2017.08.15

The University of Michigan Medical Schoolポスドク募集

Postdoc Position in Neuroepigenetics

Postdoctoral position is available with the joint mentorship in the Sutton and Iwase laboratories, which combine expertise of synaptic plasticity and epigenetics, at the University of Michigan Medical School.

Sutton lab:https://www.umms.med.umich.edu/facultysearch/facultyPage.do?facUniqname=masutton
Iwase lab: https://www.brainchromatindynamics.com/

Candidate will be able to conduct discovery-oriented research in the unique collaborative environment. Candidate will be able to use electrophysiology, neuroimaging, mouse models, chromatin biochemistry, functional genomics/informatics to explore the roles of new epigenetic regulators in activity-dependent processes in the central nervous system. Our laboratories are closely linked with multiple basic and clinical programs within the departments of Molecular and Integrative Physiology and Human Genetics, and Molecular & Behavioral Neuroscience Institute.

This position will be supported by the PRISMS foundation (http://www.prisms.org/). The Salary range: $48,000 ~ $55,000 per year, plus a competitive benefits package and the opportunity to appoint and supervise one or more paid undergraduate to work on projects of your choice. The appointment of this position is at least 2 years. The University of Michigan Medical School is a largest biomedical research enterprise located in Ann Arbor, one of the safest and most educated cities of the United States (http://www.annarborusa.org/live-here/facts-rankings).

We are looking for highly-motivated individual who meets the qualification below
• Ph.D. in neurobiology/molecular and cell biology/bioinformatics or related discipline.
• Excellent oral and written communication skills
• Experiences in one or more of the following fields preferred, but not required: synaptic plasticity, genetics, epigenetics.

Qualified candidates are invited to send the following materials to masutton@umich.edu
or siwase@umich.edu
• Curriculum vitae
• Optional description of present and future scientific endeavors

*siwase@umich.edu では日本語でも対応できます。


投稿者:Shigeki Iwase (岩瀬茂樹)(siwase@umich.edu)

2017.08.14

アラバマ大学バーミンガム校 (UAB)ポスドク、テクニシャン募集

Interested in Cancer Stem Cell, Circulating Tumor Cell, or Cancer Therapeutic Development?

2015年10月にアラバマ大学バーミンガム校 (UAB)の中野研では新たにポスドクとテクニシャンを若干名募集しております。

テーマ:
intratumoral and intertumoral heterogeneity in brain cancer,
development of novel mechanistic concept for glioblastoma cellular hierarchy and plasticity,
therapeutic development for primary and metastatic brain cancers

脳腫瘍外科医のPI(Ichiro Nakano)と共同研究者が、手術で摘出する脳腫瘍手術サンプルから樹立した、癌幹細胞の培養系と動物モデルを主に用いて、メカニズム解析からの新たなコンセプトの樹立と治療法の同定と患者への適応を主なテーマとしています。

財源:
現在4つのNIH/R01 grantがあります。最も新しいものは3年以上残っています。

最近の業績:
当ラボからの仕事としては、Mao P et al., PNAS 2013; Kim et al., Cancer Research 2014; Cheng et al, Stem Cell Reports 2015; Kim et al, Cell Death & Diff 2015; Kim et al Stem Cell Reports 2015; Kim et al Cancer Cell 2016; Cheng et al, Cancer Res 2016; Wang et al, JCI 2017などがあります。

また当ラボの特徴として、共同研究として米国内、ヨーロッパ、日本、シンガポール、韓国、中国など計60を超えるプロジェクトが継続しています(臨床サンプルからのtranslational research)。チームに加わった方々は、興味のあるプロジェクトに随時参加できます。共同研究から生まれて来ている論文も近年多数ありますので、詳細はPubmedでご確認ください。

ラボの日々の様子について:
興味がある方は現在のラボメンバーの中で日本から参加しているポスドクのDr. Mutsuko Minata (mmtododon1@gmail.com)かテクニシャンのMs. Shinobu Yamaguchi (syamaguchi@uabmc.edu)に気軽にメールで訊いてみてください。

必要事項(ポスドク):
PhD or MD
First author paper in well-respected journals
情熱のある方でチームプレーができ、新しい概念や手技を吸収する意欲のある方
2通以上の推薦状
自らの予算を持ってこられる方にはco-corresponding authorになるチャンスがあります。

必要事項(テクニシャン):
ケースバイケースで判断します。

アプリケーション送付先:
ichiro@uab.edu

Principal Investigator:
Ichiro Nakano, MD, PhD
Professor,
Departments of Neurosurgery, Cell Developmental and Integrative Biology, Biochemistry and Molecular Genetics
Co-Director, Brain Tumor SPORE
Director, Office of Laboratory Research
Director, Patient Biospecimen Core
Co-Leader, Neuro-oncology Program
Comprehensive Cancer Center
University of Alabama at Birmingham

広がる景色の向こうを見て鍛錬に真摯に取り組む若手のかた、キャリアを我々のチームと一緒に作りましょう。待ってます!

Posted by Ichiro Nakano(inakano@uabmc.edu)

2017.08.13

Dana-Farber Cancer Institute, Brigham and Women's Hospital, Harvard T.H. Chan School of Public Health, Harvard Medical School研究員募集

研究室員を募集させていただきます。(日本語版は下にあります)

Research positions available (computational biologist, bioinformatician, pathologist, anatomic pathologist, diagnostic pathologist, other experts can be considered)

I am seeking candidates for research positions (pathologist, computational biologist, and/or bioinformatician) in my laboratory at Dana-Farber Cancer Institute (DFCI), Brigham and Women's Hospital (BWH), the Broad Institute of MIT and Harvard, Harvard T.H. Chan School of Public Health, and Harvard Medical School, in Boston, MA, USA. Salary can be offered if a candidate has specific skills and expertise (such as Pathology, Computational Biology, and Bioinformatics). A position may be a bioinformatic analyst, postdoctoral fellow, or research scientist. A new lab member will be affiliated with Program in MPE Molecular Pathological Epidemiology at BWH. A new computational biologist/bioinformatician will also be affiliated with Broad Institute of MIT and Harvard. Candidates in other areas can be considered; other areas include epidemiology, biostatistics, molecular biology, immunology, microbiology, and clinical medicine. Candidates with funding support will be highly consi!
dered, but candidates without funding will also be considered.

My laboratory is The "Molecular Pathological Epidemiology" (MPE) Laboratory, which is a very unique, interdisciplinary multi-institutional laboratory. I have been selected to receive 7-year funding of the Outstanding Investigator Award (OIA) from NIH/NCI (2015-2022; http://grantome.com/grant/NIH/R35-CA197735-01). I established an integrative science of MPE (Ogino et al. J Natl Cancer Inst 2010; Ogino et al. Nat Rev Clin Oncol 2011; Field et al. JAMA 2013; etc), and have been making the history of MPE. I have been organizing the International MPE Meeting Series (www.mpemeeting.org). My MPE lab has been working on not only colorectal cancer, pancreatic cancer, and gastrointestinal neuroendocrine tumors, but also methods that can be used in many different areas. We have been working on “immune-MPE”, “pharmaco-MPE”, MPE method development, and integration of MPE and other areas such as causal inference, health communication, and comparative effec!
tiveness research. We have been utilizing resources of the Nurses' Health Study (following 121,700 women since 1976), the Health Professionals Follow-up Study (following 51,500 men since 1986), GECCO (Genetics and Epidemiology of Colorectal Cancer Consortium), Alliance trials, and other resources. For more information, please visit these links.
http://ogino-mpe-lab.dana-farber.org/
http://www.hsph.harvard.edu/faculty/shuji-ogino/
www.mpemeeting.org

Please email me (shuji_ogino@dfci.harvard.edu) your CV or any inquiry. Please pass this information to anyone who may be interested. Please note that I may not reply to all inquiries.

Selected original publications:

X Liao et al. NEJM 2012; R Nishihara et al. NEJM 2013; AT Chan et al. NEJM 2007; E Barry et al. Nature 2013; R Straussman et al. Nature 2012; M Giannakis et al. Nat Genet 2014; R Nishihara et al. JAMA 2013; T Morikawa et al. JAMA 2011; AT Chan et al. JAMA 2009; K Nosho et al. Gastroenterology 2009; K Nosho et al. J Pathol 2010; S Fink et al. Sci Transl Med 2014; ZR Qian et al. J Clin Oncol 2013; A Kostic et al. Genome Res 2012; M Song et al. JNCI 2015; K Inamura et al. JNCI 2014; P Lochhead et al. JNCI 2013; S Ogino et al. JNCI 2013; A Kuchiba et al. JNCI 2012; M Song et al. Gut 2016; M Yamauchi et al. Gut 2012; K Mima et al. Cancer Immunol Res 2015; K Mima et al. JAMA Oncol 2015; K Inamura et al. JNCI 2016; K Mima et al. Gut 2016; M Song et al. JAMA Oncol 2016; R Mehta et al. JAMA Oncol 2017; T Hamada et al. J Clin Oncol 2017; M Giannakis et al. Cell Reports 2016, etc.


研究室員の募集

ボストンにある私のThe Molecular Pathological Epidemiology (MPE) Laboratory分子病理疫学研究室で研究室員(computational biologist, bioinformatician, pathologist, anatomic pathologist, diagnostic pathologist あるいは他の分野)を募集しています。私のMPE研究室は中心はDana-Farber Cancer Instituteに位置しながらハーバード大学関連のいくつかの施設(Dana-Farber Cancer Institute, Brigham and Women's Hospital, the Broad Institute of MIT and Harvard, Harvard T.H. Chan School of Public Health, and Harvard Medical School)にまたがって存在し、機能しています(従来のラボの概念を超越しています)。私は日本人で現在唯一のNCI R35 Outstanding Investigator Award (OIA) Grant 保持者のようです(http://grantome.com/grant/NIH/R35-CA197735-01)。ポジションとしては常任研究員、ポスドクのいずれかが可能で、Program in MPE Molecular Pathological Epidemiology (Brigham and Women’s Hospital)にも属することになります。経験、能力(特にPathology, Co!
mputational biology/bioinformaticsの能力)に応じて、自前のグラントなしでも給与のサポートすることも可能です。自前のグラント(フェローシップ等)サポートがありますと、ポジションをオファーする可能性が高まります。Computational biologist/bioinformaticianの方はThe Broad Institute of MIT and Harvardにも所属して頂きます。その他、Epidemiology、Biostatistics、Molecular Biology、Immunology, Microbiology, 臨床医学のbackgroundを持つ方も考慮しており、得意な分野・経験を生かしていただきます。プロジェクトは大腸癌、膵臓癌、消化器内分泌腫瘍のMolecular Pathological Epidemiology (MPE、分子病理疫学)、Immuno-MPE(免疫分子病理疫学)、Pharmaco-MPE (薬理分子病理疫学)、 病気を限定しないMPE解析手法の開発、あるいはMPEと他の分野とのあらたな統合分野の設立と多岐にわたります。ラボメンバーのCareer Developmentのサポートも充実しています(このリンクをご覧ください http://uja-info.org/findingourway/post/148!
4/)。私の指導のもとで、人にもよりますが、2年間の研究痢
�嘘悗如����圓任�茲州押���ぢ本の高質の論文を出していますし、Co-First Authorship をとれることが多いです。これまでの2年間いたポスドクの最高記録は8本の筆頭著者論文です(Co-first author論文をいれると15本を超えるでしょうか)。

MPEは私が創造した学問分野で、その名が示すとおり、分子病理学と疫学の統合という新しい学問分野です(S Ogino et al. JNCI 2010; S Ogino et al. Nat Rev Clin Oncol 2011; A Field et al. JAMA 2013; etc)。私は2016年5月に第3回国際分子病理疫学学会を主催し、成功させ、すでに第4回国際分子病理疫学学会を2018年5月に計画中です(www.mpemeeting.org)。このように分子病理疫学の歴史を作っています。

私のラボでは大規模な前向き疫学コホートを使って大腸癌と膵臓癌の様々な分子異常の疫学的病因を研究しています。ハーバード大学公衆衛生大学院とBrigham and Women’s Hospitalではこれまで当初は健康な12万人の女性を40年(Nurses' Health Study、http://www.channing.harvard.edu/nhs/)、5万人の男性を30年(Health Professionals Follow-up Study、http://www.hsph.harvard.edu/hpfs/)追跡して、病気の発生を疫学的に研究してきました。他にも様々なコホート、トライアル(Alliance Trials)、コンソーシアム(GECCO)あるいはデータベースを駆使して研究を進めています。我々のMPE Researchの強みは最近のさまざまな論文で示されています(上に主要な論文を列挙しました)。分子病理疫学と私の研究室についてはこれらのサイトをご覧ください。
http://ogino-mpe-lab.dana-farber.org/
http://www.hsph.harvard.edu/faculty/shuji-ogino/
www.mpemeeting.org

興味のある方は(shuji_ogino@dfci.harvard.edu)宛てにCVをつけて直接連絡をお願いします。興味のありそうな人をご存知の方は、この情報をパスして頂きますと幸いです。お問い合わせや応募が多い場合は返答しきれないことがありますが、ご容赦ください。

荻野周史
Shuji Ogino, MD, PhD, MS
NCI R35 (Outstanding Investigator Award)-funded Investigator
Chief, Program in MPE Molecular Pathological Epidemiology
Brigham and Women’s Hospital
Professor of Pathology and Epidemiology
Harvard Medical School
Brigham and Women’s Hospital
Dana-Farber Cancer Institute
Harvard T.H. Chan School of Public Health


投稿者:荻野周史(sogi43@gmail.com)

2017.07.22

UPR9022 フランス国立科学研究所(CNRS)・細胞分子生物学研究所(IBMC)ポスドク募集

Centre National de la Recherche Scientifique (CNRS) UPR9022
Institut de Biologie Moléculaire et Cellulaire (IBMC)
Université de Strasbourg, France

Post-doctoral position

STING-mediated antiviral immunity in Drosophila

A three-year post-doctoral position funded by ANR is available in the antiviral immunity group (Pr. Jean-Luc Imler) at Institut de Biologie Moléculaire et Cellulaire (IBMC) in Strasbourg France (http://ibmc ridi.cnrs.fr/en/research-groups/antiviral-immunity/). Project aims at understanding the structure and characterizing functionally the homologue of STING in Drosophila in the context of antiviral immunity.

The position will be available from January 2018.

We are looking for motivated and ambitious candidates with strong expertise at least one of the following disciplines: molecular biology, cell fractionation, protein analysis and drosophila genetics.

Previous experience in the field of virology and/or innate immunity is not
absolutely required but will be an advantage. The selected applicant will join a
multinational team composed of fifteen people, hosted by the Institut de Biologie
Moléculaire et Cellulaire (CNRS) on the central campus of the University of
Strasbourg. Enquiries/applications should be made by e-mail in the form of a letter of motivation, CV and the names and addresses of two references to Aude Petri (a.petri@ibmc-cnrs.unistra.fr).


投稿者:Akira TAJIMA-GOTO(a.goto@ibmc-cnrs.unistra.fr)

2017.07.21

ニューヨーク:アルバートアインシュタイン医科大学 ポスドク募集

アルバートアインシュタイン医科大学 Department of Molecular Pharmacology/Endocrinology & Diabetes において、博士研究員(ポスドク)を募集いたします。当研究室は、Michael F. Price Center for Genetic and Translational Medicine において、2018年4月より開始する予定でおります。

Shinoda Lab(PI 篠田幸作) では、脂肪細胞の分化・発生のネットワークを単一細胞レベルで解明し、得られた知見を、肥満・メタボリックシンドローム・2型糖尿病の新規治療法へと発展させます。詳細は下記のリンクをご覧ください。

設備、共同研究、生活など素晴らしく恵まれた環境の中で、海外での研究に挑戦したい意欲の高い方の応募をお待ちしています。日本語もしくは英文でご応募ください。

採用時期:2018年4月から 任期:2 年 ~

応募人数:2人

待遇:米国NIHおよび大学の規定による 。初年度は年俸520万円程度。医療保険、ビザのサポートも致します。

応募資格:上記の研究に興味のある PhD and/or MD取得者、あるいは着任までに取得見込みの方。 特に下記の手法のいずれか1つに明るい方を希望します。脂肪細胞を取り扱った経験が無くても問題ありません。
(1)フローサイトメトリー
(2)プロティンキナーゼ、プロテアーゼの生化学
(3)ゲノムワイドな遺伝子発現、エピジェネティクスデータ解析

応募書類: 1) 履歴書 2)これまでの研究の概要と本研究への興味・意欲 3) 推薦者2名以上の連絡先

リンク:
Einstein-Mount Sinai Diabetes Research Center: http://www.einstein.yu.edu/centers/diabetes-research/
Price Center for Genetic and Translational Medicine: http://www.einstein.yu.edu/about/price-center.asp

最近の論文:
1. Altshuler-Keylin, S., Shinoda, K., et al. Cell Metabolism 2016
2. Shinoda, K., et al. Nature Medicine 2015
3. Shinoda, K., et al. Cell Metabolism 2015
4. Shinoda, K., et al. Nature 2013
5. Sharp, L.Z., Shinoda, K., et al. PLoS One 2012 (Top 1% Most Cited Article)

送付先:
Kosaku Shinoda, Ph.D.
kshinoda@diabetes.ucsf.edu
TEL: 415-601-8249

投稿者:篠田幸作(kshinoda@diabetes.ucsf.edu)

2017.07.08

筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構 柳沢・船戸研究室では任期付研究員募集

1.職名・人数 研究員(特定基本年俸職員) 1名

2.職務内容
 睡眠覚醒の分子機構解明を目指した、生化学的および生理学的研究業務

3.待遇・任期
 年俸制(本学規定に基づく基本年俸表を適用)研究実績、経歴等を考慮し決定
 単年度任期制(予算状況および勤務成績等により3年まで更新の可能性あり)
 通勤手当支給、文部科学省共済組合加入、雇用保険加入。
 その他、休暇等の労働条件は本学就業規則の定めによります。

4.応募資格
 ①医学系、生物学系等関連分野の学位(博士)を有すること。
 ②睡眠研究もしくは医学生物学分野での優れた研究業績を有すること。

5.採用予定日 平成29年11月1日以降のできるだけ早い時期。相談に応じます。

6.提出書類
 1)履歴書(写真貼付、E-mailアドレス記載、様式任意)1部
 2)研究業績リスト1部
 3)これまでの研究の要約(A4)1枚
 4)応募理由と今後の抱負(A4)1枚
 5)問合せのできる推薦者2名の氏名及び連絡先

7.応募期限 平成29年9月29日(金) 郵送またはメール添付にて必着。
 *ただし、適任者が決定した場合は、締め切り前でも募集を終了することがあります。

8.提出先
 〒305-8575 茨城県つくば市天王台1-1-1
 筑波大学・国際統合睡眠医科学研究機構・総務企画係
 (E-mail: iiis@un.tsukuba.ac.jp)
 提出いただいた書類は返却致しません。

6.選考方法
 書類選考および面接(原則として、面接の旅費は支給しません)
 書類選考結果については、合否に関わらず書類提出後2週間以内にメールで通知します。
 面接時にセミナーを予定しています。海外在住者はスカイプ面接を行います。
 応募のあった方から面接を行い、採用が決まり次第、募集を終了することがあります。

7.問い合わせ先
 筑波大学・国際統合睡眠医科学研究機構・
 柳沢・船戸研究室  船戸 弘正
 E-mail: funato.hiromasa.km@u.tsukuba.ac.jp


投稿者:佐藤 真紀(iiis@un.tsukuba.ac.jp)

2017.07.07

Case Western Reserve University Postdoctral Position

Postdoctoral position in Pharmacology, Biochemistry and Biomedical Sciences at Case Western Reserve University

We are interested in a fundamental question in cell biology: how do our cells defend the integrity of our DNA? This is related to many human diseases such as cancer, premature aging, neurodegeneration, etc. Further, signaling pathways responding to and repairing DNA damage hold the promise of being developed into effective therapeutic strategies, for instance, in cancer treatment.

We use pharmacological, biochemical, structural and genetic tools to understand molecular mechanisms underlying the DNA damage response, and their implications in the pathogenesis of human diseases including cancer and abnormal aging. We are also interested in translating that knowledge into therapeutic strategies towards cancers. (http://pharmacology.case.edu/department/Faculty/Primary/Labs/Zhang/Default.aspx)

Self-motivated individuals who have a PhD degree are encouraged to apply. Strong background in biochemistry (Western blotting, immunofluorescence, immunoprecipitation, etc) and molecular (PCR, cloning and vector generation) and cellular (cell culture, transfection, and so on) biology is required.

Interested applicants should forward their CV and a list of three references through email to:
Dr. Youwei Zhang, Ph.D.
yxz169@case.edu
Department of Pharmacology, Case Comprehensive Cancer Center, Case Western Reserve University, in Cleveland, Ohio, USA.


Posted by Youwei Zhang(yxz169@case.edu)

2017.07.06

Cedars-Sinai Medical Center ポスドク募集

グラント獲得に伴い、カルフォルニア州ロサンゼルス、Cedars-Sinai Medical Center, Renal Pathology, 山下Labでは意欲のある研究員をもう一人募集しています。
当研究室では、糸球体腎炎の発病メカニズム、特にTLRなどInnate immunityの半月体形成性糸球体腎炎における役割について、cell culture, animal model, そしてヒトの腎生検組織を用いて調べています。
また、これに加えて、mitochondrial injury, inflammasomes, そしてACEの腎炎への影響についても調べています。

参考文献:
Epidermal growth factor receptor is essential for Toll-like receptor 3 signaling. Sci Signal. 2012 Jul 17; 5(233):ra50.
TRIF-independent branch of TLR3 signaling. J Immunol. 2012 Mar 15; 188(6):2825-33.
Antiviral innate immunity disturbs podocyte cell function. J Innate Immun. 2013; 5(3):231-41.

昨年からDr. Moshe Arditiのもと山下Labを立ち上げています。非常にsupportiveな大ボスの下でのラボ立ち上げで、機材も揃っており、スムーズにことが運んでいます。大ボスのもとには現在21人が働いており、私も含めて5人の日本人研究者が在籍しています。みなさん非常に協力的で環境の変化にも適応しやすいかと思います。
Cedars-Sinai Medical Centerはビバリーヒルズにある、およそ900床の病院でそれに併設している研究所では活発にtranslational researchが行われております。ロサンゼルスは気候もよく、日本の食材も簡単に手に入り、また日本人も多いため、他の州に比べて非常に快適な生活が送れると思います。私が所属するRenal Pathologyは腎生検標本年間3600例を有するアメリカ西海岸最大の施設です。

https://www.cedars-sinai.edu/Bios---Physician/Pathology-Bios/Michifumi-Yamashita-MD-PhD-FASN.aspx
https://www.cedars-sinai.edu/Research/Research-Labs/Arditi-Lab/

研究テーマ: TLRなどInnate immunityの糸球体腎炎における役割
糸球体腎炎でのInflammasomesの役割ならびにmitochondrial injuryについて
Angiotensin II非依存的なACEの腎炎での作用
応募資格:Cloning, cell culture, animal experiment, 免疫染色、これらの中で何か一つでも得意なものを有し、腎疾患に興味のある方(糸球体や尿細管間質を問わず)を歓迎します。
応募方法:とりあえずは、気軽に下記のメールアドレスまで連絡をください。
給与:Cedars-Sinai Medical Centerの内規に沿ったものとなります。
詳細についての質問はメールで聞いてください。
山下倫史
Michifumi Yamashita, MD, PhD, FASN
Assistant Professor
Department of Pathology & Laboratory Medicine
Cedars-Sinai Medical Center
8700 Beverly Blvd. PACT 500
Los Angeles, CA 90048
Email: Michifumi.Yamashita@cshs.org
michifumiyamashita@gmail.com


投稿者:山下倫史(Michifumi.Yamashita@cshs.org)

2017.07.05

国立循環器病研究センター 研究所 分子生理部 室長・上級研究員・博士研究員・大学院生 募集

国立循環器病研究センター 研究所 分子生理部(大阪府吹田市)
室長・上級研究員・博士研究員・大学院生 募集

URL
[Homepage]http://www.ncvc.go.jp/res/divisions/molecular_physiology/index.html
[Facebook]https://www.facebook.com/ncvc.molecular.physiology

研究内容
私たちの研究室では,心臓と血管系の発生・形態形成機構の研究,特に転写調節因子やシグナル伝達分子のノックアウトマウス解析や分子生物学的手法を用いた研究を行っています. 国立循環器病研究センター(国循)は循環器疾患・先天性心疾患・脳血管疾患の研究と先端医療を行うナショナルセンターであり,研究予算・実験設備が充実しています.

応募資格
常勤スタッフ(室長・上級研究員)および博士研究員: 医歯薬・生物・化学系の大学院卒もしくは医学部卒
大学院生(修士・博士課程): 医歯薬・生物・化学系の大学(学部もしくは修士課程)卒

選考方法
室長・上級研究員(任期3-5年・更新あり)は公募形式により選考されますが,事前に見学・相談等を行っていただくことができます. 博士研究員は国循の「流動研究員(任期3年,科研費応募資格あり)」として,大学院生は大阪大学・奈良県立医科大学・立命館大学などの連携大学院修士・博士課程入学試験によって選考します. まずはE-mailにて気軽にご連絡いただき,その上で選考方式や必要書類等をお問い合わせください.

着任時期
室長・上級研究員: 随時、博士研究員・大学院生: 2018年4月1日(応相談)

お問い合わせ締切
2017年7月30日. ただし適任者の有無により終了もしくは延長します.お早めにお問い合わせください.

連絡先
部長 中川 修(事務取扱 遠藤一代)
E-mail: molecular.physiology@ncvc.go.jp


投稿者:中川修(molecular.physiology@ncvc.go.jp)

2017.07.03

Massachusetts General Hospital, Harvard Medical Schoolポスドク募集

 ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院シグナル伝達研究室(PI: 金木正夫、Masao Kaneki)では、ポスドク1-2名を募集しています。当研究室では糖尿病、敗血症(重症感染症)、熱傷、癌、動脈硬化など炎症反応を基盤とした病態についての基礎研究を主に行っています。当研究室の最近の研究は、「炎症反応と代謝変容(ワールブルグ効果)の“複合体”であるmetabolic inflammationが様々な病気を引き起こしている」という作業仮説に基づいて進めており、炎症反応を基盤とした病態の新しい予防・治療法の開発に取り組んでいます。その過程で、タンパク質の翻訳後修飾であるS-ニトロ化やファルネシル化がmetabolic inflammationのネットワークにおけるHub(結節点)としての役割を果たしていることを見出しています。

 今回募集するポスドクには、NIHグラント(R01GM117298、R01GM115552)のサポートを受けている、好中球の遊走異常や、血小板•エクソソームとのインタラクションなどに関する新たな研究プロジェクトを担当してもらう予定です。独立して研究テーマを推進できる、意欲に満ちた方の応募を期待しています。

 私たちは、オリジナリティーの高い研究を通じて、世の中に貢献できる仕事をしたいと考えています。
 また、現在、数名の日本人研究者が在職していますので、生活面のサポートも心配ありません。円滑に研究をスタートできると思います。

 興味のある方は、どうぞ遠慮なくご連絡下さい。
 金木正夫
 Masao Kaneki
 連絡先:mkaneki@helix.mgh.harvard.edu

【応募資格】ポスドク: Ph.D.あるいはM.D., Ph.D.取得者、または、取得見込みの方。
【待遇】Massachusetts General Hospital の規定に準拠
【赴任時期】 随時(2017年のできるだけ早い時期に赴任できる方を探していますが、相談して下さい)
【提出書類】 CV(履歴書)と照会可能な推薦者2-3名の御名前と連絡先リストをemailでmkaneki@helix.mgh.harvard.eduまで送って下さい。
【募集期間】適任者が見つかり次第、募集を終了します。
【選考方法】書類選考の後、面接を行う予定です。

 質問などありましたら、気軽にお問い合わせ下さい。
 Masao Kaneki (金木正夫), M.D., Ph.D.

Associate Professor, Harvard Medical School
Director, Signal Transduction Laboratory
Department of Anesthesia, Critical Care and Pain Medicine
Massachusetts General Hospital, Harvard Medical School
149 Thirteenth Street, Room 6604, Charlestown, MA 02129, USA
Phone: 617-726-8122
Fax: 617-726-8134
URL: https://connects.catalyst.harvard.edu/Profiles/display/Person/83527;
http://www.massgeneral.org/anesthesia/research/researchlab.aspx?id=1535; http://www.massgeneral.org/neurology/researcher_profiles/Masao-Kaneki.aspx
参考文献:Kaneki M. Shock 2017 (PMID: 28520694); Tanaka T et al. J Cell Physiol. 2017 (PMID: 27137755); Nakazawa H. et al. PLoS One. 2015 (PMID: 25594415); Shinozaki S. et al. Sci Signal. 2014 (PMID: 25389371)

投稿者:金木正夫(mkaneki@helix.mgh.harvard.edu)

アーカイブ

  • 2017年08月
  • 2017年07月
  • 2017年06月
  • 過去ログ一覧