[戻る]

ビザ取得状況(すべて)

日本時間2019/6/20(木)5:20現在、1069件の回答が登録されています。

Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]

投稿者取得場所・方法日数コメント
SA東京-面接
Hビザ(初回)
3J1からH1Bに切り替わって初めてのビザ申請。面接の1ヵ月半前にDS-160を準備したが、1ヶ月以上先の面接可能日がオープンになっておらず、結局、面接予約したのは1ヶ月前になってからだった。

朝8時30分の予約で当日は大使館に8時10分くらいに着いた。すでに門が開いていて、先に並んでいた人たちがセキュリティチェックを通って中に入っているところだった。そのため、ほとんど並ばずセキュリティを抜けることができた。大使館の中に入ると30人くらいが椅子に座っていた。

8時30分ちょっと過ぎくらいに窓口が開いて最初の人が指紋採取に呼ばれた。私は15〜20分くらい待たされて指紋採取に呼ばれた。以前は指紋を撮った後、面接までまた少し待たされた記憶があるが、今回は指紋を撮った人から順番に面接窓口の方に並び、指紋採取の後はほとんど待たされることなく面接を受けれるようになっていた。面接で聞かれたことは、「具体的にどんな研究をしているか」、「出身大学・大学院はどこか」、「今住んでいる町をどう思うか」の3つ(英語)。面接官はとても愛想のいいおばさんで、面接というか世間話みたいな感じだった。ビザは1週間くらいで届くと言われたが、3日で届いた(火曜の朝に面接、その週の金曜に届いた)。思った以上に早かった。(2014/5/10(土)14:00)
ちぇすかカナダ領事館-面接
その他
3O1visa、取得(1回目)の面接をトロントでしてきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月頃webにて、DS160を作成ののち、2月末の面接予約をとる。
宿は大使館からあるいて10分くらいのところを予約。

月曜日の10時に面接だったため、前日にトロント入り。
日曜日は行き方などを確認。
Googleなどで検索すると、
大使館は360 University Avenue Toronto, ON M5G 1S4
のアドレスが出るが、
実際面接をうける場所はは225 Simcoe Street, Toronto, Ontario, M5G 1S4。
(間違えたのか、当日の朝、走っている人が結構いた。)


当日、
9時50分くらいに到着、既に10人くらいの人が並んでいた。
パスポートと、DS160のconfirmationページ(バーコードがついているページ)を持って待機。
建物の中に入る前に、飲み物、携帯などの電子機器などを持っているかチェック。
(これらのものは一切持ち込めないので、近くのカフェなどにお金を払って預けに行かなくていけない。)

建物の中に入り荷物検査。空港と同様、靴は脱がない。
また列に並び、アポイントの確認をする。
パスポートと、DS160のconfirmationページ(バーコードがついているページ)を出してパスポートにシールが貼られ、それらの資料をファイルに入れられる。

次の部屋に進む。
最初の窓口では、先程のファイルとI797Aとを提出。
以前学生だったことの確認や、生年月日の確認。

2番目の窓口では指紋採取のみ。

3番目の窓口で面接。
私は不安だったため、下記の資料を持参した。
-アメリカで学生だった学校の卒業証明書。
-日本で取得するビザに関する学部の卒業証明書、成績証明書。
-最近の仕事
-収入が証明できるもの
-弁護士から受け取った資料全て
面接では、仕事内容を聞かれ、最近の仕事の資料を持っているか聞かれたので資料を提出。
その場でyour visa is approvedと言われ、passportの受け取り場所の確認。
フライトが金曜日だと言うと、水曜日に同じ場所(225 Simcoe Street)で受け取れるとのことだった。半券を受け取る。


水曜日、
3〜4時に受け取りとあったので、2時50分に到着。
既に5人くらいがならんでいた。
建物の中には入らず、外に面している右側の窓口で受け取る。
面接時に受け取った半券を渡し、パスポートを受け取った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


色々不安があったけれど、無事にビザをとることができて良かったです。
トロントはゆったりしていて、いいバケーションになりました。
(2014/3/5(水)0:46)
カナダ領事館-面接
Hビザ(初回)
10J1からH1Bへの切り替え申請
CANADAでの申請を希望し、いろいろ探しましたが、日程的にオタワしか予約できませんでした。
クリスマスシーズンになってしまい、予想以上にPickupに時間がかかりました。当初3−4日でのPickupを考えていましたが、10日かかりました。それ以外にもトラブルが多く、皆様の参考になるかと思い投稿します。

12/23月面接
面接ではEarly Next weekと言われました。
12/31 VISA認可しLoomisへ。
しかしトロントPick upとしたためさらに時間がかかりました。翌日は元日でHolidayのためLoomis休み。1月2日(10日目)に受取でした。
カナダは12月は25.26日ともにHolidayで休みです。Web上でのPickup目安はBusiness dayのようで当初の予想以上に時間がかかり、金銭的にも時間的にも大きな犠牲でした。Loomisの受取場所はVISAが発行されるまでは自由に変えられます。我々も当初ケベックでの受取を予定していましたが、あまりに待たされるので、トロントに変更してトロントで待ちました。
面接と受取が同じ場所ならば、承認後すぐに受け取れるので、そのほうが日程的にも一番早く、そうすればよかったと後悔しました。

白バックでないために、写真を撮り直しになってしまい、オタワの大使館から南に2ブロック行った左側のモール内で取り直しました。23ドルくらいかかり、ちゃんと白バックのものをデジカメで撮っておけばよかったと後悔しました。家族のほかの写真はデジカメで適当にとったものでしたが、OKでした。

小さい子供連れでしたが、食べ物飲み物、鞄は不可とのことでなにも持っていきませんでしたが、実際には持ってきているインド人がいました。うちの子供も朝食のパンを持ちながらそのまま入れました。中でかなり待たされるので、飲み物、アメなどのお菓子、本などの時間つぶしを小さめの女性用の鞄にいれていくのがいいと思います。待合室には英語の子供用の本は置いてあります。

面接待ちの間にほかに1組の日本人家族がいらっしゃいました。我々のVISAが出ないで待っている間に、精神的にかなりきつく、自分たちだけ遅れているのでは?といった不安に悩みました。お互いの状況を確認できるように同日面接の日本人のひとと、連絡先を交換しておけばよかったと、あとで思いました。みなさんも積極的にメールアドレスを聞いて、VISAが出たかどうかをお互い確認してはどうでしょうか?インド人は通常発行が遅れるという噂もあり、多国籍の人の情報は有用でないかもしれません。

面接前日に現地入りの予定としていましたが、行きの飛行機がSnow stormで遅れ、乗継便にのれず、空港で長時間待たされたりと大変でした。冬のカナダ、とくにHoliday seasonでの申請はこのようなさまざまなリスクがあるので、避けたほうがいいと思いました。それでも冬に申請する方は、現地入りも面接前々日にし、休みの週を避けて申請しほうがいいと思われます。

Organizeされていない情報で申し訳ないのですが、参考となれば幸いです。(2014/1/6(月)15:56)
飼い主Y東京-面接なし(郵送)
Hビザ(更新)
6H1bの更新。新規雇用主により新しいI-797が発行されましたが、郵送での申請には何ら問題ないとの大使館のコメントでした(ホームページ上のexact same kind of visaに限る、という記述が若干曖昧ですが、大使館に確認したところ、H1bである以上、雇用主が変わっても問題ないとのことです。それにしても大使館の電話/メール/チャットサービスは昔に比べ質が格段に向上しましたね)。

今回はビザの返信先を東京の知人宅に設定しました(実家は地方にあり、今回の一時帰国では訪問しない予定だったので)。時間もなかったので、こちらのサイトを参考に、Webで郵送更新の申し込み後、知人宅に届くであろうレターパックを無視して、無記名のレターパックをアメリカに郵送してもらい、日本到着後、空港の郵便局からすぐに投函しました。土曜日に羽田で投函したものが月曜の午前中に大使館に届き、知人宅にビザが返送されて来たのが金曜日。感謝祭の連休明けだったので長くかかるかなと思いましたが意外と早かったです。また、以前のように返信用のレターパックを同封しなくても良くなったとのことでしたが、ほんまかいなと心配したものの、なしでも大丈夫でした。

ということで、申請したレターパックに同封したものは、
1. パスポート(失効したものも含む全て)
2. DS-160 確認ページ(写真貼付)
3. I-797
4. 過去のビザ書類全て
5. 大学からの Appointment letter
6. 一時帰国時に大学が出してくれるレター
7. 直近2回分の給与明細 写し(念のため)
8. CV(念のため)

ちなみに、知人宅に返信希望する際、「○○様方」に当たる記述(「c/o Mr. xxxx」など) がないとエクスパックの郵送を拒否されます。この点は、大使館から指摘されて初めて気づきました(アメリカは名字が違っても届きますもんね〜)。

あと、I-94ってなくなったんですね。アメリカ入国の際、いつもならI-94に入るはずのスタンプと管理官による手書きの記述(一度この記述が間違っていて痛い目に遭ったことがあるので、入国の際は目を皿のようにして管理官の記述が正しいかどうか確認しましょう)はどうなるのかと思ってたら、あっさりビザページに記入して終了、でした。
(2013/12/18(水)5:55)
Lichtカナダ領事館-面接
Hビザ(更新)
7面接の5日前に予約。

面接で聞かれたのは「仕事は?」「アメリカに家族はいる?」の2つだけ。
せまい待ち合い室には赤ちゃんが転がっており、聞いていたほど厳しい雰囲気ではなかった。
審査官は皆にこやか、緊張していると「大丈夫だよ」と励ましてくださるほど。

その場で承認が知らされ安堵するも、聞いていた2日後までには何の連絡も来ず。
面接時に「またシステムが固まっちゃったよー」と数人の審査官がコンピュータと格闘していたので、情報処理が手間取っているのかとやきもきする。

結局、領事館から発送準備ができた知らせがきたのは3日後の夕方、受け取り可のステイタスに変わったのは4日目の夜だった。

5日目の朝一番にルーミスに引き取りに行った。(2013/10/24(木)17:48)
tomomi札幌-面接
Jビザ(初回)
7私のJ1ビザを申請しました。
この9月に学位取得予定で、受け入れ先が決まった段階ではまだ学位取得見込みの段階だったので、DS-2019申請のために5月に指導教官の許可を得て、学部で学位取得見込み証明書を発行してもらい、送りました。8月の頭に学位審査があり、学位審査の結果が出てから、その旨記載した文書を作成して再度受け入れ先に送るとすぐにDS-2019がFEDEXで送られてきました。おそらく、DS-2019自体は学位取得見込み証明書で発行されていて、受け入れ先の規定で、学位取得が確実になったのを確認してから私の手元に送られるということになっていたのだと思います。
DS-2019を受け取ったのが8月17日で、その日のうちにDS-160を作成し、8月29日の面接を予約しました。札幌面接では、事前に書類を送ることになっており、8月20日に書類送付用のエクスパックがエクスパックに入って送られてきたので、それに入れて返送しました。送った書類は、ウェブサイトに書かれていた、パスポートのコピー、面接予約確認書、DS-160確認ページ、写真と、補足書類として、オンラインバンクの残高が英語で記載されたもの(残高証明が間に合わなかったので)、受け入れ先からのオファーレター、学位見込み証明書のコピー、学位取得の要件を満たしたという旨の文書のコピー(DS-2019を送ってもらうときに提出したもの)を送っておきました。写真ですが、証明写真ボックスで「ビザ用」を選んで撮ったのですが、顔の位置が規定にあっていなかったので、もう一度撮りに行くはめになり、写真屋さんで撮った方がよかったと思いました。
面接当日は、パスポート、DS-2019、SEVIS I-901のほか、事前に送付した書類のコピーや写真も念のため持って行きました。札幌のアメリカ領事館は円山公園近くの住宅街にありますが、警備の方が前に立っているので、すぐにわかりました。入り口で荷物チェックがあり、液体の入ったペットボトルは廃棄させられます。面接は最初日本語で、英語は話せますか?と聞かれた後に、渡米の期間、目的、旅費は誰が出すのか、を英語で聞かれました。待合室と面接場所が分かれていないため、前の人たちのやりとりが全部聞こえるので、あまり緊張しませんでした(前の人は中国人で、中国語でやりとりをされていたのでわかりませんが、その前の人とは同じ質問でした)。
面接の1週間後、ビザを貼ったパスポート、DS-2019、補足書類として提出した書類がエクスパックで届きました。(2013/9/15(日)0:05)
nice peaceカナダ領事館-面接
Jビザ(更新)
3自分と妻(J-2)のみ。8月10日頃にDS-160のオンライン登録を済ませ、カナダのVISA serviceサイトでオンラインで登録料の支払い、面接予約。当初トロントで行うつもりでしたが、2ヶ月弱も先になってしまうのでオタワに変更。8/28に予約。(面接可能日の枠の確認は登録料(J1:160ドル)を支払わないと見れません。またDS-160の確認番号は面接予約確定後も変更可能なので、DS-160の入力に時間がかかりそうな場合は取り合えず臨時のDS-160を作成し、早めに予約をしてしまって後から入れ直すという方法もできます。)当日AM8:00が予約時間だったので10分前くらいに到着、車で行ったので領事館前のYork St.のパーキングに駐車しました。簡単なボディチェックを受けて領事館内へ。(バックなど手荷物は原則持ち込み不可とのことですが、小さなバックは持って中に入れている方もいました)書類・指紋の確認・居住地、何年滞在予定か、何をしているかを聞かれ2日後以降には書類が送付されるから(VISA serviceのサイトを)チェックするようにと言われ終了。窓口で提出したのはパスポート、DS-160の印刷した確認ページとDS-2019だけで、用意していたSEVISの領収書、婚姻証明、銀行の残高証明は提示しませんでした。すべて含めて約1時間半でした。翌日の18:30くらいに登録していたアドレスにお知らせメールが来て、しばらくしてからサイトのアカウント情報が「pick up可」となりました。その翌日8/29の朝に登録していたオタワ市内のLoomis expressのofficeに取りに行き更新完了しました。更新だからでしょうか、特にトラブルなく非常にあっさりできました。
ちなみに市内観光する方はレンタルバイク(Bixi)が市内の移動には便利で良かったですよ。(2013/9/1(日)13:06)
れっどそっくす東京-面接
その他
3J1、J2ビザの申請です.以前,J1,J2で申請したことがあり,今回は(更新ではなく)2度目の新規申請になりました.

まず先方よりDS-2019を取得,その際「今回2度目のJ1申請であること」を伝えました.DS到着後オンラインでDS-160作成.ビザ申請代金,SEVIS代金もクレジットカードで支払いを完了しました.

7月上旬 すぐにでも面接予約を取りたいと思ったのですが,最速でも8月中旬のお盆シーズンでした.なので8月13日午前8時30分に自分と妻の2人分の面接予約をしました.当日は午前8時すぎに大使館に到着.すでに30名程度の方が並んでいました.セキュリティーチェック,書類のチェックを受け、建物の中に入るまでの待ち時間は1時間程度でした.待合室では,最初に名前(番号)を呼ばれるまで30分程度かかりました。

記載されている書類以外では
・現所属先からの給料証明(英語で作成したもの)
・婚姻の証明として戸籍謄本(原本,英語訳は作成していきませんでしが特に何もいわれませんでした)

面接の内容は以下の通りでした.


最初左の窓口で番号を呼ばれ,指紋採取後,1枚の紙をもらい待っている間に目を通すように言われました.その後右端付近の窓口に呼ばれ(英語で)
・どこの都市(研究機関)に行くのか?
と聞かれました.今回のビザに関する質問はそれだけで,さらに
・以前のJ1ビザのときはアメリカのどこに行っていたのか?
・何をしに行っていたのか?
等,以前のビザについて質問を受けました.
最後に「子供はいるのか?」と聞かれました.
オフィサーとの面接自体は5分程度で終わりました.

面接を受けてからわずか3日後の8月16日にビザが配達されました.(2013/8/22(木)8:30)
のっち東京-面接
Hビザ(初回)
73/下旬 現地会社よりOffer Letterを取得
3/下旬 ビザ取得のためのプロセスを開始。移民弁護事務所のHPまたはメールで必要な情報を提出
4/上旬 雇用先弁護事務所よりI-129請願書をUSCISに申請
4/中旬 H-1B Capによる抽選結果発表
5/上旬 H-B許可通知(受領番号は受付番号EAC/WACと同じでした)
6/中旬 I-797B電子データによるコピー受領
6/下旬 I-797B原本をFedExで受領
6/下旬 オンラインでDS-160を作成(家族分が必要)
6/下旬 オンラインで面接手数料をクレジットカードにて支払い(家族分が必要。受領番号は全員同じ)
6/下旬 オンラインで面接予約。ちなみに不明な点は面接予約ページからUS Visa Service Deskにどんどん質問してください。私の場合12時間以内に必ず返信がありました。サービスデスクの方々に非常に親切かつ的確に回答してもらいました。
7/上旬 東京米国大使館にて面接。提出書類は、面接予約確認書、DS-160確認ページ、Offer Letter、I-129B、LCA、I-797B、英訳学位証明書、英訳成績証明書、最新の戸籍謄本とそれを自前で英訳したもの。質問内容は2つ。どこの場所で働くのか、今どこの会社で働いているのか。家族に対する質問などは一切なし。オンラインシステムの調子がよくないのか、面接は1分で終わったが、許可の紙をもらうのに5分ほど待たされた。対応してくれた領事は、たいへん無愛想でした。
7/中旬 1週間後に3通のレターパックプラスでパスポートと、797B原本を含む提出物を受領。


(2013/7/24(水)15:08)
デイジー東京-面接
Jビザ(更新)
3J1、J2ビザの更新(1回目)です。

ゴールデンウィーク明けの、2013年5月7日(火)午前10時に自分と妻の2人で面接の予約。午前9時過ぎに大使館に到着。セキュリティーチェック、書類のチェックを受け、建物の中に入るまでは非常にスムーズでした。かかった時間は10〜15分くらいだったでしょうか。しかし、待合室に行くと、待ってる人がけっこういました。結局、最初に名前(番号)を呼ばれるまで、1時間以上かかりました。

大使館のウェブサイトに記載されている必要書類以外に、以下2点の書類を用意。

1)米国の所属大学のインターナショナルオフィスからもらったレター
(自分がJプログラムの参加者として大学に正式に受け入れられていることを証明すると共に、ビザ更新のための関係者のサポートを要請する内容)

2)米国の所属大学の、自分が所属するデパートメントのオフィスからもらったレター
(現在きちんと雇用されており、給料が支払われていることを証明する内容)

面接の内容は以下の通り。

1)最初、一番左端の窓口に呼ばれました。日本人の係官から、ビザ取得者の権利(?)が説明されている1枚の紙をもらい、待ってる間に目を通しておいてくださいと言われました。

2)しばらく待ってから、次に、真ん中あたりの窓口に呼ばれ、指紋を採取されました。

3)それからまただいぶ待った後、最後に、真ん中あたりの窓口に呼ばれました。オフィサーから、英語で会話しても大丈夫かと聞かれ、大丈夫と答えました。その後の会話はすべて英語で行われました。オフィサーからの質問は、米国のどこに行くのか、その街が気に入ってるか、何を研究するのか、ポスドクとして研究に従事しているのか、あとどれくらいの期間米国に滞在する予定か、など、特に難しいものではありませんでした。

3)のオフィサーとの面接自体は10分ほどで終わり、例によって「あなたのビザ申請は許可されました」と書かれた紙を渡されました。大使館の中に入るまでは早かったのですが、その後の待ち時間が長かったです。結局、すべて終わって大使館の外に出たのは、お昼の12時頃でした。

面接を受けてからわずか3日後の5月10日(金)にビザが配達されてきました。
(2013/5/28(火)5:04)
るるカナダ領事館-面接
Jビザ(更新)
3オタワでJ-1とJ-2の更新をしてきました。
モントリオールでの更新を希望しておりましたが、予約が取れなかったので、ケベックも試みましたが、同様に空きがなく、少し遠くなりますが、オタワにしました。こちらでの予約は、10日後くらいから空いていたので、一番早い日で取りました。

5月9日(木)の朝9時45分が予約時間でしたので、前日の8日の午後1時半にボストンから車で出発。カナダ国境の手続きは、パスポートとDS2019を見せ、ビザの更新に行きますと伝えただけで、待つこともなく通過。途中休憩2回をはさみ、午後11時半にオタワのホテルに到着。
領事館へ歩いて10分ほどで行けて、なお駐車場が無料だったので、こちらのホテルを選びました。

9日(木)の9時には領事館に着き、ます外の入り口で、身体検査(といっても金属探知棒で全身チェックされただけ)、その後持ち物を出し(電子機器は持ち込み禁止)、空港での検査のように、ゲートをくぐり、入舘。入り口のドアに予約の30分以上前だと、一度戻ってもらうとも書いてありましたが、中で待つだけだから、お好きなようにと言われたので、そのまま入りました。
中に入ってみると、待合室のようなところに行く前に、持参書類を見せ、チェックしてもらい、OKをもらい、窓口1番に提出し、待つように言われました。この時点で、25〜30人くらいはいたと思いますが、家族で来ている人も多かったので、そんなに長くは感じなかったです。
中には、大型画面のTVが壁についていて、子供用の本、雑誌も置いてありました。
私どもは、1時間ほど待ちましたが(予約時間よりかなり早く入ったので、実際はそんなに待ってません)、はじめに呼ばれところで、指紋を取りました(窓口5だけ指紋を取れる機械があったようです)。5歳の子供は指紋はなしでした。その後5分くらいして、別の窓口2に呼ばれ、今と同じ場所での勤務かと聞かれ、それだけで、2〜3日後に出来上がりますと言われ、あっけなく終了。合計時間は、入ったのが9時10分くらい、出たのは10時10分でした。

この日もオタワに宿泊。翌10日(金)にモンテリオールへ移動。パスポートの受け取りは、モンテリオールにしてありましたので、その間少し観光しようと思ってました。金曜の夕方に領事館から書類が出発したと、メールが届きました。まだピックアップはできないとありましたし、週末もあるので、月曜日くらいだなーと思ってました。
月曜日には、受け取り可能となっていたので、AnjouのLoomisで受け取り。IDは夫の分しか聞かれませんでした。(私はMAの免許がないので、預けてあるパスポートしかなかったので心配していましたが、大丈夫でした)
見事、契約更新分の3年間入国ビザが出たので、ほっとした瞬間でした。

帰りは、アメリカ国境で車の列で、少し待ち、別の建物へ行くよういわれましたが、職員が電話で確認しただけで、私たちには、「はい、3人分終わったよ。気をつけて帰ってね」と、パスポートとDS2019を待っているところまで持ってきてもらい、終了。30分ほどかかりましたが、スムーズだったと思います。

オタワでは良いお天気に恵まれて、散策も楽しめ、食事もおいしかったです。
モントリオールでも、フレンチスタイルのパティスリーがとってもおいしく、またチャイナタウンも楽しめました。

こちらのサイトには、お世話になっていて、とても助かったので、今回の経験が他の方にも役に立てばと思い、投稿しました。


(2013/5/17(金)3:25)
Monカナダ領事館-面接
その他
10オタワでF1ビザの更新をしました。

国務省のサイトでビザ発行までの日数を調べたところ、モントリオールは10日、トロントとオタワは2日かかるとわかったのですが、トロントは週2回しか面接日がなく、オタワの方が選択肢が多いためオタワにしました。私は領事館窓口で、2日後にビザを出しますと言われましたが、出なかったため結果的にイースター休暇を挟む事になって、10日かかりました。

この時期(イースター)は避けた方がいいと思います。カナダの休日はDHLが休み、アメリカの休日は領事館が休みです。

オタワでは領事館まで徒歩圏内のNovotel Hotelで宿泊。ショッピングモール(フードコートあり)まで2分、領事館まで10分ほどです。火曜日、朝8時半の予約だったので、7時40分にホテルを出て7時50分着。建物の中で10数人並んでいました。バックパックできた人は、時計台の下のTim Hortons(Cafe)に荷物を預けるように言われていました。

10分ほど待ってから、順番に空港のようなセキュリティチェック。受付が2回。部屋に入ると60人くらい待っているので驚きました。受付2回目のときは窓口で番号札をもらいます。電光掲示板がないので、番号を呼ばれるのを注意して聞いておかなければなりません。

番号を呼ばれたら、窓口で指紋を両手指取られます。さらに待つように指示を受けます。

違う窓口で呼ばれて、面接。3分ほど。
質問
「研究分野は何か?」
「具体的にどういった内容の勉強をしているのか?」
「学業を終えたらどうするか?」
「学業を終えるまで何年かかるのか?」

大学院からのレターを見せたのみで、残高証明などは持参しましたが要求されませんでした。

このあとすぐに、「あなたのビザはアプルーブされました。木曜日にビザをピックアップして下さい」と言われて紙をもらいました。トータル所要時間は2時間ほどでした。私は長く感じました。その紙には、領事館の電話番号やビザの受け取りについてなど書かれています。

さて、木曜日の4時頃になっても領事館からピックアップ可能メールも来ないので、DHLへ電話。
Waybill number(tracking number)がわからないので、名前を言って調べてもらいましたが、「あなたのパッケージは、まだコンピューターのシステムに入力されていない。だから荷物は来ていない」とのこと。結局、木曜日はビザを受け取る事ができませんでした。金曜日はDHLがグッドフライデーで休み。月曜日はイースターマンデーで領事館が休み。火曜日に領事館へ電話しました。「まだあなたは(コンピューター)のシステムに入っていない。プロセスは、3日から5日かかるので、明日また電話して」水曜日も木曜日もこの調子でした。

領事館の電話番号は、もらった紙に書かれていますが、人間と話すには、

English>Non-immigrantを選んだあと、4番か5番を押して、一番最後に0番を
押したと思います。あやふやですみませんが書いておきます。

木曜日(10日目)は、電話口で「パスポートがないと動けないじゃない!」と叫んだところ、5時20分にメールが来ました。しかし、「まだピックアップできません」との注意書き。無視してタクシーに乗り込みDHLへ。DHLは6時に閉まります。
DHL
1740 Comstock Road, Ottawa ON K1B5L2

やっとビザが貼られたパスポートを手にする事ができました。身分証明書を忘れずに。このDHLは、人里離れた所にあるのでタクシーを待たせておく事をお勧めします。レンタカーなら問題ないでしょう。

この日は、CHIMO hotel Ottawaに泊まっていたので、DHLまでタクシーで7分ほど。往復で20ドルほどです。ダウンタウンからはかなり離れていますが、VIA鉄道オタワ駅から近く、ホテルのほぼ前、徒歩5分のところに大きなショッピングモールがあります。(フードコートあり)

翌日、アメリカへ帰りました。入国審査は何も問題ありませんでした。
当初5日滞在予定が10日になったため大変でした。無事、ビザの更新ができてよかったです。オタワでは、国会議事堂の無料ツアー(領事館から歩いて20分)や国立美術館(9ドル、領事館から徒歩20分)へ行き、土日はモントリオールへ鉄道で移動。(オンラインで50ドル、オタワから2時間)
ちょっと風変わりなカナダの旅となりました。



(2013/4/9(火)7:45)
KTA東京-面接
Hビザ(更新)
6H1Bの更新です.2012年9月に滞在延長が認められ,その後の初帰国のため,今回のビザ更新となりました.郵送によるビザ更新では日数が読みにくいため,面接を選択しました.

DS-160入力の際,素直に回答していくと,ビザ更新の場合は郵送手続きになってしまいます.郵送手続きをキャンセルして面接予約を取り直すために,電話相談を利用しました.

面接は2013/01/17(木)の8:45枠で予約(2012年11月はじめにこの枠が予約可能になった).夫婦二人分を同じ時間枠で予約しました.当日は8:30頃にセキュリティチェックの列に並びました.セキュリティを通過後,建物の入り口で簡単な書類チェックを受け,その後,1番窓口で再度書類のチェックがありました.面接には4組が同時に呼ばれました.質問は,「仕事の内容」,「何年アメリカに住んでいるか」と「子供の有無」でした.「子供はいない」と答えたところ,「なぜ?」と聞かれ回答に困りました...最後に面接の結果を知らされて終了です.面接時間は3分ほどでした.8:30に大使館入り口の列に並び,10:00にはすべてを終え,大使館の外に出ていました.

初回のH1Bビザ取得時に指紋をとられているためか,今回(更新時)には指紋採取はありませんでした.

提出書類は,
 パスポート,DS-160確認ページ,写真,I-797(原本),I-129,
 雇用証明,最近1年分の給与明細,米国内で勤務したすべての
 年の連邦納税証明(W-2と Form 1040),履歴書,面接確認書
その他,細かいものは,職場が準備してくれたI-129関連の書類一式
の中にありました.同時申請のため,妻の分として特別に準備した書類は,婚姻証明書(戸籍謄本に,自作翻訳文を添付)くらいです.

待ち時間中に他の方々の面接の様子を見ていると,面接でいろいろと聞かれている人は,一人ずつ窓口に呼ばれているように見えました.数人まとめて呼ばれた場合は,少し安心してよいかもしれません.

面接後にビザ発効の状況(郵送状況)を確認しようとしましたが,HPからはできず,もっぱらメールの自動回答サービスを利用しました.
1/18 Your passport is still with post.
1/20 Your passport is still with post.
1/21 Your passport is still with post.
1/22 The current status of your passport is Transit From Post.
1/23 夫婦二人分が,別々のレターパックで,同時に到着.
といった経過でした.提出した書類は,DS-160確認ページと写真以外は,そのまま返却されました.

今回は休暇を多めに取り,面接の2週間後にアメリカに再入国するスケジュールにしておきました.1週間ではギリギリ,最低でも10日間は欲しいところです.

以上,これからビザ申請をされる方の参考になれば幸いです.





(2013/2/2(土)8:56)
coco louis東京-面接
Hビザ(更新)
6H1Bの更新のApprovalをアメリカ国内で受け取り、11月後半に日本へ一時帰国し、東京で面接を受けてきました。

面接を予約は11/20の朝9時に取り、当日8時くらいには大使館に到着しました。既に並んでいる人がいました。セキュリティチェックなど全て済ませ面接会場に入ったのは8時30分位。そこからまず指紋を取れれるまでに待った時間はおよそ40分程。(整理券が最初に配布されますが、番号順に呼ばれません。)指紋を取り終わってから10分以内に4人ほどまとめて呼ばれ面接が開始されました。

質問内容は仕事のタイトルと、今回のH1Bは更新で間違いないかの2つのみの質問で、ビザが発給されました。

11月の3週目はアメリカ感謝際の為アメリカ大使館も休館なので注意が必要です。
私の場合調べた所、大使館がオープンした次の週月曜日26日にビザが郵送され、27日に自宅へ届きました。通常10日以内でビザは発給されているかと思いますが、面接からビザ発給までの間、大使館の休刊日にあたる場合、一時帰国してビザ面接を受けるかた帰国日には余裕を持ったほうがよいと思います。(2013/1/10(木)9:24)
Tobi東京-面接なし(郵送)
Jビザ(更新)
4Webで郵送更新の申し込み後、数日で実家にレターパック500が届きました。このレターパック500をアメリカに転送してもらい、成田到着後、空港の郵便局からすぐに投函しました。火曜の夕に成田で投函して土曜日に実家に更新済みのパスポートが届きました。パスポートのWeb追跡サービスなるものはついに発見できませんでしたが、電子メールによる追跡サービスを利用したところ、金曜の夜に'delivered to post'、土曜の夜に'transit from post'と返信が返ってきました。届いたレターパックには金曜の消印が押してありました。
レターパックに同封したものは、DropBox確認書、パスポート、写真、DS2019(過去の分もすべて)、SEVIS費用の領収書(I-797C)、職場からのアポイントメントレター、一時帰国時に職場が出してくれるレター、一ヶ月分の給料明細書、CVです。CVは前回面接更新時には用意しませんでしたが、面接時に「どのような研究をしているのか」と聞かれることを考えて、同封しておきました。また、家族の分には、パスポート・写真・DS2019の他、4年前にとった戸籍謄本とその英訳を同封しました。
面接に比べて、ほんとにうまくいくのかおっかなびっくりでしたが、とりあえず今回はなんの問題もなく4日で届いて、ほっとしました。(2012/12/19(水)14:07)
東京-面接
Jビザ(初回)
4初回のJ1申請
DS2019が届いて、面接は7日後に予約できました。
11/28面接 12/1に到着。4日で来ました。

(必要書類)
パスポート
ビザ申請用紙Form DS-160
写真一枚
DS-2019
SEVIS費確認書
面接予約票

窓口では以下のものはあるか?と言われた。
アメリカに滞在中の費用がどうやってまかなわれるかの証明となるもの。
銀行の残高証明書(英文) 我々は給料が出ないので、これは必要な気もしたが持っていくの忘れた。
婚姻の証明となるもの
(戸籍証明 和文を持って行ったが、目視で確認したのみ)

面接では給料の出所を聞かれました。

エクスパック 500 (EXPACK 500)を忘れたと思い、近くのローソンで買ったが、逆にこれはもう不要と言われた。

参考となれば幸いです。
(2012/12/7(金)13:35)
グリコ大阪-面接なし(郵送)
Hビザ(更新)
15H1ビザの更新についてです。
初めてH1ビザのスタンプをもらった時は、面接後一週間以内に返却されたため、
そういう日程を組んでいたんですが、結果的には二週間以上かかっての返却でした。
途中、メールやオンライン、電話での問い合わせが出来ますが、結局、いつ頃審査が終わるのか、全く情報が得られず、毎日イライラドキドキしていました。
10/3 日本帰国、その日の夜に郵送
(Dropboxは事前に請求、問題なく実家に届いていました)
10/9 大使館に到着したのを確認
(土日、休日が入ったので遅れた模様)
10/14 アメリカへのフライトをこの日にとっていたものの、
全くいつ終わるかわからず、10/23 に変更
10/19 4時過ぎ、チャットで問い合わせるも、審査中とのこと
10/20 家族全員のパスポートが届く。びっくり!
10/23 アメリカへ

メールでの問い合わせで、"The current status of your passport is derived to Post " というのは、大使館にパスポートが届きましたってことで、その後、返却される直前は、"the current status of your passport is in transit from post"になってました。

ちなみに
Meaning of tracker messages
"The current status of your passport is In Transit To Post." = Stanley is yet to deliver your passport to the Consulate. It is inbetween the Stanley location and Consulate.
"The current status of your passport is Delivered To Post." = Stanley has delivered your passport to the Consulate.
"The current status of your passport is Origination Scan." = US Consulate has filled in your Courier slip but is awaiting Courier Company to pick it / Courier Company is in the process of issuing an AWB/Reference code.
"The current status of your passport is In Transit From Post." = The passport with or without the visa is now being transported by courier to the pick up location that you specified at the time of creating the appointment. Please check the location of pickup on your US Consulate appointment invitation letter.
"The current status of your passport is Ready For Pickup." = It has arrived at the Pickup location. For some it may be the Facilitation Center.
"The current status of your passport is Picked Up." = You (or your authorized person) picked up the passport.

だそうですが、最後までパスポート追跡は出来ませんでした。



震災後、スタンプが発行されるのに時間がかかっているという話もあり、
今回のビザの更新は、色々余計な出費&日本滞在となってしまいました。


(2012/10/25(木)2:25)
はぼっく東京-面接
Jビザ(更新)
9J1ビザ更新にあたっての覚え書き
@DS-2019の更新(私の期限:2012/9末日)
DS-2019の期限が3ヶ月に迫ると、大学のインターナショナルセンターから期限が迫っているという通知が来る。
滞在延長をボスに願い出たのが期限の2ヶ月半前。
ちょうど更新を申し出た時期が夏休みシーズンに重なっていたこともあり、申請から2ヶ月以上かかって9月後半の期限ぎりぎりに新しいDS-2019を受け取った。
ちなみに、「参加する交流プログラムは同じ」ということで、新しいDS-2019のプログラムの番号(右上にある数字)と"Exchange Visitor Program Number"は同じ。

新しいDS-2019は大学のヒューマンリソースの方から手渡しで貰ったのだけれども、その際に職員としての滞在申請書(I-9)にも延長のサインをした。

Aビザ更新(私の期限:2012/10末日)
ビザ更新は初回申請と比べて簡単だ、と聞いてはいたけれど、よくよく調べてみると更新すなわち再申請なので、手間ひまは変わらない。
更新に必要なものは
・パスポート
・6ヶ月以内に撮影した写真(5x5cm)
・ビザ更新手数料
・新しいDS-2019
・DS-160(オンライン申請書)
・SEVIS費用の領収書

・DS-160
アメリカ大使館のサイトに行くとオンライン申請書のページがあるので、そこで書く。
20ページくらいあるのでけっこう根気がいる。
前回ビザ申請の際にプリントアウトしておいたものがあったので、それを参考に記入。
記入して提出すると、英数字バーコードの確認ページが出てくるので、それを印刷してとっておく(面接時に提出が必要)。

・SEVIS費用の領収書
初回にビザを申請する際に支払ったものだけれど、参加する1プログラムにつき1回の支払いでよいらしい。
つまり、今回は「同じプログラムに参加していて、その延長」なので新たに支払う必要はなかった。
ただ、念のため昨年払った際に貰った領収書(けっこう立派なでかい紙)も添付。

順番的にはDS-160を記入して提出→確認ページの番号を手に入れてから手数料の支払い(支払いの受付番号を控えておく)→面接予約。
10月中旬に東京のアメリカ大使館の面接予約を取ることができたので、それにあわせて航空券を往復で購入。

ちなみに面接を行わずに郵送でビザ更新を申請する方法もあるのだけれど、必要書類は「日本国内からでないと」送れないので、アメリカで働いていると現実的ではないかも。

念のための追加書類としては
・米国での留学プログラムの終了後に確実に帰国することを示す書類(1年前に申請した際に上司の先生に書いていただいた英文レターを添付)
・米国滞在期間の全学費および生活費を賄う十分な資金があることを証明する財政証明(アメリカの銀行口座の残高証明書を貰った)
・完全な履歴書(英文のCVを念のため提出)
・学校からの受入状(DS-2019の再申請の際にボスが大学上層部に提出したレターの原本)
を準備。
・こちらで書いた論文....はまだないので、ボスがグラントの更新のために提出したannual reportを念のため。

これらの書類+写真1枚をクリアファイルに入れて大使館面接に持って行く。
1年前にはビザ返信用のエクスパックも必要だったのだけれども、今回は必要なし(大使館のサイトから国内郵送先の入力をしておく)。

さて、大使館の面接は朝8時半からの予約で、30分前には行ったほうがいいということだったので8時に赤坂に到着。
携帯電話やら鍵やらUSBやら、金属製品を入り口で預けて大使館に入る。
その際に「呼び出し番号」を貰う。
1年の間に大使館の面接室もリニューアルされていたけれど、だいたいは前回と同じ。

1回めの呼び出しで必要書類の確認と指紋の採取。
2回めの呼び出しで面接。
面接は男性で、英語。
「研究内容は何か」「だれが給料を払うのか」の2点を聞かれ、「はいじゃあビザでますー。1週間後くらいに届きます」と言われて合計1時間で終了。

新しいビザが貼付けられたパスポートは面接のちょうど9日後にエクスパックで届いた。
地方で受け取ったので東京→地方の郵送にかかる時間も加味していたけれど、意外と順調にいった、という印象。

ちなみにまめ情報。
@上記のビザ申請のサイトでは「オンラインでビザの発行状態の追跡が可能」となっていたけれど、ついにそのページにはアクセスできず(同じ時期に申請した別の先生もそうだったらしい)。
A大使館の面接にはビシッとスーツで!!などと謳っているところもあるけれど、そんな人はほとんどいない。まあ過度にカジュアルすぎなければいいのでは。

復路の飛行機は余裕をみて2週間後に予約していたけれど、10日後だとけっこう落ち着かなかったかもしれず、2週間後くらいがちょうどよかったかもしれないです。(2012/10/24(水)22:48)
S.カナダ領事館-面接
Hビザ(更新)
4私は9月末にモントリオールでH1の更新をしました。最初の面接日は10月末だったのですが、毎日ログインして空きがないか探し、1ヶ月早い面接を偶然取ることができました。
準備した書類は以下の通り。
I-797
I-129と弁護士が準備したその関係書類
Confirmation page
Receipt for the process fee
Bank statement
Pay stabs
Old visa's I-797
Passport and expired passport

月曜にモントリオールに到着。空港の入国では目的を聞かれただけで終わり。滞在先からUS consulate までの行き方をチェックするために、一度行ってみる。ここが問題でバスには注意!これで本番は大変焦ることに。

当日火曜日、8時の予約なので、余裕を持ったつもりで出発、したはずが中々バスが来なくて焦る。でも15分前には到着しそうな感じだったが、なんかへん?こんなところ昨日は通らなかったけど…と急に気が付いて運転手に聞いてみたところ、何と行きすぎ!Montreal does lots of detour due to construction all over the city, so be careful when you take a bus! 運転手にどこで降りたいか伝えておけばよかった。おかげで5ブロックほど走って戻ることになったが、ちゃんと時間には間に合った。セキュリティーチェックはカバンを持ってる人は門前払いされていた。私は書類をクリアバインダーに閉じたものと、財布、待ち時間用に本を1冊、白いプラスチック袋に入れて持って行った。それから階段を降りて、エレベーターのあるところですでにきている人たちがいすに座って待っていた。ここでお勧めなのはなるべくエレベーターの近くに座って待つこと。ガードの人が来て皆をエレベーターに乗るように言うのだが、順番は関係なくなってしまうので先に乗った方がよい。なぜなら反対側のドアが開くので。そこで一列に並ぶように言われて、確認書とパスポートを見せ、名前のステッカーをパスポートに貼ってもらい、そのままの順で窓口に並ぶ。私はラッキーにも3番目で、ドキドキ待ってる間が短かったので良かった。最初のウィンドウではパスポートと確認書とI-797を見せて、仕事の説明と、会社は何をしてるのか聞かれただけですぐに6番窓口に並ぶように言われた。同じく3番目だったので、そんなに待たなくて、まずは指紋採取、10本全てとった後、何をしてるのか、これまで何ビザで滞在してたのか、何年ニューヨークの住んでるのかと聞かれ、そのあとあなたのビザを認可しました、と言われて終わり。前回東京でビザの更新をしたときは、とても待たされて、質問の時間も長く、ビザがおりたかどうかも教えてもらえなかったので、パスポートが戻ってくる10日間はとても不安だった。ここではあまりにあっさりと終わったので気が抜けてしまった。

それから3日後にパスポートがデリバリーサービスのLoomis expressに届く。土日はLoomisは休みなので金曜に取りに行けて良かった。モントリオールから一番近いのはAnjouというところにあるのだが、ここまでは車で行った。市内から25分くらいで着くので車がおすすめ。私のほかにもパスポートのピックアップに来てる女性がいて、彼女はバスと電車を乗り継いだそうで1時間くらいかかったそう。バスポートには新しいビザのスタンプがあって、I-797が挟んであったけどI-94はついたままだった。

日曜日にカナダを出国。行きは空路だったけど帰りは車。日曜のせいかそんなに混んでなくて、私のパスポートを見せて、隣の建物でI-94を受け取るように言わた。中に入るとどこに並べばいいのか分からず戸惑ったが、ただ椅子に座って待っていてと言われ それから10分くらいで呼ばれた。簡単な質問と写真を撮られ、右手4本だけの指紋採取でおわり。US6ドルを払ってパスポートを受け取る。
モントリオールは食べ物はおいしいし、人も親切、観光もできてとても良かったです。(2012/10/7(日)3:58)
Ronカナダ領事館-面接
Jビザ(更新)
3
2012年9月、在オタワ米国大使館で、面接によるJ1ビザ更新を行いました。

【準備】
日本での更新は旅費も時間もかかるので、カナダでの更新を選びました。
面接の予約をしようとしたところ、オタワ以外では1カ月半ほど先まで空きスロットがなかったのでオタワを選択しました(面接日程の決定は急ぎましょう)。

【カナダ入国】
面接の前日にトロント経由の飛行機で入国。I-94はとられず、大使館に提出したパスポートにもつけっぱなしでした。

【面接】
必要書類:パスポート、DS-2019、あらかじめWebで作成したDS-160の確認証
他には必要ありませんでした。ただし、DS-160に使った顔写真の背景が白でなかったため、歩いて行ける近所の写真屋さんを教えてもらい、写真を撮りました。20ドルほどの無駄な出費になります。

8時半の予約でした。電子機器は持ち込めないときいていたので、書類だけ持って行きました。書類を提出してから少し待ち、呼び出された窓口での面接では、大学ではなにしてるの?と聞かれて、少ししゃべったら指紋採取して完了。待合室にいるのは十数人で、待ち時間も短く、1時間くらいで終わり。


【待機】
ビザの発行までに要する時間は下記サイトで調べました。予約したときは 2 Days となっていたので、それに従って旅程を組みましたが、この日数は変動します。
http://travel.state.gov/visa/temp/wait/wait_4638.html

面接窓口では 5 Days などと言われたので、不安に思いながら通知メールを待ちました。
新しいビザが受け取り可能になったかどうかは、面接の予約をしたWebサイトでもチェックできます。
http://usvisa-info.com/en-CA/selfservice/ss_country_welcome

オタワはカナダの首都なので、国会議事堂があり、ツアーに参加できます。
街では英語とフランス語が半々、のどかです。レンタルサイクルのステーションがたくさんあります。

オタワからモントリオールまで、電車で行けます。所要時間は2時間、片道約60ドル。きちんと便を調べておけば日帰りもできます。


【受け取り】
火曜日の朝に面接、木曜日の夕方4時すぎに受け取りナンバーがメールで届き、その日の5時すぎに受け取りに行って新しいビザスタンプの貼ったパスポートを手に入れました。

ビザは大使館ではなく、運送会社の事務所で受け取りますが、2012年8月27日からオタワでは一か所のみの指定受け取り場所が変更になりました。以下にアナウンスがあります。
http://usvisa-info.com/en-CA/selfservice/ss_announcements

新しい受け取り場所は、前より街の中心に近い場所です。詳しい場所と営業時間は以下の通り。最寄りのバス停から歩いて20分ほどですが、車で行った方がよい場所です。
Loomis Express/DHL
1740 Comstock Road, K1B 5L2, Gloucester, ON
Hours: Mon - Fri (8am - 6pm), Saturday - Sunday (Closed)

以上です。
(2012/9/14(金)13:11)
Pinoko東京-面接
Jビザ(初回)
10東京でJ1ビザおよび家族二人のJ2ビザを申請しました。

当日は、8月末10時半からの予約で5分前に到着。
外では並んでおらずすぐに中に入れました。

中に入って最初に書類をチェックされたときに、夫婦であることを証明できるい書類はありますか?と言われ、持っていなかったので焦りましたが、領事の判断になりますと言われました。

その後、5分ほどで指紋を採取し、待つ事30分ほどで面接となりました。
英語でしたが、返答が遅いと片言の日本語でフォローしてくれました。
婚姻証明がなかった事と、妻のパスポートが旧姓であったことを突っ込まれましたが、パスポートに追記で名字変更してある事を記載してもらっていたので、次のページに書いてありますと言ったところ、あなたが自分で書いたんじゃないですよね?と冗談を言いながら、手続きが進みました。

あなたのビザは許可されました、と片言の日本語で言われ、説明の紙を渡されて終了しました。

小さい子供を連れていったので、少し優先してくれていた気もしましたが、もともと混んでいなかっただけかもしれません。

結局必要であった書類は、面接予約票、DS160のクレジット払いの確認番号、パスポート、DS160確認書、SEVIS feeの支払証明書、規定の写真、DS-2019、受け入れ先からのinvitation letter、戸籍証明とその英文訳という事になりますが、戸籍証明はなくても乗り切れました。ただ、持って行った方がいいと思います。

1週間で届くと言われましたが、結局10日程かかりました。(2012/9/12(水)21:57)
札幌-面接
Jビザ(初回)
7私のJ-1と、妻と子2人のJ-2を取得しました。
DS-2019発行には研究期間中の年収4万ドルを証明することが必要でした。
日本や米国の大学から給料をもらえないので日本の民間企業に収入証明を作成してもらいこれを米国の大学に提出したのが2012年3月26日です。何度か催促して、やっと7月3日にメールに添付されてきましたが、日付が間違っていたので修正を依頼し、正しいものが7月12日にフェデックスで届きました。
このあと苦労しながらDS-160をネット上で作成し、4人分のビザ申請料金と、自分1人分のSEVIS料金をいずれもクレジットカードで支払いました。
ネットで札幌の総領事館に面接を申し込みましたが、お盆のためか、直近の予約可能日が8月30日でした。
1週間前には、諸書類を簡易書留で送りました。ウェブサイトには必要な書類がたくさん書かれているので、厳重に何度も見直しました。現行残高証明や戸籍謄本(本籍地と離れて住んでいる人)などは日数がかかりますので、早め早めに取っておくことが重要だと思います。
8月30日の面接は、思ったより簡易的なもので、待合室には4-5人いて、待合室でガラス越しに領事さんと話をします。質問されたのは、行く大学のこと、家族は連れて行くのか、なぜ民間企業から給料をもらえるのか、日本の大学からは給料はもらわないのか等。面接が終わると、ビザが1-2週間程度で届くこととビザが届くまでは航空券は取らないようにと書かれた紙を渡されて終了でした。
ちなみに面接には13歳以上の家族は同伴です。私の前の人は却下されていましたが、奥さんを連れて来なかったのが理由のようでした。
また、面接時にパスポート持参です。
ちょうど1週間後の9月6日に、4人分のパスポートにビザが貼られて届きました。(2012/9/7(金)6:52)
なおカナダ領事館-面接
Jビザ(初回)
3 2012年7月に夫の仕事で家族全員でアメリカへ行くため、Jビザを取得しました。

 まず、私たちは日本人なので、申請場所が日本でないといけないのか、
とても悩み色々調べました。調べた結果わかったのは、カナダに居住して
いるのであれば、カナダのアメリカ大使館で申請ができる、ということでした。実際に窓口に赴いた際にも、カナダでの身分を証明するものを見せるよに
いわれ、永住権カードを提示しました。

 オンラインでビザ申請したのが6月で、面接場所は自分の住む都市に一番
近いカルガリーにしました。カルガリーは他の都市と比べると申請数自体が
少ないのか、面接日を選ぶサイトに行くと、次の日から面接日のスポットが
とれるような状態でした。

 私たちのビザ取得で少し特殊だったのは、長男がアメリカ国籍をもっている
ために、日本人としてはビザの申請ができなかったことです。
その代わりに、同じカルガリーの大使館でUSパスポートの申請を
しました。大変悩んだのが、パスポートの面接に次男や長女を同伴しても
よいのか、ということでした。このサイトの投稿に、ビザ申請の際同伴した
子どもがビザが必要ない場合、チャイルドケアに預けるようにいわれた、
という情報があったのですが、ビザ申請の場合は、カルガリーのルールでは
大人の申請者1人につき、申請者ではない子供を1人連れてきても良い、ということになっていました。
 しかし、パスポートに関してはかなり厳重な言葉で、待合室のスペースの
関係上、申請者本人と両親以外は、親戚も連れてきてはいけない、という
ことが書いてありました。しかし、パスポートの面接日をオンラインで
取った際、同伴者を書く欄が何人でも書き込めるようになっていたため、
とりあえず、次男や長女の名前を書き込みました。そして、ウェブページに
のっていた問い合わせ先に電話をしましたが、なぜか、電話をとった人は、
兄弟同伴に関して自分はわからない、というようなことをいい、はっきりと
した情報がもらえませんでした。
 そこで、結局長男のパスポート申請の日と我々残りの家族がビザ申請
する日をわざわざ別の日にして、パスポート申請の日には、下の子供
達は友人に預かってもらうことにしました。
 ところが、実際にパスポート申請当日に窓口の人に確認したところ、
申請者ではない子供をつれてきてもよかったことがわかりました。
それならば、電話した時にそう教えてくれればこんなに悩まなかったのに!
と思いました。 振り返って思うのは、カルガリーはそれほど申請者数が
多くないので、同伴者の数についても融通が利くのかな、ということです。
 
 もう一点、わかりづらかったのは、カナダのアメリカ大使館の
ウェブサイトのJ1ビザの情報をみると、J1ビザの申請者と家族のJ2ビザ
申請日が異なる場合家族関係を証明する書類を準備するように、とかかれて
います。
しかし、それとは別項目になっているJ2ビザ申請者の準備する書類、
という項目のところを見ると、そこには、J1ビザとの家族関係を証明する
書類が必要、と書かれていて、いったい、申請日が一緒ならそういった
書類を準備しなくてもいいのか、それとも、いずれにしても必要なのかと、
こちらが迷うような書き方になっています。私たちは家族として申請日を
同じ日にしていたのですが、大事をとって婚姻証明と、出生証明を高いお金
と手間隙をかけて日本のカナダ領事館に作ってもらいました。しかし、
結論からいうと、ビザ申請の際、提出を全く求められませんでしたので、
結局いらなかったのだと思います。

 最後に、ビザつきのパスポートが私たちの住む町のデポについてから
のことですが、夫のパスポートを私が代わりに取りにいってもよいのか
事前に確認しようと、デポに何度も電話しましたが、だれもとって
くれませんので、アメリカ領事館のウェブサイトで確認したところ、
代理人(私)でも、身分を証明するIDとwaybill number(荷物につけれられた番号。ウェブサイトで確認できます)と本人(この場合夫)のIDがあれば、ピックアップできると書いてありましたので、大事をとってそのページを
プリントアウトし、私1人でパスポートを取りにいきました。ところが、
案の定、「これがアメリカ大使館が私たちに指示してきている内容だ」と
いって、違う紙を提示され、そこには、成人のパスポートを代理人が
受け取る時には、本人が代理人に委託する、という一筆が必要、と書かれて
いました。
 いくら私が、プリントアウトしてきたアメリカ大使館の情報を
みせても、だんなさんに、一筆かいてもらってからもう一度くるように、
の一点張りで、まあ北米では良くあることなのですが、時間が勿体なかった
です。ただ、子供たちの分は一筆の必要はなく、私が受け取ることができま
した。ちなみに、waybill numberはいらない、といわれました。

 こうして振り返ると、私が悩んだ部分は、向こうが出してくる情報が統一
されていないせいで悩んだ部分が大きいです。振り返ってみると、実際に
必要だったものとそうでなかったものがわかりますが、本当に時間の無駄
なので、情報を統一させてほしいと強く思います。
準備にあれこれ逡巡はありましたが、カルガリーでのビザ面接や
発行プロセスそのものはスピーディーでしたし、係員もフレンドリーで
したので、お勧めです。ちなみに長男のパスポートも面接から1週間で
手元に届きました。
 この情報が皆様のお役にたてれば幸いです。 (2012/8/14(火)5:29)
こーしん東京-面接
Hビザ(初回)
8J-1からH-1Bへの変更でした。
J-1でビザ手続きに慣れたつもりになっていて、
今回は痛い出費となりましたので、
反省も込めて書きます。
また来年の7月あたりで面接される方の参考になればと思います。

-予約に関して
東京のアメリカ大使館予約は一ヶ月前から可能になります。
7月第一週は独立記念日もある為か、非移民ビザの業務はなし。
7月第二週(7/10の週)は6月初旬にほぼ埋まる。
移民局からの書類が7/12に届き、第三週7/20(金)の面接を予約。
この時点で時間枠は一つしか残っておらず、
この週の前半は2週間前くらい前からほぼ満席だった。

ここで誤算その壱。
飛行機の予約をした5月の段階で、
大学内の書類準備はさくっと終わるだろうと思い、
日本帰国7/9、7/10~11に面接、7/19に出国という予定を組む。
しかしI-129の提出が全然進まず、
その間に面接予定日の枠はあっさりと埋まる。
結局帰りの飛行機を7/26に延長し、変更手数料$250を支払う。
しかしここにも落とし穴が・・・


-面接日(7/20金曜日)
9:20位に列に並び出し、
10:00頃に入館。
指紋採取までに30-40分、
更に面接まで30-40分。
質問は研究は何をしている?、どういったポジション?
などの簡単な質問で終わる。
また面接終了時に、
ビザは認可されたが
パスポート返却は10日以内と言われ、焦りを覚える。
大使館を出たのは11:40。

当初は月曜日あたりに発給で、
火曜日には発送、
水曜日には受け取りとにらんでいたが、
オンラインページには情報は表示されず、
メール、電話での問い合わせでは「審査中」との事。
結局、水曜日夜の時点でも発送は確かめられず、
会えなく次の日夜の便は断念。
木曜日夕方にやっと発送の確認が出来、
$250の変更手数料で日曜日の便を予約。

今回の日程をまとめると
ビザ面接日7/20(金)
ビザ発給日7/25(水)
ビザ発送日7/26(木)
ビザ受取日7/27(金)
となります。

結果からすると、
2週間の待機時間は長すぎるかもしれないが、
最低1週間から余裕を見て10日は見た方がいいというところでしょうか。
計$500の出費は苦い勉強料となりました。


また新オンライン予約システムについて、
使った感想は、作りが若干雑というところ。
例えばUIDはなんぞやという説明とか、
請願者情報はI-797に出ている、などが表示されないので
使い出した当初、分かりづらかったです。
また、レターパックの追跡番号はオンラインでは確認できず、
コールセンターへの電話で分かりました。
今後、システムも改良されることを願うところです。

コールセンターは外国人と思われる方が日本語で対応してくれます。
非常に丁寧ですが細かいニュアンスが通じるかちょっと不安になる時も。
基本マニュアル対応ですが、オンラインシステムに出ない情報も
教えてくれます。
問い合わせの際には登録に使ったパスポートナンバーを聞かれるので、
ご用意下さい。

以上、長文失礼しました。
(2012/7/31(火)16:55)
masa大阪-面接
Jビザ(更新)
3現在システムの変更中だそうで、大阪の領事館のサイトに残っているビザ申請手続きは誤りがあります。
またリンクが切れていたりといった状況です。東京のサイトの情報を利用して下さい。
また本来更新は郵送だけでできるはずですが、サイトの不具合があるようで、面接の予約ページにしか進めませんでしたので、結局面接を受けて来ました。面接は全行程で一時間くらいで終わりました。
申請料金を払うPayeasyのレシート番号と言うのがくせ者で、料金を払う前に何やら番号をメモしろと言われる番号がそれです。郵便局で支払いましたが、伝票にはその入力すべき番号はのっていませんのでご注意を。またパスポート発送用のレターパックも不要になりました。(2012/7/29(日)15:03)
Nana大阪-面接
その他
37/9に大阪にてF1ビザ(初回)申請に行ってまいりました。代理店は使わず個人手配です。

14:00の予約で余裕を持って13:15につきましたが、既に30名ほど並んでいました。
15分くらい並んだのち、手荷物検査場までスムーズに通して頂き、そのあと、申請・面接と問題なく進みした。
面接では、留学先の大学、勉強内容、帰国後の予定程度しか聞かれず5分かからなかったように思います。窓口のかたもとてもフレンドリーで終始安心できました。
14:10には領事館を出ていました。

そして2日後の7/11にレターパックにて無事ビザが手元に届きました。
とっても早く届いたので、ビックリしました。大阪を選択して大正解でした☆(2012/7/11(水)12:13)
Poipu東京-面接
Hビザ(初回)
5私のH-1B、妻のH-4の取得で面接に行ってきました。ちなみに、前のビザはF-1 OPT STEM extentionで、1年強前に米国内でstatus 変更をしていました。用意した書類は、大使館のウェブのリンク先に書かれていたもので以下の通り。

本人分は、面接確認書, DS-160, パスポート(過去10年分), 写真1枚, I-797 form コピー(I-129 Approval Notice), 勤務先のオファーレター, 今年分の給与明細, 米国大学院在籍時の成績証明書(コピー), Diploma(コピー) ,雇用主からの職務内容説明レターおよび連絡先(コピー),過去全ての連邦納税証明(1040, W-2), 履歴書。この他、雇用主からの渡された書類として、I-129 petition form, Labor Condition Application Form, 過去に支払ったDHSへの小切手のコピー, I-20のコピーも提出。

配偶者分は、DS-160, パスポート, 婚姻証明書, I-539 formのコピー(F-2からのステータス変更のため), I-797 Approval Notice です。

なお、ビザ料金の支払いはクレジットカードで行ったため領収書は不要でした。

このところ、東京のビザ予約は空いており約1ヶ月前からの予約になっているようです。午前8時30分の面接を予約、8時に大使館につき、入り口の荷物検査で30分強待たされました。電気製品(携帯、PC,電子辞書など)は預けて番号札をもらいます。鍵やアナログ時計は持って入れました。食品は、捨てるか、誰でも取れる入り口の箱に置くしかありません。基本的に捨てるしかないということです。

敷地内に入ってからはほとんど並ぶ事なく、入り口の人が面接予約書や写真を簡単にチェックし整理番号札をくれました。建物に入ると、まず書類を提出し、続いて数十分後に指紋採取、さらに数十分後に面接でした。聞かれた内容は、1)仕事内容、2)最終学位と専攻分野、3)F-1ビザがあるがもう修了したか(ビザを無効として良いか), 4)子供は何人いるか、5)子供がビザを申請しない理由(答:米国市民のため)でほんの2分程度で終了。その場で「ビザがおります」と伝えられ、5日(3営業日)後にレターパック500にて2人分別々にビザが届きました。提出書類も、DS-160と写真を除いてそのまま返って来ました。(2012/6/27(水)17:49)
たろぼう札幌-面接
Jビザ(初回)
7数年前と比べても微妙に変わっているようなので、最新版として少しでもお役に立てればと思い投稿いたします。私J-1、家族3人がJ-2です。

DS2019:留学が決まりすぐに施設書式の書類を記載するなどして申請を開始。施設によると思いますが、自分はTOEFLの点数も聞かれました(TOEICでも可でした)。いろんな書類の依頼が来ますがすぐに返答するようにしました。結局2ヶ月弱で手元に届きました。DS160やSEVISの作成のためには、DS2019に記載の番号が必要になるので、書類ができたらまずはFAXしてくれるように頼んでおきました。それだけでも数日違うと思います。

DS160:以前はDS158などだったようですが、今ではDS160に統合されています。家族が多いと記載も面倒なので、当直などのときに記入できるところは記入しておきました。セーブできますので番号は控えておきましょう。J-1には中学校の学歴から記載が必要です。J-2は不要です。面倒な作業ですが難しくありません。注意して入力すれば問題ありません。

写真:写真屋で撮ってもらいました。背景や顔の割合など、要項が決まっていますのでご確認ください。日本語では50mm四方ですが、英語では2インチ=51mmなので、51mm角で用意しましたがさすがにそれはどうでも良かったです。ちなみに写真はDS160の左上に上下逆に貼るので注意。

SEVIS:J-1本人のみの一人分でOKです。検索すればサイトが引っかかりますのでクレジットカードで支払いました。

ビザ申請料支払い:人数分必要です。このサイトでみたほとんどの方はATMで支払っていますが、自分はポイントをつけたいがために敢えてクレジットカードで支払いました。カード番号を入れて送信、の作業が人数分必要です。ATMの場合は料金明細をDS160に貼るありますが、クレジットカードの場合はどうするのかどこにも書いていないので不安になりました。大使館にメールして確認し、番号を示せばOKとのことです。番号を記録し忘れると支払いがパァなので注意が必要です。印刷して、少し小さく切って私のDS160に貼りました。

面接予約:札幌は月2回ですが、約10日先の直近の枠を予約できました。予約表を印刷して送付します。

そのほかの書類:学位記、グラントの証明書、プログラム終了後は地元に戻る旨の雇用契約書、銀行の残高証明を入れました。生活できることの証明なので、数万ドルくらいはあった方がよいでしょうか?

書類の送付:札幌(福岡も?)は1週前に書類を送付する必要があります。上記の予約の時点でDS2019の現物が届いていなかったので焦りましたが、なんとか間に合いました。そんなに重要でないとは思いますが、書類をクリアファイルに入れる順番が決まっています。最後は面接予約表を裏に(外から見えるように)入れました。

面接:13歳以下は不要であるため上の子は小学校へ。スーツ着用で夫婦と赤子の3人で行きました。セキュリティを通過し、少し待った後に面接。指紋を採られ、行先、専門、プログラム終了後の予定など聞かれましたが、後半は雑談みたいな感じでした。DS2019があるということは身元が保証されているようなものなので心配ないと思います。前後に外国人がいましたが、1週前に書類を送付していないために追い返されていました。

当日はパスポート持参です。戸籍謄本を英訳しましたが、不要でした。まあ作っておいて損はないでしょう。今はレターパック500が不要になっています。結局、領事館で用意したと思われるレターパック500で面接からきっかり1週間でビザが届きました。(2012/6/12(火)19:25)
bunama東京-面接なし(郵送)
Jビザ(更新)
62012年4月以降、新しい料金・委託システムになってからの郵送による更新でした。WEB上で入力を進めていくと、最後にDrop Box確認書というものが発行され、アメリカ大使館から郵便局経由で封筒が自宅に送付され、そこに必要書類とパスポートをいれて送り返すと、アメリカ大使館からVISAの貼ってあるパスポートが送られてくる、というやり取り。WEB入力はアメリカにいる時点で進めていた。
しかし、日本に帰国後、一向に封筒が送られてこない。一週間待ったが、音沙汰なし。VISAのサービスセンターの日本語窓口に電話すると、中国系訛りの日本語を話す職員が出て、面白い日本語で「この件は上司に報告する」の一点張りでまったく会話として噛み合わない。あきらめて、またしばらく待つが、やはり封筒は送られてこない。日本滞在日数が残り10日をきる。
そこで、VISAサービスセンターの英語窓口に電話すると、各自でEXPACK500を用意してそれを直接東京在日アメリカ大使館に郵送してもよいとのこと。HP上のどこかにその情報は書いてあるかもしれないが、まったく不親切。
 EXPACK500に@パスポートADropBox確認書BDS-2019CDS-160の確認書D財政証明E写真5x5cm 1枚FVISA申請費用の領収書(カードで支払いをした人は領収書は出ない?)、もしくは払い込み確認番号と支払った日付のわかる書類 を入れて(もう返信用の封筒は入れなくてもいいらしい)郵便局より送付。土日を挟んで6日で届きました。皆さん、WEBに書いてある「封筒がおくられてくるので」の行はまったく信用できません。ちなみにあれから1ヶ月経ちますが、いまだに先方より封筒は送られてきていません。(2012/6/11(月)17:12)
大阪-面接
その他
4大阪にてF-1,F-2ビザ申請(初回)

9時予約で,10分前に到着。すでに列ができ ていました。
列に並んでセキュリティチェックの後,3階で 書類審査。

レターパック500を持ってきている人が結構 いましたが,
現在,公式HPには必要書類として挙げられてい ません(と思います)。 持って行かなかったので,並んでいる間やや不 安でしたが,
みなさん審査時に「必要ありません」と言われて返されていました。
F-2ビザ申請のために,戸籍謄本とその英訳も書類に入れていましたが,
書類を審査する人(日本人)に,「見ましたからOKです」と言われて返されました。
英訳部分は見ていないと思われます。

書類審査後は、2階にて指紋採取と面接。
面接官は,日本語はカタコトという感じですが,
ある程度は日本語で応対してくれました。
その後,英語で行き先の学校や現在の職業を尋ねられ,終了。
妻には何も質問されませんでした。

建物に入ってから,出てくるまで45分くらい。
全体的にスムーズに進んだので助かりました。

ただ,その後,パスポートの追跡をしようとしましたが,
HPでも,メールでもうまくできませんでした。
間違ってはないと思うのですが…これはよく分かりません。
結局,ビザ付きのパスポートは,面接から3日 後にレターパックで届きました。
HPのFAQでは,本人しか受領できず,家族の受領でもIDと委任状が必要という記載が ありますが, 特にID等は確認されずに受領できました。(2012/6/11(月)15:13)

Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36]

[戻る]

ゆいぼーと(Free)
Fvote v2.04 arranged byFalcon World