を勉強して、現在はどういった仕事をしているのか?
あなたの会社はどんな会社なのか?
6.引換券を渡され、即日発行のためPM3:00に集合するようにといわれ、無事終了。
7.集合後、10人ほどはまだプロセスが終了していないという理由で、30分弱待たされる。

私の場合、写真の右側1センチほど背景とは違う白色のラインが残ったままだったのですが(どこでとっても一緒と写真屋さんに言われ...)、全く問題ありませんでした。


(2004/5/6(木)15:53)
tanaka東京-面接
Jビザ(初回)
44月中旬。面接の待ち時間は長かったが、面接時間は一瞬で終了。(2004/5/6(木)9:38)
ずーカナダ領事館-面接
Hビザ(初回)
1バンクーバーにてFからHへの書き換えに行ってきました。持ってくるなと予め通告のあった電子機器は置いてきたつもりが、気づいたらPDAがかばんの中にあるも、使わなければOKと言うことでひと安心。持ってきた書類は他の皆さんと同じだと思います。

日付と状況からマウンテンゴートさんと同じ場にいたようで(自信なかったのでお声かけませんでしたが)、既に触れているようにビザの種類は人それぞれなのか、面接時間も長い人短い人といました。私の場合は、最初に指紋をスキャン、その後に、学位はちゃんと取ったか、どうやって現在の会社で職を得たか、の2問でした。

ビザ発給まで最低3日間と聞いていたのでその予定でしたが、ものの数十分で即時発給され少々驚きました。数日滞在した後に車で越境して帰ってきたのですが、入国審査官はビザの発給日をチェックしていたようで、領事館以外にどこへ行ったのだと問いてきたのでこの点はケアが必要かもしれません。

いずれにせよこのデータベースのお陰ですんなり手続き終わりました。ありがとうございます。(2004/5/3(月)16:43)
FJカナダ領事館-面接
Jビザ(更新)
14/26バンクーバーにて
会計窓口で旅券,DS156,157,158,2019,feeを提出
雇用先からの手紙は一通のみ可。ボスに
When his program ends I know he plans on returning to Japanと書いといてもらった

目の前で日本人研究者が日本とのtieを示せていないと却下される
日本に所属先も家もなく独身である小生は諦めの境地で面接に
研究内容等のあと,プログラム終了後の予定にI'll go homeと答える
その後しばらく書類checkで沈黙
指紋を取込んだ後、面接官は引換券を手にもつ,も,「終了後に帰国する確証がないんやけど」ときた
「帰るよ」「でもそんなんわからへんやん」「でもfamilyが日本にいるし」
とごまかそうとしたが
「familyって親やろ。親が邦にいても子供が残る例なんて山ほどあるやん」
と返される。ついで
「それでは確証にはならんよ。家持っているわけでもないんやろ」に,とっさに
「今はないけど父が家持っているからそのうち譲ってくれるよ」と言うと面接官思わず苦笑
「100%には遠いけど,まあええわ」と引換券をくれる
3時15分ビザつき旅券取得
(2004/5/1(土)11:44)
じんカナダ領事館-面接
Jビザ(更新)
1モントリオールで即日です。待ち時間もほとんどなし。おすすめです。早めにいけば早く終わります。面接は約1分の立ち話。領事館を出れば、ツアーガイドつきの観光バスへGo.フランス語だけでなく英語でも解説してくれます。10:00スタート13:00終了。これいかないとモントリオールはただの都会っていう印象しか残りません。いろいろ連れていってくれます。15:00にpick upして終了。夕方発の飛行機で十分帰れます。必要書類もパスポート、DS-2019,156,157,158のみ。他は何も求められず。(2004/4/30(金)9:26)
First H-1b東京-面接
Hビザ(初回)
22004年4月上旬申請(2004/4/30(金)7:23)
yuki7nao大阪-面接(代理店利用)
Jビザ(初回)
10 以前よりアメリカ心臓学会の参加旅行でお世話になっていた、東京の「インタープラン・コーポレーション(http://www.inter-plan.co.jp)」に、3月3日にJビザ申請の代行を依頼しました。申請書類に手書きで記入して、3月31日に代理店に郵送しました。大阪・神戸総領事館での面接の予約は、5月13日になってしまうとの事でしたので、大阪での「緊急面接」を申し出たところ、4月12日13時30分に面接許可が取れました。当日は30分ほど前に大阪領事館前に着き、入口の外で職員に申請書類のチェックを受け、DS-2019 をそれぞれのクリアーホルダーに分けて入れて、銀行の残高証明書は私(J−1申請者)のクリアーホルダーに入れるよう言われました。15時前にようやく、優しそうな方のアメリカ人面接官に、私と妻が同時に呼ばれて「日本語で」簡単な質問を受けました。「一週間後には旅行代理店には送ります」と言われ、4月21日にビザ付きパスポートが代理店に届きました。代理店の担当の方の適切なアドバイスに加え、このホームページの具体的で正確な情報は、非常に役に立ちました。本当にありがとうございました。(2004/4/29(木)17:49)
cobi@ottawaカナダ領事館-面接
Jビザ(更新)
1在オタワ米国大使館にて、J1,J2の更新をしてきました。
<予約> 4/3 <面接日>4/26 10時
<進行>
1.アメリカからはオタワへ直行しました。カナダへの入国は、係官のいるブースがあり、そこで、入国の目的(USビザの更新)を伝えました。すると、左手のImmigrationと書かれた部屋(郵便局のような雰囲気)に行くように言われました。そこで簡単な面接(目的、期間、滞在先、職業など)があり、短期滞在許可証(一週間)をもらいました。(約20分)
空港からは97番のバスに乗ると、市内まで30分くらいで着きました。
2.当日は9時に大使館に行きました。入り口で少し待ちました。部屋は明るく、銀行の待合室のようでした。面接はガラスばりのカウンター越しに、立ちながら行われました。聞かれたことは、仕事の内容のみ。J2の方は質問もありませんでした。(10分程度)雰囲気はかなり和やかでした。
3.受け取りは当日の3時。外の警備員のブースで受け取るだけなので、すぐでした。
4.アメリカへの入国は直行便だったため、オタワで行いました。アメリカ行きの飛行機は専用のゲートが設けられており、チェックインの時に、I94をもらいました。(2004/4/29(木)8:14)
AT東京-面接
Jビザ(初回)
6日本語HPの(翻訳の?)間違い
申請料の振込みについて:日本語のHPには東京三菱銀行のATMから振り込むように書かれていましたが、手数料を払えばどこから振り込んでもいいようです。写真:頭部(頭上から顎まで)は25mm×30mm、と書かれていますが、英語版では25−30mmの間と書かれています。
その他
大使館のHPではバーコードつきのDS156の3枚目に申請料の領収書を貼るように書いてありましたが、入り口では2枚目のQ38のところにホチキスでとめるように掲示されていました。係りの人に聞いたところどちらでもいいとのことでした。郵便局でも残高証明は発行してもらえます。切手は家族4人分1010円分を1枚の封筒に貼って、赤字で速達と書いておきました。
書類を預けてから約1時間、名前を呼ばれ、私と妻の顔を見ただけで面接は終了、9時30分に大使館に着いて、終わったのが11時でした。6日後にVISA付パスポートが郵送されてきました。このページにはお世話になりました。(2004/4/28(水)23:33)
ともたんパパ大阪-面接なし(郵送)
Jビザ(更新)
11J1&2(妻&娘)の更新です。書類はDS2019,156,157,158とボス&大学からの財政証明書、プログラム修了後帰国を示す書類およびパスポート(新旧)。
郵送(往復とも書留速達)にて4/6に投函。
4/17に無事到着しました。
なお、156は登録後間違いに気づいたので新しいのを作り直して提出(古いのは無視)しましたが、問題なかったです。
昨年の新規の時はトラブリましたが(投稿済です)、今回はスムーズで一安心でした。
(2004/4/27(火)12:56)
koaカナダ領事館-面接
Hビザ(初回)
24月下旬、トロントにて申請、翌日受領しました。
FビザからH1bへの切り替えです。
提出書類はすでに皆さんが書かれているので省略します。

入館してすぐに基本的な提出書類+パスポートを提出。
15分後ぐらいに1度窓口に呼ばれます。
この時、各人が申請したビザの種類などによって、追加書類を求められているようでした。私の場合は大学院の卒業証明書でした。(確認後、返却)

「この後、オフィサーとの面接があります」といわれ、いったん席に戻ります。
さらに15分後ぐらいに面接。
「現在の仕事の内容は?」という質問。その後、指紋を取って、引換券をもらって終了。

待合室はあまり広くなく、椅子も人数ギリギリ。
何ビザがわかりませんが、もめている申請者もいて、明日は我が身かと緊張した空気が漂っていました。またビザ代金(100ドル)を指定銀行に振り込んでこなかった人もいて、振り込んでからまた来て、と言われていました。

こちらのサイトにはお世話になりましたので、書き込みさせていただきました。(2004/4/26(月)13:18)
MY大阪-面接
Jビザ(初回)
53月初旬に面接予約。最速で4月15日。10時の予約で9時30分に妻と大阪領事館へ到着。玄関口で書類CHECK(妻と子供2人合わせて4人分、D-156,157,158/DS-2019/パスポート/Invitation Letter/留学後に帰国する意志を示すLetter/財政証明書[郵便局と野村證券の英語版]/返信用封筒[切手540円で簡易書留]。中に入って金属探知機をくぐり、免許証と引き換えにVisitorのバッヂをもらい、3Fへエレベーターで。到着すると既に50人以上が椅子に座って待っていた。面接官は、たったの2人。書類に不備があると呼び出され、書き直しやD-156の作成を近くのインターネットカフェで作成するように指示されていた人が3人くらいいた。また、その場で入国拒否され、パスポートが返却された人もいた。待ち続けること2時間、11時40分に名前が呼ばれ、妻と一緒に面接{日本語で・・・最初の一言がHello!だと英語で、こんちは!だと日本語か(笑)}。研究内容は?費用は誰がだすの?勤め先は民間企業?の3つの質問に答えて2分で終了。その際に1週間でVISA届くよと言われて一安心。5日後に届きました。(^_^)ノ""""(2004/4/25(日)19:43)
3日でしたカナダ領事館-面接
Jビザ(更新)
32004年4月にトロントでJ1ビザ(期限切れ)更新。
4月12日19時、NiagaraのRainbow Bridgeからカナダへ。右の建物で審査官にDS-2019を見せた。スタンプのみで、I-94は剥がされず。
4月13日当日、領事館近くのScotiabankは、開店9:30。予約9:30だが結局10:15入館。館内での写真は要5カナダドル札。受付時、予約の手紙、旅券、DS-2019、DS-156,157,158、写真を提出。約60分後に呼ばれる。更新前のIAP-66の提出を求められたが忘れたため、代わりに最初に受け取ったレターの写しを見せた。大学を移った友人は、プログラム変更はトランスファーのためか、研究内容は一緒か等を聞かれた。さらに10数分待ち、別の係員に研究内容、ファンディングの出所などを質問された後、指紋スキャン、明後日の旅券引換券を渡された。
4月15日3:20分頃から引渡し。長い列あり。QueenstonLewiston国境に午後7:00頃着。ゲートで国籍、現住所、職業、研究内容、カナダ入国目的、ビザはいつ取得したか、税関に申告するものはあるかを聞かれただけ。I-94はカナダ入国前からそのまま、パスポートに判をおすこともなく、車から一歩も出ずに終了。(2004/4/25(日)7:24)
himari大阪-面接
Jビザ(初回)
24月21日に大阪でVISA(J1)のため面接を受けてきました。
家族4人(妻,子供2人)分の書類を作成しましたが,
子供のDS158が必要だと入り口で指摘されました。
でも,書類を頂きその場で作成できました。
子供で必要ないのはDS157だけみたいです。
面接終了時に1週間くらいで手元に届くと言われましたが,
驚くことに2日後には届きました。
みなさん心配しなくてもよさそうですよ!
(2004/4/24(土)21:41)
Nissy東京-面接なし(代理店経由)
Jビザ(更新)
7現在アメリカ、サンディエゴ留学中で、今回J1の更新のために一時帰国しました。事前に、地球の歩き方ビザ取得センターに連絡をとり、必要書類の下書きをメールにて送っておいて、書類の作成の代行もお願いしておきました。3月17日(水)に東京着、18日(木)昼頃にビザ取得センターの方に行きまして、書類の内容を確認後サインして、パスポートとDS-2029を渡したところ、その日のうちに大使館に届けてくださる、とのこと。その後自分は実家のある札幌に帰り、連絡を待っていました。当初2−3週間くらはかかるのでは、と思っていたのですが、翌週24日(水)にビザ取得センターの方から電話があり、ビザが発行されたとの連絡。すぐに郵送してもらい、26日(金)には札幌でビザとパスポートを手にすることが出来ました。センターの方のお話だと、書類の作成代行で申請した場合、記入ミスなどがないために早ければ1週間くらいで取れます、ということでした。対応もよく、親切でしたので、一時帰国でビザの更新をされる方には特にお勧めです。(2004/4/23(金)14:01)
Tomo東京-面接
Jビザ(更新)
5J1ビザ失効後1年以内の面接免除の対象でしたが、なるべく早く、確実に、安全に更新を済ませたかったので、帰国した上で敢えて面接を受けてきました。アメリカにいる間に旅行代理店と連絡をとり、必要書類をそろえました。3月30日(火)に帰国し、翌々日の4月1日(木)に面接を受けました。土日をはさんで5日(月)には代理店にビザが届き、6日(火)に手元に届きました。1週間もかからずに、帰国しての更新が出来ました。「更新であっても面接を受けることが可能か?」という旅行代理店の問い合わせに、米国大使館は「あまり望ましくはない」と答えたそうですが、面接時には面接を受けたことに関して特に何も言われませんでした。(2004/4/21(水)22:44)
Yukiko東京-面接
Jビザ(初回)
4月14日朝8時15分で予約を取り申請しました。普通郵便にて17日にJ-visaが送られていきました。
大使館のホームページの注意事項を見ると面接当日にはかばんを持ち込まないようにとあったため、書類を入れたクリアファイルのみを手に出かけました。しかし実際にはみなバックやリュックを持っていました。案の定セキュリティーチェックのためにかなりの時間待つこととなり、当日とても寒かったこともあり少々不快な思いをしました。
飲食物の持ち込みは一切不可能で、外のクーラーボックスに置いて行くよう指示されていました。私の前の娘さんの付き添いで来られていたお母さんは入館できず、外で待つよう言われていました。
(2004/4/19(月)1:25)
もも大阪-面接なし(郵送)
Hビザ(初回)
134月4日に書留で郵送し、16日に書留で届きました。
取得の際のトラブルは全くなかったです。
申請書類も自分で作成、必要書類と郵送しましたが、
書類もビザとともに返却されてきました。
H1-bの初回だったのですが、何もなく順調に取得できました。
(2004/4/18(日)15:46)
マディソン東京-面接なし(代理店経由)
Jビザ(更新)
4Jビザの更新を地球の歩き方ビザ代行センター経由で申請した。帰国前に代行センターに連絡し書類の作成を準備し、帰国後3月29日に代行センターに持ち込んだ。代行センターを通して大使館へは翌日の30日に申請。4月2日にビザ受領済みの連絡をもらう。地球の歩き方ビザ代行センターは、ビザの代行を専門に行っているので、ビザ申請に対する情報もより専門的でとても詳しいように思われた。申請書類は、DS書類以外に財政支援証明書のみで、余計な書類(たとえば受入先の教授のインビテーションレターなど)の提出は必要ないといわれ、申請にあたっての準備も無駄なく行えた。代行センターでは2人で業務をおこなっておられるようで、非常に家族的で申請書作成の細かい相談にも丁寧に応じていただけた。個人で行うより、経験豊富な業者のダブルチェックが受けられた安心感は、ビザ受領を待つまでのストレスも軽減できたように思う。(2004/4/16(金)21:14)
RLJ東京-面接
Jビザ(初回)
34月13日面接、16日に無事J1(初回)ビザが送られてきました。こちらのHPの記事を熟読し、スムーズに行きました。ありがとうございます。

04.4.5 DS-2019受け取り、オンラインで面接予約。4日後の4月9日から予     約可能だった。
04.4.13 
 8:47 8:45の予約でこの時間に到着。前の方に並んでいる人に尋ね、ま     だこの時間の人は呼ばれていないと言われ、最後尾に並ぶ。
 8:55 「8時台の方は全員前の方へ」と呼ばれ、列の前方に移動。
 9:25 再び行列の後、書類を預け、建物内の荷物検査へ。
 9:30 携帯電話を預けて、待合室へ。すでに100人近く入室していた。
 10:40 5人ずつ呼ばれ、一瞬写真と顔を照合されて「2週間で出来ます」。
04.4.16 速達でvisaを受け取る。(封筒には500円分の切手を貼り速達印を押    しておいた)

書類によって現職が違うこと(DS-2019は学生、DS-156などは病院職員)、財務照明がオリジナルじゃなくてコピーであること、その他いくつか気になりましたが問題ありませんでした。




  (2004/4/16(金)15:09)
HS大阪-面接
Jビザ(初回)
64月7日面接、13日入手(J1/J2)。DS2019はミスが多くコピーに赤ペンで修正依頼といったやり取りで約2ヶ月。DS156はオンラインで作成。DS157,158はPDFをコピーしてPower Point上で難なく自家製完了。それ以外にはパスポート、帰国後にアメリカを離れる意志を示す文書、助成金の英文証明書(財団発行)、受け入れ先とのメールのやり取りのプリントアウトを添えて面接へ。領事館にファックス質問すると婚姻証明書や米国で臨床活動を行わない文書は私の場合は不要とのこと。入り口で係の方が書類をチェックされ、家内はサインを一箇所忘れていたのであわててその場でサイン。書類はその場で回収。bodyチェック後、身分証明書(免許書や保険書)と交換に名札をもらい、待合で座って待つこと約1時間。名前を呼ばれて家内と一緒に窓口へ。窓越しに面接。結構うまい日本語で「専門分野は?アメリカで何を研究しますか?助成金は政府関連ですか?」という質問。家内には「子供は何人ですか?みんなアメリカを楽しみにしてますか?」という質問のみ。なお、郵便切手は一人当たり200円で、例えば3人家族なら600円を用意しないといけないようだ。家族の場合、封筒は一部でいける。(2004/4/14(水)11:07)
Lucky東京-面接なし(郵送)
Jビザ(更新)
92004年3月17日(水)昼に郵送し、3月26(金)午後に受け取りました。
実際には6営業日で作成してくれたようです。
大使館の人に問い合わせたところ2-3週間ということでしたが、
それよりもだいぶ短くてすみ、安心して残りの日を過ごせました。

私はトラブルなどありませんでしたが、
以前、1を7と間違われてトラブルになったと言うのをききました。
どうもアメリカではただの縦棒が1、横にでていると7と読むようです。
(こちらで免許申請時にそういう間違いがあった。)
参考になればと思います。
(2004/4/14(水)2:06)
マウンテンゴート(山山羊)カナダ領事館-面接
Hビザ(初回)
14/5にバンクーバーでH1Bを取得しました。以前はFでした。
20階の部屋に入る時に係員がパスポート、DS156、DS157、I797A、会社からの雇用レターを集めていました。なぜか3ページ目の2次元バーコードは集めませんでした。面接では何年アメリカにいるか、何をしていたか、今の会社に何年いるかなど、すべて申請書に書いてあることしかきかれませんでした。なお必要に応じて追加書類も要求されるようです。そして指紋の採取で終わりました。ビザは意外にも面接後30分で発行されました。
気付いたことは
人によって面接の所要時間はまったく違っていました。面接官は一人だけで進みは遅かったです。あるH1B(と思われる)申請者は出身大学がアメリカもしくはカナダでなかったため本国へ戻ってビザを申請するよう言われていました。大変気の毒です。審査は厳しくなっているように思えます。ビザに誤記がある人がいたのでその場での確認は必須と思います。写真は2インチX2インチのをアメリカで撮ると大概片側が欠けます。となりにいた申請者はそれでも受け付けてもらっていました。彼のDS156は手書きでしたがそれでもOKでした。
(2004/4/12(月)11:32)
masa東京-面接
Jビザ(初回)
24月7日8:15の予約で面接に行きました。2日前でも予約OKの状況でしたので、比較的すいているのかと思いましたが、7:50に着いたときには50人位の列になっていました。厳しいセキュリティチェックのためか、門をくぐるのに30分、建物に入るのに30分かかりました。天気が良かったので苦にはなりませんでしたが、寒い日はキツイと思います。防寒は十分に。子供は連れて来ないように指示されていますが、やむをえない方も多いのか、結構子供を見かけました。職員はフレンドリーな対応で子連れの方を優先していました。待合室で2時間待った後、名前を呼ばれ、15秒位の面接をして、仮審査をパスしたとの通知書を受け取って完了です。結局この待ち時間の間に審査をしていたのですね。11時頃には建物の外にかなりの行列ができていました。待合室は10時頃に満席になり、それ以降は立って待つことになります。研究対象に少々不安があったのですが、無事2日後に届きました。(2004/4/12(月)2:14)
MK大阪-面接
Jビザ(初回)
44月7日 AM9:00 大阪での面接
I-20はまだ届いていませんでしたが、1月30日に予約を取りました。
(この時点で約2ヵ月待ちでした)I-20は3月上旬に届きました。
書類はすべて自分で作成しましたが、DS−156を作成する際になかなか次の画面(Acrobat Reader)にならず、何度も繰り返してやっと完成しました。
私の見たところ、代理店で作成された方がほとんどだったと思います。
写真の背景が白色でない人が、撮り直しとなっていました。
当日は8時半ごろ到着しましたが、既に20人程並んでいました。
入管前、書類チェックとセキュリティチェックを受け中に入りました。
携帯電話、電子辞書なども中には持って入れないので、入り口預かりでした。
質問事項は「英語をこれからどのように生かすのか」と「お金が誰が払うのか」の2点でした。面接は1分程で終わりました。
ビザは4月10日(消印は8日でした)に届きました。
(2004/4/10(土)20:54)

Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]

[戻る]

ゆいぼーと(Free)
Fvote v2.04 arranged byFalcon World